やりがいを持っている個人事業主の軽貨物ドライバーは素晴らしい。

千葉県で軽貨物のパワーゲート 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

お金儲けではなく、軽配送の仕事にやりがいを感じて稼ぐことを意図とする本職の個人事業主ドライバーになるならば、メンター、信念思想のある個人事業主軽貨物ドライバーのそばで必ず仕事をするべき。

原点回帰。チャンスはいくらでも転がっている。それが、見えるか、見えないか。踏み出すか、踏み出さないか。動くか、動かないか。

プロ本業で稼働する軽貨物配送のプロドライバーになる個人事業主を目指すなら、周囲に流されず、自分なりの速度で事業を進めることが得意になれるよう、仕事と事業を切り分けて自分を評価し、自己分析をしながら仕事と事業の経験を積んでいくことが大事なことだと考えます。

仕事があることに感謝しなくてはいけません。事業はそれからです。

正直、軽貨物ドライバーとして仕事ができるできない仕事が上手い下手は、社会人としてお客様や取引先関係者を想い、真面目な思想を持って配送仕事の経験を実直に積んでいけば誰であろうとどうにかなるはずです。

しかし、仕事と違って、事業は一筋縄ではうまくいかないでしょう。

些細なことでも事業は失敗しますし、ちょっとした工夫をするだけでも事業を成功に導けることもあります。

それはそれとして行動あるのみです。今までの経験で高を括ったり、他人の意見や先入観で尻込して怖じけて後退りしてもいけません。

事業ができるできないは仕事スキルのように何年間かの経験や修行を積めばどうにかなるといった話ではなく、上には上があり、且つ、事業スキルは仕事経験で身につくことではないと思います。

やっつけ仕事で日銭をどうにか稼ぐのではなく、仕事があることにきちんと感謝し、自分なりでも構わないのでプロ本業であるという自覚と思想をもち、真剣に配送ドライバーの仕事をすることがモチベーションへと繋がり、評価もされます。

好きなときに働くだとかフリーター感覚の自由業ドライバーではなく、自営業者として自分の事業がどうあるべきか、どういうスピードで事業を進めるべきか、色々と社会人として周囲への貢献を真剣に考えていれば答えは出てくるでしょう。

そのようにして自営する仕事を続けていけば、周囲に自分の思想に近い軽貨物ドライバーや軽貨物配送会社が現れるはずです。

正直、配送案件の単価が良いとか悪いとかそんな自己中心的なことばかり思っていても事業の行く末は明るくなりません。

事業も仕事も良い時あれば悪い時もありますので軽配送ドライバーとしての在り方なども、ブレずにニュートラルの位置を変えずに自分の考えを修正や調整をしなくてはならないときもあります。

事業スキルで肝心なことの一つは、順調だろうと苦境であろうと、マイペースを守りながら事業を効率よくギアを変えて高回転させていこうとする断固たるビジョンを持っているかが勝負になる、それが勝負となるときが必ず来る、と常日頃から強く考えておくことだと感じます。

勝負など無縁、個人事業主であることにこだわりがなく事業主という立場は名だけで良いと思うならば、派遣や社員やフリーランス風やバイト感覚で軽貨物ドライバーの仕事をやっても悪いことではありません。

ただし、他人よりも安定成長し、他人よりも高収入を得るようになる、そういった割の良さの事業を手に入れるならば自分が看板なんだという個人事業主としての意識を大切にし、マイペースを疎かにしたりせず、マイペースを放棄してもいけません。

そう、順応力です。ここがかなり難しいポイントになると私は考えています。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!