千葉県で軽配送の仕事をする際の車選びを侮るな、軽貨物は冷蔵車と冷凍車なら事業用で幅広い仕事案件に対応できるのか。

千葉県の保温加温輸送 軽貨物配送業者
広告

軽貨物配送の仕事をこれから新たに始めるなら、軽トラックの平ボディ、ワンボックス、幌車、冷凍冷蔵車、車種はどれがいいのか。

これから軽配送の仕事を真面目に始めようと考えている方は、軽貨物車の選び方がとても大事だと千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは考えます。

とは言っても、軽配送会社は数集めのドライバー募集ばかりで、配属しても仕事がある保証など無いと平気で言う会社もあり、冷蔵車があると良いですよとか言われて冷蔵車を買っても何ら効率よく稼げる良い案件がないケースもありますから、人集めばかりしているピンハネ軸の軽貨物運送業者には騙されないようにしないといけません。

軽配送の仕事は、事業用の黒ナンバーを軽自動車の、軽トラック平ボディ、ワンボックス、幌車、箱車、冷蔵冷凍庫、に取り付けて配送の仕事をします。

実は、この軽貨物車の選び方ですが、個人事業主にも関わらず仕事を甘く考えてしまい「自家用でも使いたい」「乗り心地を重視したい」などと、荷物のニーズを重要視せずに軽バンのワンボックス車を購入して失敗してしまう人が意外に多いのですが、現実、ワンボックス車の軽バンでは対応できない配送仕事案件も多いので、最初の段階で車選びは特に注意すべきと言えます。

私もシフタープロにて千葉県で冷蔵の配送や常温の軽配送の仕事をするに至り、副業やフリーランス風とか中途半端な働き方にならぬよう注意していますが、軽貨物の配送仕事をきちんと業務するならば、自分ニーズではなく、仕事ニーズに寄せた条件へにフィットを優先したいところです。

もちろん、軽配送業者が乗る車種の最上位クラスである冷蔵冷凍車に乗れば割の良い仕事があるというのは間違いで、それより、ドライバー素質や働き方、そして配属する配送会社の営業姿勢などでもドライバーの稼ぎは左右されます。

ワンボックス

冷凍冷蔵の仕事はできません。オールマイティに適用できるというのは間違いです。ただし、バックドアからもサイドドアからも荷物を出し入れできるので意外に便利です。軽貨物運送デビュー用と言えます。正直、運転のプロではないドライバーも多く、ボコボコの車両をよく見かけます。

軽トラック(平ボディ)

荷台に屋根がないため背の高い貨物を積載できるのが大きな魅力です。汚れているような荷物などもダイナミックに積めますが、衛生面、風雨に弱いのでマルチでは使用できず、使用できるシーンが限られますが、一台は持っておきたい車種です。

軽トラック(幌車)

軽トラックの平ボディにテント状の強い生地を覆い被せてある軽貨物車です。平ボディを雨風から少しだけ防げるようにした軽貨物車と言えます。荷台を施錠できない点は防犯でデメリットです。また、完全に雨風や砂埃など防げる構造ではないので衛生面で食品などの運送には不向きです。

箱車

荷台に箱型のコンテナを乗せた軽貨物車です。風雨を確実に防げます。ダンボール製品の運搬にも適します。施錠も可能なので盗難や落下も防げます。冷蔵車のような温度設定はできませんが、荷室に冷蔵装置が付いていないので若干ですがたくさんの荷物を積めます。積み下ろしは後ろ扉がメインですがサイド扉付きのタイプなら便利に運搬で活躍します。

冷蔵冷凍車

軽貨物車の車種では最も高度に仕事で使えます。冷蔵や冷凍の機能を持つ箱車です。食品の輸送や医薬品の輸送などにも利用されます。冷蔵冷凍車の個人事業主ドライバーはプロとして事業用で車両コストを掛けていることからも、本格的な軽貨物の運送を心掛けているドライバーも見受けられます。

千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロは少数精鋭を基本として営業しておりますが、新しいドライバーさんも高効率に稼げるようになるため、軽貨物の仕事では冷蔵チルド車の所有が無難であると提案をしております。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物運送業界の検証 | 実態
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!