軽貨物配送の仕事を請け負いする際に荷主企業と元請け運送会社の取引関係が長い配送案件に潜んでいる罠に気をつける。

軽貨物配送で使うオリコン 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

取引関係が長くなり仕事危機感の薄れた荷主企業と元請け運送会社を経由した軽貨物配送案件の請負を個人事業主ドライバーは避けるべき。

軽配送の仕事をしていると仕事があることへの感謝の意を超え、担当する案件に違和感を感じることが時よりあります。

もちろん、わがままなことでの理由ではなく、簡単な配送案件ほど目に見えない違和感は生まれやすいです。

こういった違和感は放置してしまうと、何年やっても成長のない駄目な個人営業の軽貨物ドライバーにみられる確証バイアスのように、自分が信じていることを裏付ける情報だけ探すようになり、自らに不都合な情報は無視するようになっていきます。

私の場合、軸で担当する仕事案件は金額を最優先して決めないスタイルなので、ホワイト企業と呼べる案件しか根本的に担当では請負をしません。

お金を少しでも多く稼ぎたいというドライバー、守秘義務を守らないドライバー、協調性のないドライバー、自分条件を最優先するドライバー、所謂、順応性に悪い稼働能力の低いドライバー、色々なタイプがいます。

大体、駄目なドライバーはどんな案件を担当しても慣れた頃合いで案件内容を知ったかぶり、会社や業者としての仕事を自分の仕事だと勘違いし始め、不平不満やら愚痴を言いはじめる、といった例の如くの駄目なパターンに陥ります。

個人事業の軽貨物ドライバーは、社員ドライバーではなないので、ブラック企業の案件でない限り、巷で騒がれるようなサービス残業を強いられることもほぼありません。

あくまで、業務請負ですから条件の通りに仕事を請負することになります。

毎日、多忙に仕事をしていて思いますが、業務請負という立場でもあることから、知らなかった、聞いてなかった、そういう子供染みた言い訳など仕事で通用する筈もなく、わからないことは自分で聞くことが当たり前の世界です。

稼働能力の無いそういうドライバーを見かけますが論外です。

ただし、軽貨物ドライバーの担当仕事は単独行動が多いので、請け負った案件に関する、報告、相談、連絡、を関係者など相手に怠ってはいけません。

error:Content is protected !!