千葉で活動するプロ本業の軽貨物ドライバー、肩書き知識と言葉使いと敬称と臨機応変の順応レベルを考える。

千葉県の軽貨物 軽貨物ドライバーの言葉使い。
広告
広告

千葉県で軽の貨物車に乗って配送する軽貨物ドライバーの仕事とはどんな感じか。

フリーランスやダブルワークの副業レベルの技能でもできるような宅配系の物運びもあれば、荷主の配送部で社員や準社員と同じように配送の仕事を外注の立場でフォローするセールスドライバーの仕事、身嗜みやプロの接客姿勢をドライバーに求めるような本業の紳士的な軽貨物ドライバーでなければ通用しないような仕事案件もあります。

フリーランスや副業ドライバーよりも能力値が高い本職の軽配送ドライバーは服装や靴などの身なりも常日頃から意識しています。

当然ながらクロックスなどのサンダルは論外ですし、ジャージや半ズボンも論外ですし、Tシャツも不可と考えるべきでしょう。

倉庫や荷主の配送現場にルールがあればそれに順応して従い、細かなルールがたとえなくとも軽配送は人と接する集荷や納品の仕事である以上、社会人として品のある身嗜みは必須です。

これらは同じ現場で複数人が仕事をしている軽配送ドライバー同士を見比べると、プロ意識のあるドライバーと大雑把なドライバーの差は歴然です。

仕事ができるとかできないではなく、働く姿勢の違いです。

汚れるから汚れても良い服装でいいや、暑いから半袖半ズボンでいいや、ではだめです。軽配送の仕事でも一流ホテルへの納品もありますし、お寺さんや神社への納品もありますし、Tシャツ半ズボンやクロックスなどのサンダルや私服レベルでの出入りは流石に恥てしまいます。

また、配送は人様の荷物を運ぶ仕事ですので、荷物に臭いが付くタバコ喫煙は当然禁止です。

これらは法律云々ではありませんが、社会人として、人に言われなくとも自分から理解する必要があります。

error:Content is protected !!