軽貨物ドライバーが仕事で使う高速代やガソリンなどの経費。スポットや定期などで毎月の経費や予算はどれくらい必要か。

千葉県の軽貨物 冷蔵配送 千葉県のチャーター便ならシフタープロ独立開業

軽貨物の仕事を請け負う際に気になるのは主要コストの燃料ガソリン代。千葉県の軽配送の場合、1ヶ月でどれくらいの経費が必要なのか考えてみます。

軽貨物の運送には当然に燃料代がかかります。毎日、100kmや300kmを走行する業務も珍しくはないでしょう。

もちろんですが、100km走るような配送案件であっても、帰りの燃料費や高速代も自腹計算した方が無難です。

稼ぎ方によりますが毎月5万円前後は燃料経費を確保しておきたいものですね。

さて、過去の規制緩和で事業者が急増した運送業界ですが、数年前からの競争激化、運賃設定自由化、極端なコストダウン競争にも陰りが見え始めています。

お客様にとっては値上げですが。今の時代は値上げも大事です。物を買う側では値上げされると嫌ですが、業者としては適正に値上げできるのは正しいことであり嫌ではないです。

業務請負の軽貨物ドライバーは仲介の物流会社に結構多くピンハネされているので、値下げはできません。元請けや二次店からもマージンを取られています。

業界的に送料の値上げが進んでも、下請けである軽貨物ドライバーの一人一人にその値上げの収益は還元されていません。

仲介の利用運送会社など斡旋業者による内部留保レベルです。

さて、軽貨物運送のような個人事業主には無縁かも知れませんが、トラック輸送の事業会社では、事業費全体で人件費が約50%ほど、燃料費が約20%を占めていると言われています。

ガソリン燃料費は我が国の円安誘導や原油高により、燃料費の高騰は高止まりが続くことでしょう。

毎日のことですから塵も積もればですので、ガソリン価格の数円でも、これだけで軽貨物ドライバーにとっては痛手です。

運送屋としての収益改善は「値上げ」「人件費削減とコストダウン」に頼らざるを得ないわけです。

個人事業主にとって人件費削減とは自分の給料をダウンさせることを意味します。

軽貨物運送業など小零細事業者の半数以上が社会保険にも加入していないといわれています。

軽貨物ドライバーしかり、輸送ドライバーの仕事内容は人によって過酷な労働条件と言えるケースも多いので、加盟する運送会社など社員ドライバーであれ、業者請負ドライバーであれ、軽貨物斡旋の業者による社会保障の整備は、ドライバー人手不足を解消する一つの策であるのも事実でしょう。

大事なことですよ。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!