軽貨物運送業を開業する前にドライバーが学んでおくべき小口物流の実態をブログで語る。

物流を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

軽貨物運送業を始める上で知っておかなければならない商習慣。メーカーから代理店、代理店から販売店、販売店から小売店、小売店からエンドユーザー、といったBtoBの商取引、そしてメーカーからエンドユーザーといったBtoCの商取引。スタイルに合わせて配送仕事をすることがかなり大切だと考えます。

軽貨物運送業のドライバーが開業して配送業務を始める以前に学んでおくことの一つとして商習慣のことがあります。

商習慣はビジネス用語として言葉を学ぶのではなく、軽貨物ドライバーは世の中にいくつかある商習慣の仕組みを知った上で荷主企業様の商品が動く理由を捉えておかなければ、自分に見合った配送案件の受注をいつまでも掴むことができないと考えるべきです。

大手宅配会社の宅配や大手ネット通販の商品宅配やネットスーパーの配達をするならば「やっつけ仕事」で頑張るだけでどうにかなるかも知れません。

しかし、荷主企業様の営業姿勢にフィットして働く軽貨物配送チャーターの仕事においては、定期便やスポット便を問わず、ビジネスマン的なスキルを伸ばしておかなくては荷主企業様にお世話になってもノウハウのメッキが直ぐに剥がれて通用しなくなります。

所詮、配送ドライバーだからと思われてしまいます。

私が知っている配送現場でも、割と高級なお弁当や惣菜などの食べ物を配達する仕事にも関わらず、小汚い作業着や古びた靴で配送業務をしている軽貨物ドライバー、それを黙視している請負管理の軽貨物配送会社も存在します。

そういう品の無い格好で、高級マンションや富裕層のお宅へ商品を配達してしまうわけですから、メーカー荷主様や商品のイメージ低下を招くなど、本当に駄目な配送業者の極みです。

未経験者であろうと経験者であろうとそういうプロ意識を持たずに、配送がミスなくスピーディにできればいい、と思っているようでは個人事業主としても話になりません。

このように、ドライバーの身なり格好一つであろうと個人事業主ドライバーであるならば、ビジネススキルやセンスを持ち合わせた魅力的な軽貨物ドライバーであるべきです。

error:Content is protected !!