軽貨物ドライバーで一流の人は存在するのか、軽貨物ドライバーには二流や三流の人しかいないのか。

軽貨物車のファン修理 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽貨物ドライバーも社会人として背筋をピッと伸ばして歩く姿勢が大切だ。背筋を伸ばして胸を張って姿勢よく歩き、姿勢よく立つ姿を維持して仕事する心構えがすべての成果で基本となる。

もう、20年ほど昔か、軽配送の仕事上ではないが、5大商社系の商社マンと会議室で商談をしていた際にその商社マンが椅子に姿勢よく座り、会議テーブルの上で年季の入った大きなサイズにマイ電卓を使用し、商品の発注数と粗利の計算をパタパタと叩いている姿が今でも頭の中に残っている。

そう、胸を張って姿勢良く。

商談内容や戦略や戦術の内容はともかく、仕事上で相手が椅子に座ったときの姿勢良さ、歩く姿勢の良さ、姿勢良く立つ姿、そうした面だけで一流を感じ取れることがある。

いや、一流の人は姿勢良く歩き、姿勢良く立つ姿が印象的だ。

多くの軽貨物ドライバーは仕事上で一流など無縁の話だが、他力本願ではない本物志向で仕事を進めていくプロ配送業者の場合、一流を知る必要は大いにある。

個人事業主や中小零細企業は資本力が乏しく、仕事での取引に関しては一流の人や一流の企業を見抜いて上手に接し、一流を信用しなければ上手にパワフルに稼ぐことはできない。

二流や三流が悪いということではなく、三流より二流、二流より一流を追うことが自身のスキルや安定した稼ぎの成長につながる。

どんなに難しいと思う配送、どんなにキツイと思う配送、全て経験でしかないが経験こそ宝である。

お金の稼ぎは二の次、実直に働けば稼ぎは後から必ず付いてくる。

ニッチな軽貨物配送の事業でも大きな売上が欲しい場合、大企業などの一流企業や一流の人との関係性が喉から手が出るほど欲しい状況となるだろう。

しかし、一流を見抜く注意を怠って見誤ると、取引を開始しても取引自体が失敗に終わる可能性や、相手の規模に負けて計画割れを起こす可能性がかなり高くなる。

事業でこれは危険である。

特に、個人事業主や中小零細企業は計画割れでも利益が取れるように各取引で有利な売上条件を確保できなければ直ぐに事業は衰退する。

事業や仕事では一流を見抜く力が防御力に直結となる。

本腰入れて取引に挑む企業が提示した発注計画を鵜呑みにし、取引開始した途端に発注計画が下振れするようなことがあると、資本力の乏しい個人事業主や中小零細企業は一気に赤字転落するだろう。

本腰を入れて新規取引をする際は、安直に企業規模や目先のお金や相手の口八丁に乗って取引する判断をしてはならない。

一流の人や一流の企業がどういう存在なのか知っておくべきが御守りとなる。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!