軽貨物運送業を千葉県で個人開業する運送業者。軽貨物の運送ドライバーは儲かるのか。

千葉県の軽貨物 元請け業者 千葉県のチャーター便ならシフタープロ独立開業

軽貨物ドライバーは社員か委託。独立開業しても請け負う案件次第で儲からない取引も多い。千葉県で儲かる案件は?儲からない案件は?

25年間ほど、ある材料メーカーの統轄責任者の立場で日本全国の法人や個人のお客様へ商品を販売、北海道から沖縄まで出荷納品する仕事の経験があります。

軽貨物ドライバーにせよ、物を売る商売にせよ、「儲かるではなく、儲ける」を意識しない限り、粗利は運任せとなってしまいます。

どうやったら、軽貨物運送業で儲けることができるのかです。

少し昔、ガツガツした配送ドライバーが多かった時代、長い間、日本通運のペリカン便や佐川急便の飛脚便、ヤマト運輸のクロネコヤマト、西濃運輸や福山通運などいくつかの宅配便を見てきました。

こう考えると、あれから業界再編や配送ドライバーの働き方も変わってきましたが、今の時代では必要不可欠な宅配便。

果たして、宅配の仕事で儲けることができるのか。通販やネットスーパーみたいな数やってナンボの業務に染まってしまうと心身共に疲れてしまうケースをよく聞きます。

所詮、やっつけ、大手宅配会社がやりたくないエリアや案件を軽貨物の個人事業主である業務委託ドライバーが請ている感じでしょう。

軽貨物のチャーター便も需要が高まり、その輸送には、企業向けの荷物、個人宅向けの荷物、形状も個数も様々である。

ネット通販が流行となって、今では〇〇〇〇倉庫などとネーミングされますが、当初は配送を担う大手運送会社と共に事業が進んでいたものの、やがて、〇〇サイトなどを運営する通販会社が過剰サービスである即日配送や送料無料などということを打ち出す。

一方で、運送会社では日本最大手であっても一社では効率的に配送を請け切れず、宅配事業撤退や運送の業者変更など、改革が続いてきました。

当時、大手から大手へ運送会社が変わったら「タバコ臭い荷物が届けられた」などの目に見えないクレームも出るなど、今と昔、配達ドライバーの素質も数年前とは大きく変わってきたと言えます。

今でも最大手運送会社の社員ドライバーですらタバコ臭い運転ドライバーも多いです。

さて、その大手運送会社の配達ドライバー不足問題をカバーしているのは、そう、「黒ナンバーを付けた軽自動車の軽貨物運送屋」であろう。

その中でも、特に、無印軽貨物業者は強い。

だが、軽貨物運送業は一人親方であることを理由なのか、個性というべきか難ですが、正直、茶髪ドライバーもいれば、御年寄ドライバーも見かけます。

そう、見かけは微妙なんです。

素質に関しても、守秘義務の秩序もなく、自分が請負した料金、楽で良い仕事ばかりを探すような情報泥棒ドライバーとも言われる運転手も多いです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!