挨拶すらできない荷主の社員配送ドライバー、自社配送する荷主の社員ドライバーと外注委託業者ドライバーの実態をブログで語る。

千葉県の軽貨物配送ドライバーの実態 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

千葉や都内で軽貨物配送ドライバーの実態を検証しているなか、ビジネスマナーで基本中の基本である挨拶すらができない社員ドライバーが自社配送をしている会社での業務請負の話。

個人事業主の軽配送ドライバーが稼働する配送の仕事は、一回きりの付き合いとなるスポット現場もあれば、複数回、定期案件など毎日同じ倉庫や工場に出向いて荷物を積み込み配送するケースもあります。

一日いくらとか、お金の稼ぎに躍起なフリーランスのドライバーや副業レベルのドライバーには無縁の話ですが、軽配送の本業ドライバーは仕事稼働の実践におけるスキルアップは常日頃の大きな課題です。

軽配送の仕事は組織ではなく人任せでもなく、ドライバー個人はプロ意識を高く持ち、荷主の業務に貢献する仕事を熟せば熟すほど、異様なスピードで軽配送ドライバーとしての能力は毎日スキルアップをしていきます。

個々の稼ぎは後から付いてくることでしょう。軽配送ドライバーのスキルアップと稼ぎは、ある意味、損して得取れです。

さて、配送ドライバーという仕事では、荷主が自前で雇う社員ドライバーや準社員ドライバーは社内で通用するスキルにおいては長けていますが、それらスタッフの仕事っぷりを現場で日々見ていると、そこで何年間働こうとも社外で通用する配送スキルには乏しいドライバー能力であることが読み取れます。

良くも悪くも、その会社で自前の配送マニュアルと過去前例を自分の担当する仕事で再現すれば社内で評価され、給与が容易に貰えるといった、働き蟻ドライバーに育っています。

その会社で上層部たちのやり方を再現すれば上層部に喜ばれて気に入って貰えるわけです。

社内で融通が効くことで偉そうに見えている社員ドライバーは、社外では活用できる融通の効く人脈もないため、根本的に配送ドライバーとしては能力が人並み以下で、他社では通用しない技能レベルなのはどうやら事実です。

荷主直属する社員ドライバーのように、同じ現場での職場経験が長ければ長いほど、配送ドライバーとしての能力に癖ができあがります。

軽配送の仕事をするに至り、応用力に乏しいドライバーになってしまうと新しい職場でなかなか上手く順応できないのは確実なので、世間では、癖のついた社員ドライバーはドライバーとしてのマイナス評価が強いのも現実です。

同時に、老舗企業のように職場環境の全体が社内での成功モデルという教科書に沿って担当ドライバーが単にトレースして仕事をしているようでは、部署部門でいくら新しいドライバー人材を確保しようとも応用が効かないドライバーへと育ってしまうわけです。

error:Content is protected !!