千葉県で地域密着型の軽貨物ドライバー専門業者として営業展開する心構えと営業方針。

千葉県の軽貨物 全日本トラック協会 千葉県のチャーター便ならシフタープロ運送業者

軽貨物ドライバーの求人で新規開業を煽って社員ではない業務請負でのドライバーを募集している軽貨物配送会社がお金を稼げますなどと誇大に謳って学歴不問でドライバーを募集したり、車両が無くても素人でも大丈夫などと語って軽貨物車を高額リースさせて鴨ネギ状態で宅配便の仕事に嵌める利用運送などの運賃ピンハネ業者に要注意。

千葉県の軽貨物「シフタープロ」の事業を展開するため、全国の都道府県トラック協会を束ねる、全日本トラック協会の部会で会長理事をされる歴史ある東京都内の付き合いのある運送会社と昔話や軽貨物事業の打ち合わせで感じたことを備忘録と心構えで書いていく。

仕事柄、ニッチなとある材料の取り扱いに特化し、20年以上、荷主の立場で全国への納品体制、商品物流体制、海上輸送や空路での輸入通関貿易、販売サポートは公共関係、上場企業から零細企業まで多くの方をサポートしてきた。

新規事業開発、商材を全国へ普及展開する販売網の組織作り、零細企業のSCMなど物販では営業手法の様々な取り組みも経験してきた。

その中で、私が兼ねてから着目していたインターネット社会での全国出荷納品が今では当たり前となった時代、軽貨物配送の業界がこれからどう革新できるのか、今まさに興味を抱いている。

荷主企業は、倉庫、大型や小型や軽貨物など貨物自動車の運搬業者を活用しながら生産から販売に至るまで全部の仕事を業務している。

軽貨物ドライバーの仕事は、経済の川下に位置する運送業とも言える。ただ単に荷物を運んでいるだけと言えば、確かにその通りだ。

しかしながら、人的な資源を意識する荷主企業側からすると顧客ニーズの細分化だけが進む時代の中で「小回りできる運送」による物流サービス向上も築き上げるべき物流体制として欠かすことはできない。

軽配送ドライバーはもっと軽配送業者の役割や利便性を明確にしていくべきとなる。

このような川下に位置する分野での仕事は我が国の経済が活性化する活性化しないといった景気の流れで若干の影響はあるが、中小零細であれ荷主企業側ではロジスティスク活動の充実を常に欠かすことはできない。

そう、配送はビジネスの根幹だからだ。経済が落ち込むと商社不要論を唱えることもあるが最強の商社こそ「軽貨物運送事業」なのかも知れない。

配送ドライバーさえいれば誰でも全国へ物を販売できる時代なのだ。

経済や流通の仕組みを考えずに、請負単価だとか、隣の畑が気になる軽貨物ドライバーも多いだろうが、大手であれ中小零細企業であれ、荷主企業に直接営業する際は様々な事業テーマについて一緒に考えてやれることを丁寧に提案することが大事だ。

ドライバーを何人用意できるとかそういう数集めで小手先の金儲けではなくて、荷主企業の事業に物流担当として同化して参加することで軽貨物ドライバーが事業発展の役割を担うことに大きな意味があると自負する。

事業戦略を考えるとき「着眼大局」と「着手小局」をベースにし、昨日の考え方も明日の考え方もニュートラルに戻せるように活動している。

千葉県の軽貨物配送「シフタープロ軽貨物便」は荷主企業における物流問題の小さな事柄にまで心を配りながら納品サービスを実践しており、安全や安心やスピードといったことは最優先のテーマとしていない。

軽貨物ドライバーは人間関係で苦労することも多いが、嘘に近い誤魔化しをする人も多く、人間関係を利用しようとする人もいたり、面倒な人付き合いや自分の周りで起こる様々な出来事を客観的に見て「仕事と事業の違い」や「事業の本質」を見失わないようにしなくてはならない。

私は貿易の仕事経験が長かったこともあり事業は全国制覇という大きな視野をキープしつつ、具体的な事柄には着実な実践を図ることで経験を積む修行や特訓を続けている。何事も勉強だ。

お客様への責任感や無責任の度合いはそういうことから始まる。

軽貨物運送ドライバーは荷物を正しく届けることが責任ではない。軽貨物ドライバー事業の成功者もチラホラといるが他人の真似事で成功風の軽貨物配送会社もあったりする。

掘り下げて調査するとどの業界でも事業のやり手はいるが今の時代は時代の流れが早く、ネットスーパーしかり出前しかりビジネスモデル自体が破綻している過剰配送サービスの仕組みも見受けられる。

マクロが便利すぎることをした皺寄せである。

現実、多くの軽貨物開業ドライバーは、正直、副業レベルや腰掛けと思われても致し方ないような人間も多い。 髪もボサボサ、髭、格好悪い作業着、ごちゃごちゃな車内、増してタバコ臭いなど論外だ。

それに比べるとタクシーの運転手はワイシャツとネクタイ締めて外観はいい感じだが、やはり、微妙な運賃ドライバーもいる。

軽貨物ドライバーの中には、自ら営業もせず(営業不要などを煽る会社もあるので尚更)に、割の良い仕事ばかり夢見るドライバーや人の畑や他人の仕事情報で立ち回ろうとする嘘くさい人間も多い世界。

個人事業主の軽貨物ドライバーから運賃をピンハネして不労所得でお金を稼ごうとする軽貨物の配送会社も多い。

物販であれ、軽貨物事業であれ、ゆとりある事業資金を持たないスタートラインではしばらく営利は月収売上が安定するまで固定費を一気に削減することが完全なセオリー。

能力に見合わない沢山の資金を用意することも無意味だ。資金があっても営業できなければ赤字まっしぐらであろう。

お金がないなら使わないという我慢は基本である。 営業とは周囲や配車係に媚び売ることではなく、業者飛ばしで仕事を元請けから貰うことでもなく、営業イロハは軽貨物ドライバーの武勇伝や経験云々とは全くの別物。

少し昔の時代に活躍していた大手宅配業者のSD(セールスドライバー)の方々は長けていた。

元〇〇急便と〇〇運輸とかのドライバーが、独立してそういった大手運送会社の下請けになり軽貨物の配送会社として繁盛されているケースも少なくない。

レベルは別としても軽貨物ドライバーには営業センスのある人も中にはいるだろい。

ネクタイ族の営業マンでも同様で設立間もない時期はチンタラした売り上げが我慢ができずに割の良い仕事ばかりを案件を選んでしまうような失敗者も多くいる。

割の良い仕事ばかり探す人ような浮気性は人として信用されません。そういう人の多くは、職をコロコロと変えてきた人だったりします。何やっても長続きしないわけです。

軽貨物ドライバーは、自分の考えを反省できずに、何事も人の責任にしたり、舐め合いの人間、自分都合で正当化する自分ファーストなタイプがゴロゴロしています。

軽貨物運送業のドライバーで、優秀なビジネスパーソンとして必要な項目は以下の通りでしょう。決して、慣れによるスピード納品ではありません。

  • 時間の管理ができる。
  • 仕事の優先順位がわかる。
  • 仕事を着実にこなせる。
  • あいさつ。
  • 名刺交換で第一印象に好感が持てる。
  • 来客応対がスマートである。
  • 仕事とは何か?を理解している。
  • 対価以上を心がける。
  • 仲間と連携できる。
  • 個人プレーをしない。
  • 報告・連絡・相談ができる。
  • チームの一員という意識がある。

如何ですか?学歴は確かに不要です。年齢も関係はありません。

ただし、配送や配達はできても、なかなか、営業マンの土俵入りは簡素ではないわけですね。

軽貨物を個人事業主で開業する方は、様々な理由から請負ドライバーを開始されることと思いますが、きちんと、中長期の計画も立てておくことをお勧めします。

忙しいと儲かるは大きく違います。

事業計画書すら描いていないような闇雲な軽貨物ドライバーは、スタートラインでお金があろうとも、お金が無くとも、最初に中古や新車で軽貨物の車両を用意してしまったり、車両投資の回収を算盤で夢見ます。

軽配送の仕事は車が無ければ仕事はできません。 もちろん、社員ドライバーなのか、個人事業主ドライバーなのかで異なりますが、購入しなくてもリースなど様々な選択肢もあります。

先行投資がありますので、軽貨物であろうとも、決して学歴不問や資金不要というわけではなくて、粗利を見る事業計画書はとても大事です。

頭で描くだけしかしない其の場凌ぎの計画はダメです。どうやって徐々売上を伸ばしていくのかレールを敷きましょう。

新規事業開発や開業での仕事スタートラインは、計画通りにいかなくていいんです。

まずは大きな絵を描いてみることです。

そう、やる前に!です。

もう軽配送の請負ドライバーをやってしまった人は、自分都合で儲かる儲からないの先入観ができてしまっているので、そこから事業計画をしても、きれいな絵しか描けないでしょう。

なかなか、無の状態でない場合、事業計画書を書いても時すでに遅しです。

例えば、インターネットで調べたり、他人の真似事で計画しても意味がありません。

思想をニュートラルに戻せる人なら、一回初心に帰って、事業計画書(提出用ではなく自分のための)を書きましょう。

突き進んでいくと、軽貨物運送ドライバーは、人ひとり分しか稼げない個人事業という現実を文字と数字で描いてみると自分探しができます。

軽貨物の求人などで業者に煽られ、車両に多額リースやローン、大きくマイナスからスタートさせてしまうパターンの人もいます。

資金、お金があるからそれでも良いとかは関係なくて、どうであれ車一台は所詮、人ひとりでしか稼げないので、車両購入代を返済するためにマイナスから仕事をすることになります。

下請けなら粗利なんて知れてますから無謀です。 なお、軽貨物用の車など、軽貨物配送の仕事を辞めれば即ゴミ同然です。売ろうとしても二足三文です。結局、ローン返済のために仕事をしているだけの話となってしまいます。

軽貨物運送業は、自分で営業をきちんとできる人でないと、自分の働き方にマッチできる良い仕事は99パーセントありません。もちろん、変な配送会社に所属すると社員ではないのに社員のように扱われます。

ー人やスタッフを大事にする配送会社もあります。ドライバー求人で配属会社を探すなら、ネットワークや規模などに惑うことなく、所属や配属はきちんと検討しましょう。

自分だけでなく、ドライバーみんなが良い仕事ばかり求めるわけです。

軽貨物ドライバーが50や100万ほど配送の業務請負で売上をあげたとしても、元請け会社など誰かがマージンの旨味を吸っています。そう、悪いピンハネです。

ピンハネでも良いピンハネがあります。人を大事にし、人と相談でき、相談に乗りながらみんなで利益を出していくスタンスがその中央にあれば、ピンハネは正当です。

ただ、そういう会社は稀です。

残念ながら経営者が求める権力は「不労所得のため」だけでしょう。

軽貨物請負の仕事はすぐ始めることができるの反面、そういった悪どい利用運送の会社に嵌められないように注意してくだい。

開始した直後、事業性を自分なりに自由な発想で考えながら、日々業務行動しない限り、完全な鴨葱の自営業止まりです。

一人で二人分は稼げません。

軽貨物の世界でも、軽貨物運送ドライバーファーストではなくて、仕事を出して頂ける元請けや荷主様は、お金を出して到着を待つお客様ファーストなんです。

軽貨物の下請け配送会社が自分ファーストになっているため、軽貨物ドライバーはコキ使われる訳です。

なお、軽貨物運送ドライバーファーストでは絶対ありません。 こういったことは軽貨物に限ってのことでは無いのです。物販でも同じです。川上にいるメーカーや商社は良いポジションなわけです。

という実態からも、小規模な新規事業開発は、立ち上げの際に、損益の分岐点を一気に下げれる姿勢で業務に尽くすことが急務です。

大きなことを狙いつつも、小さなことをやるわけです。

実はその手法はとても簡単で「少ない売上で利益を確実に確保すること」から始めるのが、自分の自営をテストするのに丁度よいのです。数ヶ月レベルで儲かるとか割に合うとか合わないとか語る人はダメですね。

割に合わないのは当たり前なんです。 こういうことを教えてくれる仲間は少ないことでしょう。目先のお金が必要ならば尚更です。

単なる運転ドライバー止まりなら、儲かりそうな仕事が回ってくることを夢見て、軽貨物のピンハネ業者への忠誠、鴨葱状態を続ければ構わないわけです。楽です。

軽貨物に事業性を持たせた人は、事業主として基本的なことを知っていて「選ばずに」「小さくチマチマする動きが重要である」ことを知っています。

言葉は汚いですが「馬鹿みたいに少ない額の軽貨物の案件でも請ける」という時期が大切であることです。

まあ、コキ使われている風で仕事をしてみてください。鴨になるとどんどんコキ使われるので、知らんぷりで鴨を演じれば、その仕事が儲かるのか見えてきます。

儲からないと感じた人は商売人ではないので、自営業向きではないかも知れません。儲からないなら、受注ルートを変更したり、改革する試しをしてみてください。 そう、馬鹿みたいな金額では仕事のやる気は絶対に出ません。

余程、その仕事に嬉しいことがなければ絶対やる気はないです。 しかし! 馬鹿みたいな案件ばかりの二次店や三次店クラスの軽貨物会社に所属したとしてにでも、その案件を熟したことで同時に得ることとなる「経験」が、後からかなり貴重となります。

身体一つの仕事では、忙しくなればなるほど、馬鹿みたいな経験ができなくなるわけです。 侮れないことです。こういった「経験」は中長期の計画では「かなり大切なポイント」になってきます。

異業種でもセオリーです。 ただし、ここからが最重要。 「馬鹿と思われるような少額の案件を請ける行為」は、「短期集中に留める必要」があります。そのタイミングが成長の鍵、勝負なんです。

多くのメーカーが商品のテスト販売やキャンペーン販売をする行為と何ら一緒です。 要するに、軽貨物の自営業に事業性を持たせるならば「自分のキャンペーン期間」を定めておくと、ブレずに、段階を踏んだ成長ができるかもしれません。

そして! キャンペーンを終えたら、「一気に環境を変える」必要があります。そう、一気です。一旦、自分ファーストに変えます。

今度でいいや、まだ難しい、こういったズルズル思考は駄目です。 ズバッと「小回りで利益をえるやり方」をやめ、「売上が上がってもしっかりと利益を残す事」に徹する事へと思考をシフトするわけです。

もちろん、達成には人間関係を犠牲にすることもあります。 仲間を踏み越えていく勇気も必要です。

ビジネスであろうと恩人を裏切る必要はありません。自分の事業を進めるため「情け禁物」は必要不可欠なこと。ビジネスはビジネス、意志の強さだろうと偏屈に考える必要はないです。

成長すると悪口もあります。 僻まれることこありますが常套句。 そんなことで自分の計画を崩す理由にもなりません。

自信を持って行動すればお客様は必ず見てくれます。 どの業界でも多いのですが、知ったかぶりの人間は、学生気分で仕事でも仲間と仲良しこよしが居心地良くなり、未来永劫があると思うから勘違いになるわけです。

そういったパターンの人間は結局のところ「儲からない=儲ける能力がない」のが通例。 仕事を単価だけで割に合う合わないという自分都合の言い訳で、やがて職を転々としてしまう流れです。

結局、何やってもプロにはなれない感じの人です。次の仕事を見つけれず、空白時間を生んで、資金ショートのパターンです。

軽貨物運送業ドライバーは、学歴不問だとか、簡単だとか、儲かるとか儲からないなどと安易に異業種から様々な言われ方をされるものの、我が国の経済や流通を底辺で支える大事な業界です。

ぜひ、軽貨物ドライバー求人の応募を真剣に考えている大人の方は、参考の一つにして欲しいと思います。

残念な話、軽貨物の配送業界の中には不公平な搾取を続ける業者が存在するのも事実です。軽貨物の配送業界からドライバーさんが居なくなってしまいます。

私は、高齢ドライバーの方などの人生経験が豊富な方が軽貨物運送ドライバー向きなんだと感じます。 ただし、うっかり不注意やワンマンには注意です。

安全は大事です。

error:Content is protected !!