個人事業主の軽貨物ドライバーが考えるべき仕事満足感の損益分岐点。

千葉県の軽貨物 心構え
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

一般の企業では新入社員が入社してから3年以内に3人に1人が離職するという現象を経営者や事業主はどう見るべきか。軽貨物配送の職では実態はどうなのか。

軽貨物ドライバーの話ではないですが、世間では新入社員の3人に1人が3年ほどで、給与の不満、仕事上のストレス、将来性、安定性、労働時間が長い、これらの理由で離職すると言われています。

しかしながら、3人に2人は3年経っても離職しないわけです。

離職しない人は、給与に不満がない、仕事上のストレスがない、将来性に不安がない、安定性に不安がない、労働時間が短い、という環境であるとは限りません。

そう、離職した人は、自分で決めた会社や仕事であるにも関わらず、良くも悪くも脱落や逸脱をしたわけです。理想的な相談相手が居なかったり、様々に自分都合の理由もあろうかと思います。

社会人の仕事における脱落や逸脱の経験者は、エリートであろうと世代や年代や時代は変わっても人間の苦労や悩みに共通する内容や共通する癖を持っていることでしょう。何かが足りていないわけです。

とは言っても、脱落や逸脱を味わったのちに、それを克服して乗り越えた人も見受けますし、数年で繰り返し繰り返し転職しているような人も見受けます。

脱落や逸脱、反省をプラス思考でモノにできるかできないかは人それぞれですが、軽貨物配送ドライバーの職を選んだ人たちも例外ではなく、現行の配送ドライバーには社会人として何かしらの理由でドロップアウトした人が多いような気がします。

苦労を買ってでもするということが精神論に聞こえてしまう人もいると思いますが、過去、世話になった会社や人を否定しないようにし、自身の考えを正当化することばかりを考えず、それはそれ、これはこれ、です。

仕事において成功したときも失敗したときも気持ちをリセットすることはとても大切だと思いますが、なかなか口で言うほど気持ちのリセットは簡単なことでもありません。

error:Content is protected !!