教えたくない軽貨物ドライバーの稼ぎとノウハウ、個人事業主ドライバーが配属先で選んではいけない稼げない軽貨物配送会社とは。

千葉県の軽貨物で稼ぐ方法 【軽貨物運送の検証ブログ】 千葉県の軽貨物|千葉の独立開業

軽貨物配送の仕事には種類がある。基本的には軽の貨物車で荷物を運び届ける仕事だが死にものぐるいで忙しくても体力さえあればできるECサイト通販宅配やネットスーパーの配送やフードデリバリーの日雇いドライバー、体力面の疲れは少ないが紳士的なドライバーしか仕事の請負できない企業間配送の案件などもある。

軽貨物でお金を稼げる人、軽配送で稼げない人、社会人として働く姿勢一つで軽貨物配送ドライバーでのお金の稼ぎは異なる。

個人事業主の軽貨物ドライバーは社員やバイトではないので自分で得意な仕事案件を選べる立場ではあるが配送仕事の案件探しでは、何の荷物を、何km走るのか、どのような温度状態で、何回や何個運ぶのか、労働での疲れ具合と対価報酬の割に合う合わないの基準は他人の感想をあてにしても参考にはならない。

自分で稼働しながら適性具合や耐性具合を見抜いていくことになる。

他のドライバーではキツイ配送の案件であろうと自分だったら楽にできるといった案件も多々ある。

自分は自分だが周囲や先輩ドライバーの助言は大嘘の内容でもないため、きちんと周囲や先輩の話を聞き入れる姿勢は大事。

軽配送の仕事は自分の車両持ち込みで仕事を請け負うパターンと、配属会社で車両をリース(事実上の分割購入)して仕事を請け負うパターンがある。

経済状態に合わせて自分に見合った方法で車を用意して仕事を受注して請負することになる。

無料で車を貸し出すと言いながらもリース料に相当する料金は日当の手数料から多くピンハネするといった軽貨物配送会社の悪どいパターンに引っかかってしまう初心者の軽貨物ドライバーも見受けられる。

軽配送の業界には実運送するドライバーと荷主様との中間業者でドライバーを募集して人材派遣のように人手を出し、その労働費用からピンハネしてマージンを中抜きする軽貨物会社や商社に位置する利用運送の会社がいるので厄介。

配送の仕事すらせず日報や伝票だけでドライバーから中間マージンの利益をピンハネする軽配送の商社がむさぼるマージン率を知ってしまうと、雨の日も台風の中でも真面目に働いている業務請負の軽貨物ドライバーにとって中間業者の存在がかなり邪魔になってくるだろう。

勿論、ドライバーを仲間として守ってくれる配属会社もあるが業者委託の契約後は全てドライバーの責任を押し付けてくる軽貨物配送の法人も見受けられる。

error: Content is protected !!