千葉県の軽貨物ドライバーは自営業で成功できるのか。ビジネスとして成立できる軽配送の貨物運送ドライバーを学ぶ。

千葉県の軽貨物で八千代市の運送業 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物運送業は個人事業主のドライバーとして1人親方であることが大半です。

勿論、「できるドライバー」「できないドライバー」がいます。できないドライバーでも、毎日がむしゃらに稼ぎだけは立派な人も見受けられます。

さて、軽貨物の独立ドライバーは、早朝、昼、夕方、この3つの時間帯で「固定案件」で高効率に案件を熟せる仕事を任せられれば、月次で燃料費や保険料などを差し引いても、平均月収くらいには到達できることでしょう。ただ、労働環境には懸念が残るのも事実です。

経験者の軽貨物ドライバーの中で賛否両論ですが、俗に言う「大手通販会社」と取引あるような軽貨物配送会社の業務請負ドライバーは過酷な労働と言われてます。

個数次第、荷物を宅配する業務に就けば、短期集中型でそこそこ稼ぐ事も不可能ではありません。

「儲かります」などと語ってドライバー募集してしまう低俗な運送会社も見受けられます。

儲かるのはドライバーではなくドライバーからピンハネする軽貨物配送会社の方です。ドライバーは働いた分しか売上収入がありませんから、儲かるというわけではありません。

さて、ここ最近は最大手の運送会社はドライバー不足や労働環境改善のため、面倒な場所、キツイ仕事は、ほぼ、下請けである利用運送に配送を依頼して、その配下で業務請負のドライバーが仕事をこなしています。

楽で儲かる案件などありません。どんな会社でもそういった案件は自分たち社員ドライバーで業務するのが当然です。

さて、軽貨物経験者で人気がないのは「ネットスーパー」や「大手通販会社の宅配」ですね。面倒なエリアは、ドライバーが長続きせず、本当にやる人がいないので請負単価が上がっているのも事実です。

反面、これらの仕事を元請けや荷主から請ている軽貨物の運送会社はピンハネで粗利を得られるので、人気などと誇大広告したり、事業拡大とか誇大広告したり、価格保証してでも軽ドライバー募集を躍起になってる訳です。

通販会社の宅配は開始して数ヶ月は慣れないと高額収入は不可能でしょう。稼げるのは個数があり忙しいエリアで業務できればの話ですし、忙しいというのは、効率の悪い現場でもあります。

error:Content is protected !!