千葉で活動するプロ本業の軽貨物ドライバー、肩書き知識と言葉使いと敬称と臨機応変の順応レベルを考える。

千葉県の軽貨物 軽貨物ドライバーの言葉使い。
広告

千葉県で軽の貨物車に乗って配送する軽貨物ドライバーの仕事とはどんな感じか。

フリーランスやダブルワークの副業レベルの技能でもできるような宅配系の物運びもあれば、荷主の配送部で社員や準社員と同じように配送の仕事を外注の立場でフォローするセールスドライバーの仕事、身嗜みやプロの接客姿勢をドライバーに求めるような本業の紳士的な軽貨物ドライバーでなければ通用しないような仕事案件もあります。

フリーランスや副業ドライバーよりも能力値が高い本職の軽配送ドライバーは服装や靴などの身なりも常日頃から意識しています。

当然ながらクロックスなどのサンダルは論外ですし、ジャージや半ズボンも論外ですし、Tシャツも不可と考えるべきでしょう。

倉庫や荷主の配送現場にルールがあればそれに順応して従い、細かなルールがたとえなくとも軽配送は人と接する集荷や納品の仕事である以上、社会人として品のある身嗜みは必須です。

これらは同じ現場で複数人が仕事をしている軽配送ドライバー同士を見比べると、プロ意識のあるドライバーと大雑把なドライバーの差は歴然です。

仕事ができるとかできないではなく、働く姿勢の違いです。

汚れるから汚れても良い服装でいいや、暑いから半袖半ズボンでいいや、ではだめです。軽配送の仕事でも一流ホテルへの納品もありますし、お寺さんや神社への納品もありますし、Tシャツ半ズボンやクロックスなどのサンダルや私服レベルでの出入りは流石に恥てしまいます。

また、配送は人様の荷物を運ぶ仕事ですので、荷物に臭いが付くタバコ喫煙は当然禁止です。

これらは法律云々ではありませんが、社会人として、人に言われなくとも自分から理解する必要があります。

学生ではない社会人ですから、ルールはなくとも、ロン毛や茶髪やピアスやヒゲや眉剃りも、荷主や配送品のイメージを損なう身嗜みは明らかにモラル上で禁止です。

時には、安全靴、襟付きのシャツ、長ズボンを基本スタイルとし、倉庫や建築現場ではヘルメット着用、食品工場などでは保護キャップやマスクを着用します。

更に、本職の軽貨物ドライバー仕事では、ネクタイやスーツやワイシャツや革靴でより紳士的に丁寧な配送を心掛けることもあります。

当然、これらは配送や集荷で着車する前に準備する必要があります。仕事中、他ドライバーのヘルプなどといざという突発な緊急配送のシーンもありますので、準備万端は大事です。

また、坂道での納品もありますので輪止めやストッパー付きの台車、荷物の量に合わせて台車のサイズを意識し、台車で移動時の荷崩れ防止ネット、滑り止めの作業手袋、レインコートや雨用の養生シート等々、本業の軽貨物プロドライバーは知見経験や仲間ドライバーからのアドバイスにより、必需品は個人で用意し、様々なリスクを意識して稼働しているわけです。

低レベルな軽貨物配送会社、低レベルな配送ドライバーは、失敗した時のリスクと言い訳しか考えていない。自己責任論が根強くある軽貨物の業界。

軽貨物のドライバー募集は社員雇用ではなく委託業者の募集ばかりですが、その募集広告の内容を拝見してみると、好きな時だけ働けるなどと採用ハードルを下げたり、誰でも構わずに採用してドライバーからピンハネ利益を上げるため引き摺り込むような営業スタンスが浮き彫りになっています。

軽配送は多額の開業資金も必要ないので副業でも大丈夫だとか煽り、普通免許があれば学歴や経験等も問わず、特殊な資格も必要ありませんとか、こういったことを誇張してドライバー募集する無責任な軽配送会社が存在しています。

確かに、軽配送の仕事はお金を沢山かけて、勉強を沢山して資格を取る必要もありませんが、知識不足や経験不足、常識不足で仕事を開始すると、恥をかいたり、失敗して出入り禁止になるのは言うまでもなくドライバーの本人です。

無闇にハードルを下げて軽貨物ドライバー募集をする配送会社により、その結果、毎年、配送ドライバーは数万人レベルで離職をしているわけです。

プロに軽貨物ドライバーの仕事では個人宅などへの宅配だけでなく、ビルやお寺さんやホテルや企業など様々な納品先に荷物をお届けします。

なかなか難しいのが納品先毎にあるルールの把握と声掛けの仕方ですが、軽貨物ドライバーが時と場合に使うべき敬称を備忘録で書いていきます。記述内容全てが正しいかどうかはわかりませんので、参考までにお願いします。

  • 真言宗、院家(いんげ)
  • 天台宗、和尚(おしょう)
  • 臨済宗、方丈(ほうじょう)
  • 曹洞宗、方丈(ほうじょう)
  • 黄檗宗、方丈(ほうじょう)
  • 浄土宗、和尚(おしょう)
  • 西本願寺/大谷派、院家(いんげ)
  • 日蓮宗、御前様(ごぜんさま)
  • 日蓮正宗、御尊師(ごそんし)
  • カトリック教、神父(しんぷ)
  • ルーテル教、牧師(ぼくし)
  • 神式、斎官(さいかん)
  • 天理教、斎官(さいかん)
  • 金光教、祭主(さいしゅ)

一般的には住職や先生と呼ぶものの、複数のお坊さんが働かれているお寺では、その中の長だけが住職、その他のお坊さんは住職と呼んではいけないようです。

会長。一般的に社長を退任したあとに就任します。代表権がなく実質的な権力を持たない名誉職としての会長とする場合もあります。

社長。会社の最高権力者で大半が代表権を有する代表取締役が就任します。

副社長。社長以下、専務以上となる位置付けの役職。取締役会の決議で選出されることが多いです。

専務。取締役や執行人のための役職。社長の業務を補佐し、会社の全般的な業務を管理します。

常務。取締役や執行人のための役職のひとつ。社長の業務を補佐し、会社の日常の業務を管理する。

支社長。会社の支社の長です。一般的には支社は支店と違い、自社の拠点を束ねています。

支店長。会社の支店の長です。一般的には支店は顧客に対して営業する店舗です。

本部長。営業本部、製造本部、サービス本部などの業務本部の本部責任者です。

部長。部と呼ばれる組織の長。部は下部の組織に課やグループ、室などの組織を束ねることが多く、社内と社外で評価され、実働部隊としては社会的な評価を受けます。

工場長。工場の長。場長も呼びます。役員のすぐ下に位置づけられ、工場内の従業員が就くことができる最高の役職とされます。

次長。部門責任社の代理者または次席として設置。営業部次長や支店次長などの部署や支店名を付けます。補佐や代理などと呼ばれることもあります。

室長。会社内での室という組織単位の長です。部長より下、課長より上と見なされます。

課長。会社組織の中の課の長。中間管理職に当たり、中堅幹部であると同時に一定の部門の監督者的立場を持ちます。

主幹。仕事の中心になる人を意味し、役員級から課長級まで会社により位置づけは様々です。

主査。役職名ではなく社員の階級を表す肩書きです。主任以上、課長クラスに相当します。

係長。会社組織の中で業務の最小単位である「係」における監督的立場です。管理職としては最も下に位置する。

主任。一般の従業員の中での熟練者を指し、管理職ではありません。勤続年数や資格取得により主任の肩書きを得られます。

海外企業では日本企業とは部門わけや役割が異なります。

CEO。Chief Executive Officer。一般的にアメリカ型の企業における業務執行役員のトップ。会社の経営方針の決定を行い、最終責任を負うポジション。日本では最高業務執行責任者などと訳される。

COO。Chief Operating Officer。最高執行役員。CEOの決定を執行して行くための責任者。

CAO。Chief Administrative Officer。最高総務責任者。会社の経理や総務などの管理部門全体を取りまとめる。

CAO。Chief Analytics Officer。最高分析責任者。経営データの収集や分析、活用を行う。

CFO。Chief Financial Officer。最高財務責任者。財務に関する業務執行を統括。

CSO。Chief strategy officer。最高戦略責任者。経営戦略やグループ企業の事業戦略統括を行う。

CSCO。Chief Supply Chain Officer。原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がりを管理するサプライチェーン責任者。

CKO。Chief Knowledge Officer。最高知識責任者。知識の保存により企業価値が最大限になるように保障する役割を担う。

CLO。Chief Legal Officer。最高法務責任者。企業の事業活動に伴って発生するさまざまな法的問題の解決を担当する。

CMO。Chief Marketing Officer。最高広報責任者。会社の顧客やメディアに向けたPRを統括する。

CIO。Chief Information Officer。最高情報責任者。情報管理や情報システム戦略の立案、執行を行う。

CTO。Chief Technology Officer。最高技術責任者。会社の主要な技術的役割を担い、技術的方向性の決定や研究開発のビジネス的な監督を行う。

CAO。Chief Accounting Officer。最高会計責任者。株主や債権者から投資または融資された資金の管理保全、運用の統括を行う。

CISO。Chief Information Security Officer。最高情報セキュリティ責任者。会社の情報セキュリティ対策の運用を管理する。

CBO。Chief Branding Officer。最高ブランド開発責任者。会社のブランド戦略を担当する。有名スポーツ選手などの著名人が就任するケースもある。

CBO。Chief Business Officer。最高業務責任者。事業部門及び営業部門を統括する責任者。

CDO。Chief Development Officer。最高開発責任者。技術開発の全体的な最適化を監督する。

CHO。Chief Human resource Officer。最高人事責任者経営幹部職として人事機能を統括する。人事部門のトップである人事部長との違いは、CHOが経営陣として経営に参画する権限がある点です。

CLO。Chief Leaning Officer。最高人材育成責任者 。効果的な組織運営を実現し、組織の成長を実現する人材の中長期的な育成を担う。

CRO。Chief Risk Officer。最高リスク管理責任者。会社を取り巻く様々なリスクを管理する。

CVO。Chief Visionary Officer。最高事業計画責任者。最高ヴィジョン策定責任者とも。社風作りや人材の育成など、会社内の人に関する管理を担う。

CPO。Chief Privacy Officer。最高個人情報保護責任者。一貫した情報保護戦略や方針を立て、各部門の情報保護を監視、監督する。

CPO。Chief Production Officer。最高生産管理責任者会社の生産能力や在庫の分析、受注状況を見通すなどの生産に関する管理を行う。

CPO。Chief Project Officer。最高計画責任者会社として組織的、戦略的に行われるプロジェクトを管理する。

CSO。Chief Safety Officer。最高安全管理責任者会社の安全や衛生を管理する最高責任者。

CQO。Chief Quality Officer。最高品質管理責任者商品の品質を管理する最高責任者。

本来ならば個人事業主ドライバーはこれら役職の全てを自分一人で担当するわけですね。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!