難しい課題から逃げる軽貨物ドライバーに仕事を依頼してはいけない。

千葉県の軽貨物|運送業

軽貨物ドライバーの経験者には保身タイプの人間がいるが保身タイプの配送ドライバーは大した実績も経験もないので配送ドライバー経験が過去に何年間あろうとも経験を活かせるような底力が育ってなく新しい仕事案件ではビギナーと同じようなミスを繰り返す。

難しいことから取り敢えず逃げるタイプ。

経験のみで実力と知恵がなく柔軟に工夫しようと意識する思考が頭の中になく、イレギュラーなことや難しいことが生じるとできない理由を自己中心でビビって考え、難しい課題と難しい要望から逃げるように実力不足を棚に上げて不満や愚痴を口に出すような経験者擬きの軽貨物ドライバーは利用価値が薄くて全く使えないと言われている。

この業界ではあるあるだが、やると決めた請負の仕事を数日でああだこうだと批評して根をあげて仕事案件を悪く言ったりするドライバーがそれにあたる。

未経験の配送業務内容であろうと準備や段取りやフットワークよく臨機応変で対応できることがお金を安定して周囲より多く稼ぐ業務請負の軽貨物ドライバーには求められる。

個人事業主として時には損得勘定なしで相手方のために違和感なく行動できる実力も必須である。

クライアントの役に立ってなんぼの世界だが、私は前職や軽貨物運送事業に関しても仕事上で強化していく取引先や信頼して付き合うべきドライバー業者を検討して絞り込むとき、少し難しいかもしれないと分かっている内容の課題を相手方にできそうか相談をしその反応をみるようにしている。

これは相手方の働く姿勢を判断するためで、あくまで相談だけである。

実はこれだけで軽貨物ドライバー業者の信頼度や取引先の意向は一瞬で見抜ける。仕事の力量は別としても気構えや心構えは対等でなければ後々に関係はうまくいかない。

どんな職であれそもそも起業や事業展開では自分は自分だというバイタリティそのものが事業基盤になって仕事や事業を軌道に乗せていくことになるわけだが、当然ながら物事は自分1人で動いてはいない。自分中心で動くものばかりでもない。

日本経済の川下で末端で働くのが立ち位置でもある軽貨物ドライバーであるにも関わらず協力者や仲間や友達と口に出すような甘い考えの者同士による人間の関係は強き仕事理念上では一切不要だ。

error:Content is protected !!