千葉で頑張る黒ナンバーの軽貨物運送業ドライバー、荷物の運び屋ではなくSDであり続けなければならない理由。

軽貨物の配送業者 千葉から全国展開千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 開業
広告

軽貨物運送業は一人親方が大半。勘違いで自営業から法人成りするドライバーも少なくはない。小学生から中学生になるように会社経営者になるドライバーは、自営業と会社の微妙な違いに苦労されることでしょう。

軽貨物運送を営む自営業ドライバーの年齢層ですが、20代から60代くらいまで皆さんが一人一人頑張っているのを道路で見かけます。

プライベートで運転しているときも、軽貨物の黒ナンバー車両を見ない日はありません。

路肩に車を止め、元気そうに動いている人から、宅配便を業務しているようなドライバーなどは軽バンに限界まで積んだ荷物から宅配物を懸命に取り出しては運んで、疲れ顔のドライバーも見かけます。

軽貨物運送の仕事とは、同じカテゴリに括っても、一個いくら、距離いくら、一日いくら、など稼ぎ方は様々です。

軽貨物ドライバーの稼ぐ金額は、人それぞれで異なりますが、請け負う内容によっては配達不在などクレームなど不平不満を言いながらでも軽貨物ドライバーはみんな懸命に仕事をしていると感じます。

しかし、言葉は汚いが、実際のところ、仕事の紹介を受けたりする輸送会社に都合よくピンハネで利用されている軽貨物ドライバーが大半。

まして、新規ドライバーに対しては、営業不要、安定収入、などと謳っている組織や会社もある次第です。

世の中、甘くはないです。

黒ナンバーに乗る軽貨物ドライバーは、ほぼほぼ皆が一人親方です。

軽貨物ドライバーは、社長ではないものの自営業者の代表なわけです。

が、その多くの黒ナンバードライバーは、果たしてゴールを見据えた運営展開をされているのかは疑問を感じます。

配送仕事の性質上、スポットや定期、一個いくら、日当いくら、などと自営業にも関わらず、ピンハネ業者へ割の良い仕事ばかり欲しがり求めてしまい、結局のところは、自営業というより、所属する社員ドライバーのような扱いで業務をされています。

もちろん、無印軽貨物の業者も、軽貨物ドライバーのその多くはその嫌さ加減を分かりきっていても、どこか頭の中で諦めているのでしょう。

小さなトラックを転がす軽貨物の運送会社と軽貨物の運送業の違いなんだと感じます。

さて、今回は、その新規事業開発とゴールに関係するテーマですが、もう15年ほど前からとなりますが、輸入貿易や全国販売の事業開発で、東京都内に本社がある運輸倉庫の会社様に、倉庫保管や出荷梱包の手配などご協力を頂いておりました。

先日、数年ぶりに軽貨物の仕事の打ち合わせでその会社様にお邪魔してきました。

もう既に20年近くも昔ですが、当時の苦労といいますか、私が当時に努力したかったことは、ニッチな商材であっても自分で自らが全国販売のノウハウや手法を培うことでした。

目標到達には販売維持の成長を軌道に載せるため、時には、輸入コンテナで入庫した莫大な全商品を当日中に全国配送で梱包出荷するといった多忙スケジュールも当たり前でした。

物販や営業は、軽貨物ドライバーのように集荷して荷物を届けるだけで完結する仕事ではないので、全国へ物が売れれば売れるほどサポートも必須となるわけです。

仕事はドライバーと違います。とは言っても自分が掲げた目標到達のため、全てを行動せざるを得ない日々でしたが、数年ぶりにその現地(聖地)を訪問できた際には、懐かしさだけでなく、まさにホームグラウンドに戻った意識となりました。

歴史には感謝でしかありません。 当時の倉庫担当者の方とも、元気に握手の再会ができ、当時、協力をいただき、日々無理なお願いをしていたことも振り返りました。

そして、訪問した際、驚いたことがあります。

その運輸倉庫の会社様は創業からそろそろ約100年を迎えられるそうです。

絶対に数字で簡単に言える100年ですが、経営100年という言葉の重さは全く違うと感じます。

軽貨物運送などは一日を乗り越えるのも当たり前ではありません。

軽貨物ではありませんが、運送の業界でそれを100年もの間、世界での激動時代を乗り越え、常に変化してきた我が国の政治や経済動向や環境にも対応し続けたことにより、会社100周年を迎えようと辿り付いていることは驚異でしかありません。

もちろん、100周年に辿り着ける企業はほんの一握りと言われていますが、まさに人握りに決まってます。

事業の成功だけでなく、次の代、何代も事業を承継することが容易ではないからです。

ネーミングしかり、イデオロギー、人材スタッフの支援、すべてを飲み込んでいく新しい経営者、まさに、社長の器が大事です。

そして、どの企業にも必要不可欠なのは「信用」。

人に対する信用、組織に対する信用、地元に対する信用、企業の場合には信用といっても、教科書がない継続ありきでの信用ですから、100周年など神業なわけです。

年間で設立される新設法人は約10万社と言われながらの、約3万社から4万社が休廃業や解散や倒産しています。

一般的な会社が休廃業したり、解散したり、倒産したりすることは、悪ではないと思っています。

事実上、そういった確率からしても新しいチャレンジで成功ができても、そのゴールは休廃業や倒産なわけです。

それでもいいんだと思います。

軽貨物運送業を営むドライバーであっても、会社経営や事業をしている方も、100年後にどうなっているかは誰にもわかりません。

100周年というのは未知、神業でしかないんです。その事実をもっていることは本当に素晴らしい。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県 | 軽貨物運送の業者 | 開業
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!