千葉で頑張る黒ナンバーの軽貨物運送業ドライバー。荷物の運び屋ではなくSDであり続けなければならない理由をブログで語る。

千葉県の軽貨物 全国展開 千葉県のチャーター便ならシフタープロ独立開業

軽貨物運送業は一人親方が大半。勘違いで自営業から法人成りするドライバーも少なくはない。小学生から中学生になるように会社経営者になるドライバーは、自営業と会社の微妙な違いに苦労されることでしょう。

軽貨物運送を営む自営業ドライバーの年齢層ですが、20代から60代くらいまで皆さんが一人一人頑張っているのを道路で見かけます。

プライベートで運転しているときも、軽貨物の黒ナンバー車両を見ない日はありません。

路肩に車を止め、元気そうに動いている人から、宅配便を業務しているようなドライバーなどは軽バンに限界まで積んだ荷物から宅配物を懸命に取り出しては運んで、疲れ顔のドライバーも見かけます。

軽貨物運送の仕事とは、同じカテゴリに括っても、一個いくら、距離いくら、一日いくら、など稼ぎ方は様々です。

軽貨物ドライバーの稼ぐ金額は、人それぞれで異なりますが、請け負う内容によっては配達不在などクレームなど不平不満を言いながらでも軽貨物ドライバーはみんな懸命に仕事をしていると感じます。

しかし、言葉は汚いが、実際のところ、仕事の紹介を受けたりする輸送会社に都合よくピンハネで利用されている軽貨物ドライバーが大半。

まして、新規ドライバーに対しては、営業不要、安定収入、などと謳っている組織や会社もある次第です。

世の中、甘くはないです。

黒ナンバーに乗る軽貨物ドライバーは、ほぼほぼ皆が一人親方です。

軽貨物ドライバーは、社長ではないものの自営業者の代表なわけです。

が、その多くの黒ナンバードライバーは、果たしてゴールを見据えた運営展開をされているのかは疑問を感じます。

配送仕事の性質上、スポットや定期、一個いくら、日当いくら、などと自営業にも関わらず、ピンハネ業者へ割の良い仕事ばかり欲しがり求めてしまい、結局のところは、自営業というより、所属する社員ドライバーのような扱いで業務をされています。

もちろん、無印軽貨物の業者も、軽貨物ドライバーのその多くはその嫌さ加減を分かりきっていても、どこか頭の中で諦めているのでしょう。

小さなトラックを転がす軽貨物の運送会社と軽貨物の運送業の違いなんだと感じます。

さて、今回は、その新規事業開発とゴールに関係するテーマですが、もう15年ほど前からとなりますが、輸入貿易や全国販売の事業開発で、東京都内に本社がある運輸倉庫の会社様に、倉庫保管や出荷梱包の手配などご協力を頂いておりました。

先日、数年ぶりに軽貨物の仕事の打ち合わせでその会社様にお邪魔してきました。

もう既に20年近くも昔ですが、当時の苦労といいますか、私が当時に努力したかったことは、ニッチな商材であっても自分で自らが全国販売のノウハウや手法を培うことでした。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!