軽貨物ドライバーの個人事業主が成果を挙げる仕組みを担っているのは徹底したプロ意識の醸成である。

軽の加温輸送 【軽貨物運送の検証ブログ】業務委託

1人の軽貨物ドライバーとしてプロ意識を醸成するために外注の軽貨物ドライバーが仕事における非定形業務と定形業務の在り方の認識を整頓する。

進化する外注の軽貨物ドライバーになるには、荷主企業の皆さまの課題に向き合い、荷主企業の皆さまの事業成果を緻密に理解できるチカラが必要かと思われます。

日当が1万円高いとか、時給が5百円高いとか、そういう目先レベルのことばかり考えていてもダメです。

  • キツイとか、疲れるとか、重いとか、そういう定形業務のことばかり単純に意識して仕事をしていても自営業ドライバーとして永遠に開花はありません。

一般的な企業経営、事業運営、営業、これら会社の将来を担う重要な非定形業務にはマニュアルがありません。

会社であれば役員の仕事は非定形業務という責任範囲ということになります。

もちろん、個人事業主ドライバーも会社事業者と同じです。

立場的に非定形業務を理解して仕事をし、取引先の経営者と商談する際には、互いの非定形業務の在り方の付き合わせの成功により交渉が成り立ちます。

とは言いましても、その辺で働く個人事業主の軽貨物配達ドライバーのような人たちは、悪く言えば、企業における定形業務や非定形業務の教育すら仕事社会の諸先輩から受けていないことでしょう。

それはさておき、非定形業務をする経営者や責任者は働いた時間ではなく成果で評価されます。

当然のことです。

しかし、進化する個人事業主の軽貨物ドライバーはこれをよく考えて行動したり決断したりしなくてはなりません。

error:Content is protected !!