配送ドライバーの車選びは軽貨物車の冷凍冷蔵車なら事業用として幅広い仕事に対応可能。

千葉県の保温加温輸送 【軽貨物運送の検証ブログ】軽貨物

冷蔵配送の軽貨物や幌車配送の軽貨物など、軽貨物運送の仕事をこれから始めるなら、軽トラックの平ボディ、ワンボックス、幌車、冷凍冷蔵車、軽貨物車の車種はどれがいいのか。私用でも使いたいから軽バンが良いなどと言っているようではやがてマルチに稼げなくなる。

これから軽配送の仕事を始めようと真剣に考えている方は、軽貨物車の選び方が何よりも大事なことだと千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロでは考えています。

  • 冷蔵配送の軽貨物
  • 幌車配送の軽貨物
  • 軽バン配送の軽貨物

実際、千葉県や都内でも名のある法人の軽配送会社は運賃ピンハネで数集めのドライバー募集ばかりなのでドライバー教育など非現実で口ばかり、そういう軽貨物配送会社では専属で委託ドライバーになったとしても仕事がある保証など無いなどと平気で言う会社も存在します。

冷凍配送の冷凍車、冷蔵配送の冷蔵車が良いですよと軽貨物運送会社に勧められ言われるがまま冷蔵車や冷凍車を買ったとしても、働き方次第では効率よく稼げる配送案件が今はないと言われるケースもあります。

人材募集サイトやマッチングサイトや掲示板で名前が頻繁に出てくるようなドライバー人材集めばかりしている運賃ピンハネ軸の軽貨物運送業者には騙されないようにしないといけません。

軽配送の仕事は、事業用の黒ナンバーを軽自動車の軽トラック平ボディ、ワンボックス、幌車、箱車、冷蔵冷凍庫、に取り付けて配送の仕事をします。

軽貨物車の選び方ですが、個人事業主であるにも関わらず仕事自体を甘く考えてしまい「自家用でも使いたい」「乗り心地を重視したい」などと配送仕事のニーズを重要視せずに軽バンのワンボックス車を購入して失敗してしまう人が意外に多いのが現実です。

冷蔵配送の軽貨物案件など軽バンのワンボックス車では対応できない仕事も意外と多いので、軽貨物ドライバーになろうと計画した最初の段階で車選びに注意が必要となります。

私もシフタープロにて千葉県で冷蔵の配送や常温の軽配送の仕事をするに至り、副業やフリーランス風とか中途半端な働き方にならぬよう注意をしていますが、軽貨物の配送仕事をプロ意識できちんと業務するならば、自分ニーズではなく、今ある仕事ニーズに寄せた働き方にフィットできることを優先したいところです。

軽配送業者が乗る車種として最上位である冷蔵冷凍車に乗れば割の良い仕事があるというのは間違いで、それよりもドライバー素質や働き方、配属する軽貨物配送会社の営業姿勢でもドライバーのお金の稼ぎは左右されます。

ワンボックス

冷凍冷蔵の仕事はできません。オールマイティに適用できるというのは間違いです。ただし、バックドアからもサイドドアからも荷物を出し入れできるので意外に便利です。軽貨物運送デビュー用と言えます。正直、運転のプロではないドライバーも多く、ボコボコの車両をよく見かけます。

軽トラック(平ボディ)

荷台に屋根がないため背の高い貨物を積載できるのが大きな魅力です。汚れているような荷物などもダイナミックに積めますが、衛生面、風雨に弱いのでマルチでは使用できず、使用できるシーンが限られますが、一台は持っておきたい車種です。

軽トラック(幌車)

軽トラックの平ボディにテント状の強い生地を覆い被せてある軽貨物車です。平ボディを雨風から少しだけ防げるようにした軽貨物車と言えます。荷台を施錠できない点は防犯でデメリットです。また、完全に雨風や砂埃など防げる構造ではないので衛生面で食品などの運送には不向きです。

箱車

荷台に箱型のコンテナを乗せた軽貨物車です。風雨を確実に防げます。ダンボール製品の運搬にも適します。施錠も可能なので盗難や落下も防げます。冷蔵車のような温度設定はできませんが、荷室に冷蔵装置が付いていないので若干ですがたくさんの荷物を積めます。積み下ろしは後ろ扉がメインですがサイド扉付きのタイプなら便利に運搬で活躍します。

冷蔵冷凍車

軽貨物車の車種では最も高度に仕事で使えます。冷蔵や冷凍の機能を持つ箱車です。食品の輸送や医薬品の輸送などにも利用されます。冷蔵冷凍車の個人事業主ドライバーはプロとして事業用で車両コストを掛けていることからも、本格的な軽貨物の運送を心掛けているドライバーも見受けられます。

千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは少数精鋭を基本として営業しておりますが、新しいドライバーさんも高効率に稼げるようになるため、軽貨物の仕事では冷蔵チルド車の所有が無難であると提案をしております。

error:Content is protected !!