転職した軽貨物ドライバーがフリーランス風や副業レベルではないプロの軽貨物ドライバーで活躍する接客術をブログで語る。

千葉県の軽貨物ドライバーは接客業 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

勤めていた会社を辞めて軽貨物ドライバーへと転職する人が注意するすべき意識と接客応対のレベルとは。

軽貨物運送は運転免許さえあれば誰でもすぐに始められると語る人や配送会社なども一部でありますが、実際、転職をしてプロの軽貨物ドライバーになるには色々な配送ルール以外にも覚えることがあり、決して誰でも簡単に始められる仕事ではないと千葉県で軽配送業務を専門とするシフタープロでは考えております。

罰則されるルールがなくとも私服やサンダルなどは社会人として論外ですし、軽貨物ドライバーのタバコ喫煙や茶髪やロン毛や髭やピアスや眉剃りなども、配送の仕事は荷主メーカーに代わり接客を代行する仕事とも言えますのでこれらの対象者も荷主メーカー側で厳密には論外です。

勿論のこと、軽配送の仕事は車を運転するだけではなく少なからず足腰腕など体力を使います。ハードな土木や建築建設ほどの重労働作業はないものの、大きい荷物、重い荷物、数ある荷物、そして階段納品もあります。

ミドル層やシニア層の方でデスクワーク中心だった方が転職で配送仕事を始めると、腰が痛いとか肩が痛いなどは、仕事現場や案件に慣れるまで出やすい疲れの一つと言えます。

しかし、疲れていようとも軽貨物ドライバーは仕事中に自分個人の疲れをブツブツと周囲へ言うことは周りのモチベーションを下げることにもなるので、ある意味、禁句と言えます。

配送の現場は一般の会社法人とは異なり、社員やアルバイト、外注業者も多く入り乱れますが、職場の仲間には疲れを口に出さずとも各自みんなが頑張って仕事をしています。

各自が各々任された配送先に毎日動くので、配送現場では点呼や朝礼だけで全体の士気や足並みを揃えにくい仕事環境といえますが、個人の仕事ではなく会社の仕事をしていることを忘れず働くべきです。

転職を1年や2年で繰り返してきた人や長くても5年以内の転職歴が多い人は、仕事を知ったかぶりや極めたつもりになっているだけ。

軽貨物ドライバーに限らず、30代を過ぎてくると、会社内で出世する人もハッキリしてきますが、その裏側で腰を据えずに転職歴が多い人もチラホラ増えてきます。

人生の中で一つや二つの転職歴がある人と違って、転職歴がやたらと多い人は何の仕事をやっても長続きしないわけですから、新しい職場では過去の仕事経験で人間味の深さをアピールできないのでフレンドリーな態度で気に入られようとして親密になろうとし、会社への貢献や仕事の実力ではなく、口先のハッタリや雑談で友達作りに躍起となるパターンの人が多いです。

このように働く上で役目と役割を公私混同してしまい、仕事は個人ではなく会社の仕事であるという点を履き違え、結局、仕事が長続きしないわけです。

また、転職歴の多い人は自分の収入が実力に比例するということを認めず、給与待遇に文句を言ったり、仕事の失敗や転職理由を人のせいや会社のせいにする傾向があります。

特にこのような人は軽貨物ドライバーとして通用しません。

仕事で転職歴が多い人は他人の功績を自分都合に置き換える人、おべんちゃらを言う事で仲を持とうする人が多いですが、20代なら未だしも、30代や40代と年齢を重ねると仕事の才覚や力量は周りにすぐ見抜かれます。

年齢問わずにどんな仕事でも謙虚さが大事である理由がここにあります。

また、一つの仕事経験が5年や10年など半端に短い期間ではなくて、長い年月で勤め、特化した職種で勤務や経営をしてきた人の場合でも、異業種から順応していくには15年や20年前の自分の仕事や力量を後ろ向きで振り返えなければならないこともあり、軽貨物ドライバーへの転職を機に、嫌であろうと自分の衰えを一旦は謙虚に自己認識することもプロの軽貨物ドライバーになる自覚の一つとも言えます。

社員ではない個人事業主など外注業者の場合、スキルアップの為に時には稼ぎ度外視で仕事ニーズに自分を寄せて稼働していくことも大切だからこそ、色々なことを教育してもらえる仕事環境はかなり大事です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!