千葉県で冷蔵配送や幌車配送の仕事を軽貨物車で請負する際に意識することとは。

独立開業 | 軽貨物

自立営業型で生き抜く軽貨物ドライバー業者は結果につながらない配送案件に時間を費やしてはいけない。

愚の骨頂。

営業マンが可能性のない見込み顧客に延々と通いつめるのは愚の骨頂であることと同様で、独立系で自営する個人事業主の軽貨物ドライバーは成長性のない荷主企業や中間業者の仕事案件で取引拡大や継続性を期待することは愚の骨頂だと考えます。

  • 軽貨物ドライバー業者の仕事っぷりはそれ以上それ以下があっても駄目である。

For our customers。我々、業務委託で働く軽貨物ドライバーは荷主企業の事業計画における裏方役の立場であり、全ては荷主企業のお客様の為に行動するのはもちろんのことです。

真心だとか愛情だとかを軽貨物ドライバー業者が妙な感情を入れ込んで荷物を運んではいけません。

軽貨物ドライバーが集荷して運んで届ける荷物は自分の物ではありません。人様の物です。自分のルールで仕事をしてはいけません。

また、荷主企業と荷受人の営業的な関係も様々で良い関係先もいまいちな関係先もありますので、荷主企業側のビジネスを理解し、配送や配達は「的確」にさえ仕事をすれば任務は完了となります。

軽貨物ドライバーは余計な感情を出さずに、報告、連絡、相談をベースに業務し、荷主企業と荷受人との営業関係を損なわないことが大切です。

軽貨物ドライバーとして割りの良い仕事の請負に巡り会うには、荷主企業の意向に寄せた営業センスが必要です。仕事ができるだけでは評価に値せず、メッセンジャー感覚でも通用しません。

人として軽貨物ドライバーには得意不得意があります。理想もそれぞれ異なります。ただ、営業センスがなく配達という一つのことしかできないような個人事業主の軽貨物ドライバーは厳しい労働環境となり、悪く言ば使い捨てで誰でも構わないような大手ネット通販の宅配便ドライバーとか出前ドライバーみたいな日雇い感覚の配送仕事しかあり付けません。

それでは街中でゴロゴロと腐るほどいる軽貨物ドライバー業者に埋もれることになり、そもそも根本的に個人事業主のドライバーである必要がないわけです。

営業の世界は得意不得意とか理想とかそういう自己中心な妥協で通用する世界ではなく、長期の取引、長期の付き合いを見込むことをベースに営業行動するからこそ「信頼を重んる」関係性が全ての基本となるのです。信用というレベルでの相手任せではなく、人間力の信頼がベースです。信用ではなく信頼です。

結局、溢れかえる軽貨物の浮遊ドライバーの様にあの手この手をやろうとしても駄目なのです。

営業センスがなく先見性のない軽率な受注活動をすれば足元を掬われますし、そのような浮気性ドライバーは関係者から淘汰されます。

とりあえず仕事をとれればいいといった短期的な視点で軽貨物ドライバーの職を考えているようではあっと言う間に時も過ぎ、時を無駄にしてしまうこともあります。

軽貨物ドライバーは身体が資本ですが、営業センスの頭脳がないならば個人事業主という立場の本質を見失って疲弊するのは当然のことです。依存は悪いことではないので理解することです。

自分の行動範囲に秘める営業ニーズを酌み取れる人間力がない個人事業主ドライバーは荷主企業に対して受注活動をすべきではありませんし、才力が乏しい状態で背伸びして営業風なことをして関係者に仕事ありませんかなどと聞き回ってもやんわりと無い物ねだりをされてお仕舞いです。

もちろん、軽貨物配送のスペックやコストダウンやドライバーの質を理解しない荷主企業に軽配送のスペックやドライバーの素晴らしい質やコスト削減を説明しても意味はありません。

とは言え、それもお客様です。

配送スペックを理解していない荷主企業に軽貨物ドライバーが配送案件の受注営業するには荷主企業側の物流改善の提案指示が出せる司令塔のようなポジションになってその配送改善ニーズを担当できるか否かが勝負となります。

そう、役割と役目と責任です。

1人の軽貨物ドライバーは配送ニーズそのもので仕事を完結するだけですが、荷主企業側で配送業務は事業の一面であって一つの仕事過程に過ぎません。モノは売れなければモノが動かずです。

そうして荷主企業のビジネス全体をやんわりと把握できる営業センスがあってこそ荷主企業に貢献ができることでしょう。それが業務の対価となり、役割も役目もハッキリとし、良質な取引になっていくわけです。

軽貨物配送業界のような多重下請け構造の仕事にはさまざまな利害関係者が介在するので、仕事の流通経路で誰がキーパーソンかを見分け、大元の荷主企業の関心事や改善テーマに自分の営業センスをプラスした配送業務で応えられることが優秀な実績となります。

営業は面倒なのは当たり前です。面倒を解決するからこそ営業です。

こういった考えによる仕事への取り組みは、個人事業主軽貨物ドライバーが独立系で生き抜くために無駄を避ける基本の術となります。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!