軽貨物運送業を千葉県で個人開業する運送業者。軽貨物の運送ドライバーは儲かるのか。

ブログで軽貨物の元請け業者を語る 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽貨物ドライバーは社員か委託。独立開業しても請け負う案件次第で儲からない取引も多い。千葉県で儲かる案件は?儲からない案件は?

25年間ほど、ある材料メーカーの統轄責任者の立場で日本全国の法人や個人のお客様へ商品を販売、北海道から沖縄まで出荷納品する仕事の経験があります。

軽貨物ドライバーにせよ、物を売る商売にせよ、「儲かるではなく、儲ける」を意識しない限り、粗利は運任せとなってしまいます。

どうやったら、軽貨物運送業で儲けることができるのかです。

少し昔、ガツガツした配送ドライバーが多かった時代、長い間、日本通運のペリカン便や佐川急便の飛脚便、ヤマト運輸のクロネコヤマト、西濃運輸や福山通運などいくつかの宅配便を見てきました。

こう考えると、あれから業界再編や配送ドライバーの働き方も変わってきましたが、今の時代では必要不可欠な宅配便。

果たして、宅配の仕事で儲けることができるのか。通販やネットスーパーみたいな数やってナンボの業務に染まってしまうと心身共に疲れてしまうケースをよく聞きます。

所詮、やっつけ、大手宅配会社がやりたくないエリアや案件を軽貨物の個人事業主である業務委託ドライバーが請ている感じでしょう。

軽貨物のチャーター便も需要が高まり、その輸送には、企業向けの荷物、個人宅向けの荷物、形状も個数も様々である。

ネット通販が流行となって、今では〇〇〇〇倉庫などとネーミングされますが、当初は配送を担う大手運送会社と共に事業が進んでいたものの、やがて、〇〇サイトなどを運営する通販会社が過剰サービスである即日配送や送料無料などということを打ち出す。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!