千葉県内でも物売りの営業と役務サービスの営業の違いを理解しない軽貨物ドライバーの個人事業主は力量不足。

お酒の配送を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

物を売る営業。役務を売る営業。千葉県内における軽貨物配送の仕事でも、営業は物販であれ役務サービスであれ、顧客を想い、志や方針を持って仕事に挑み、稼ぎ、他人話ではなく自分自身の経験での失敗と成功が実績と稼ぎの上積みとなる。

営業成果。商品の営業や役務の営業を問わず、顧客から注文を受注できるかできないかは本当に紙一重と捉えるべきです。

苦境を乗り越えるための営業、展開するための営業、営業の意気込みや営業ストレスの掛け方にも種類があります。

千葉県での軽配送の営業でも同じことが言えます。

定期であれスポットであれ、軽貨物配送の受注や仕事は低俗な軽配送会社が謳うようなドライバーファーストの思想を鵜呑みにせず、仕事案件は当たり前に存在すると思ってはいけません。

個人事業主は本来、自らが自由に営業して自営を成り立たせる立場となれることが醍醐味ですが、開業の軽貨物ドライバーは、みんながみんな営業行為を得意にできるわけでは無いと思います。

開業ドライバーの営業ノウハウ

もちろん、軽貨物の配送業者に配属するなどして営業戦略と営業行動はマージン手数料を払ってでも配属会社に身を任せるのも1つです。

ただし、かしこい個人事業主の軽貨物ドライバーの場合、案件を獲得するに至り、自らが営業や根回しや欠車対策をしながら高効率に稼いでいます。

軽貨物配送という職を問わず、営業する対象相手が公的機関であろうと、大手であろうと、中小や零細企業であろうとも、取引相手側の企業に於ける取引基準や購買基準にはパターンがあります。

error:Content is protected !!