運送業の軽貨物ドライバーは出たとこ勝負にも強く臨機応変できる順応力が必要となる。

千葉県の軽貨物|運送業

宅配業ではない運送業ドライバーの事業環境は出たとこ勝負の状況も珍しいことではありません。荷主企業の営業を裏方役で応援できるビジネスセンスとビジネススキルを磨き、施策を練って堅牢な決断で配送業務を熟し、荷主企業が顧客から信用を得ることを補佐する働きで人として信頼されることにより安定成長が実現する。

仕事と取引のスクラップ・アンド・ビルド。

運送のことでお困りの荷主企業より直接依頼された軽貨物運送の案件はどんな内容のものでもやらなくていいと感じることは一つもありません。尽くすべきです。

これに対し、軽貨物配送の中間業者が配送業にも関わらず経営陣がハンドルすら握らず運賃ピンハネを目論んでSNSや掲示板で右から左に仕事を見ず知らずのドライバーに流しているような多重下請け構造の案件取引はやらなくてもいい仕事だと感じます。

軽貨物ドライバーの業者には多重下請け構造における運賃ピンハネで法人の軽貨物配送会社がやり手のつかない曰く付きの案件をSNSや掲示板で流していたり、うまい話にふらふらと釣られてしまう個人の軽貨物ドライバーがいたりしますが営業弱者の似たもの同士が集まっているだけなので目論見がズレてああだこうだと不満や文句を言い合っている世界でもあります。

私の場合は運賃単価云々の良し悪しを理由とせず、やるからにはやる、という方針で働いているので単純に面白くない楽しくないと直感する取引やスキルの貯まらない業務内容の仕事請負はしないようにしています。

面白い、楽しい、応援したい、応援されたい、と想える仕事の取引は有意義な事業環境だからです。

なので、情報交換したい、協力会社募集、という上っ面の言葉を平気で口にするレベルの同業者とは一切の取引関係を持たないようにしています。

知り合いのドライバーは増やさない、同業の取引先は増やさない、堅実を基本としながら事業拡大ではなく信頼による仕事拡充による展開を心掛けているためです。

好き嫌いは我儘と紙一重ですが、仕事上で責任のある好き嫌いで行動することは自分と仕事関係者の事業環境を守り抜くことにつながります。

仲が良いということと友好な取引というのは別物です。フランクは通用せず、親しき仲にも礼儀ありというのはまさにそれです。

error:Content is protected !!