経済を無知な軽貨物運送会社が勘違いするインターネット通販の普及と配送。軽の貨物配送の需要はインターネット普及で高まった訳ではない。

千葉県の軽貨物業者SCM 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽貨物運送業ドライバーに丸投げ任せが目立つネットスーパーでの商品配送ビジネスモデル。もう、今の時代では既に崩壊しているビジネスモデルであろう。

軽貨物の仕事を通じて、アナログ感覚か、デジタル感覚か、バランス感覚か。仕事のあり方を考えながら、全国に考えを発信しつつ、日々業務しております。

もう、15年以上前、軽貨物の仕事とは違う事業経験での話ですが、インターネット通販ではなく、インターネット自体の普及が進もうとしていた時代、零細ベンチャー企業の取り組みとして、当時、私が描いていたビジネスモデルを中小企業総合事業団(現在の中小機構)の国際フォーラムでパネルディスカッションする機会がありました。そう、零細ベンチャーのSCMについてです。

資金力さえも乏しい零細ベンチャーが「どうやって」ビジネスチャンスを掴むのか。日本経済の中で自分たちの立ち位置はどうなるのか。どうするのか。どうしたいのか。

今のようにネットで情報が溢れていない状況下、戦略を練っても挑戦でしかない事業。中長期で自分たちのビジネスは、ハードとソフトをどうやって仕組み、どのように完成できるのか。

なかなか、やりがいのあるテーマでした。

実は、今日の軽貨物業界があるのは、当時に大企業により考えられてきた「SCM」の延長線上でしかないことでしょう。

インターネットネットの普及ではなくて、IT革命により、売り手と買い手、様々な「商売」の変化要因あって、今日の軽貨物配送があることを考えましょう。

軽ドライバーがSCMと聞いてもわからないかも知れません。会社の名前?と思う軽貨物ドライバーも多いことでしょう。無論、そうではありませんが、軽配送ドライバーも関係しているSCM。

私は20年ほど前からSCMという手法に興味を持ってます。サプライ・チェーン・マネジメントと言います。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!