千葉エリアでの軽配送ドライバーの仕事、黒ナンバーの貨物車に乗る軽貨物ドライバーに求められる運転技術と精神力。

千葉県の配送業務 軽貨物の輸送
千葉県の軽貨物
広告

千葉県で軽貨物の配送ドライバー運転手に求められる能力や技能は、案件によって違うものの、乗り降りが多いことでの体力面でのキツさ、狭い路地での運転技術の重要性、安全運転への精神面でのキツさが挙げられます。

これらは女性ドライバーも男性ドライバーも同じことです。軽貨物の仕事を始めようと考えているなら、楽な仕事などあり得ないと思ってください。

どんな仕事でもいざやってみると、楽ではないとか、キツイとか、儲からないとか、仕事が大変だとか、割に合わないとか、愚痴を言う人が居ます。

軽ドライバーを募集するピンハネ利用運送会社が言う「未経験者でも稼げる」という誇大アピールが、新規ドライバーを苦しめています。

怪しい求人募集が目立つ軽貨物配送会社の物差し。簡単などは鵜呑みにせず、自分の物差しで軽貨物の仕事内容を感じ取ることが大切です。

無責任にもピンハネ主体の軽貨物利用運送の会社はドライバー求人をする際に、平気で「重い荷物ではないから軽ドライバーは女性でも大丈夫」とか言います。仕事はそんな単純なことではありません。

人それぞれです。重いものもありますし、階段を使って荷揚げすることもありますので、体力のある男性であっても結構きつい案件があります。少なくはありません。

自分で荷物を運ばない無責任なピンハネ業者が不適当なことを言うので、軽ドライバーを目指して参入してきた人が「こんな筈じゃなかった」と思ってしま辞めてしまうケースが多いのです。

軽貨物ドライバーの離職率が高い理由はここでしょう。

個人事業主で軽貨物ドライバーを開始しても、やる気と引き換えに体調を崩してしまうケースがあります。

決して、軽貨物の運転ドライバーは、車が小さいから免許があれば大丈夫だとか思わないでください。

特に、大手宅配業者と提携とか、大手通販業者と提携と書いたりしているところの仕事が激務でしょうね。

そういった運送会社のドライバーになる場合には気構え要注意です。社員ドライバーであれ、業務請負ドライバーであれなかなか長続きしないです。

大手通販業者の配送仕事や、大手宅配業者の配送仕事は、社員ドライバーが嫌がる案件が、下請けに回ってくることも多く、やる人が少ないからドライバー募集ばかりです。

軽自動車は車体が小さいから初心者でも運転免許があれば大丈夫などという誘いは絶対に鵜呑みにしないでください。通勤通学で人の多い街中も走ります。

もちろん、運転ドライバーのプロとも呼べる大型やトレーラー運転手の仕事と比べると、軽ドライバーの仕事は簡単そうに感じてしまいます。

もちろん、現実的に運転そのものの技術や運転の精神面は大型やトレーラーより楽に感じる人もいますが、異なる難しさもあるわけです。

黒ナンバーの貨物車は緑の監視員に駐禁を切られやすいと言っても過言ではありません。交通ルールにも人一倍注意することが求められます。

軽ドライバーの楽さ加減は、配達や配送で求めるべき技術と安全への気配り精神面が異なるだけです。

重い荷物を持たない仕事だから「年配の方でも大丈夫とか、女性でも大丈夫とか」信用しないでください。

荷台や台車に積み重なった荷物は重いですし、荷物を荷台でずらして積んでいくこともあります。

楽を探しのではなく、軽貨物自動車の運送業界で働くならば志を持ってプロドライバーを目指して頂きたいものです。

なお、利用運送の軽貨物業者の誇大な求人募集を理由に、軽ドライバーは離職率も高く、実運送で真面目な軽貨物会社に突発な人手不足に拍車をかける事態も見受けられます。

軽貨物の配送ドライバーになるならば「良い会社は必ず存在する」ので、自分で焦らずに探してみてください。

軽貨物の会社は、規模が小さい会社ほど良い会社だと私は感じます。

軽貨物業界だけでなく、運送業界は慢性的なドライバー不足とも言われていますが、現実はそうではないという見方も多くなってきました。

規模任せの下手な儲け話や稼ぎ話には乗らないでください。

軽貨物車両を新車購入で初心者が開始するようなことは絶対に無謀です。

これはドライバー云々の話ではなく経営の素質なんですが、ドライバー募集でピンハネ狙いの軽貨物会社の甘い誘いには注意です。

軽貨物車は大きなトラックと比べると割と車両価格も低い部類なので初期投資少なく、参入障壁が低いのも事実です。

しかし、仕事あっての稼ぎです。毎月〇〇万円を稼いでいる人もいます!などは夢物語です。

自分だけでなくきちんとチームで働く意識が必須です。

ピンハネ利用運送会社のようなブラック企業と言われる会社や団体も少なくはないので、下手に規模や名前だけの軽貨物会社に加盟したり下請けになるのは恐らくダメかも知れません。

辞めにくくなるでしょう。

軽ドライバーは学歴不問だとか未経験者でも大丈夫とかは「嘘」です。

こんなことを誇張してまで形振り構わずドライバー募集するピンハネ軽貨物会社が多いですが、軽ドライバーになるには仕事上、必ず守るべき事があります。

それは時間です。

例えば、学生時代に遅刻や欠席など時間を守れない理由で学歴を持たなかった人は不向きです。時間だけは本当に厳守の仕事です。

仕事の種類で荷物は変わりますが、積み込みに行く時間、荷物を届ける時間、この二点が最大のテーマでしょう。

長距離だろうとも、地場での納品だろうとも、時間厳守は必須です。

軽貨物の仕事は運転する距離が近いから時間を守る事は難しくない、などはありえません。

当然ですが長距離になればなるほど、運転は時間厳守が難しくなりますが、だからと言って、近距離の配送は時間厳守が簡単ということではないので注意する意識は同様レベルです。

事故渋滞だけでなく、自然渋滞、悪天候や道路規制など、「時間帯による道路の癖を学んでおき」、回避できる技術が必要です。

だから「30分前行動」は絶対条件なんです。

そう、逆に言えば、荷物を届ける時間さえ守れば時間の使い方はドライバーの自由なのは事実です。

私はここに魅力を感じています。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送の専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者が軽貨物車のハンドルを握り、多彩な荷物や条件の配送経験を積み上げ、マルチ対応型の軽貨物運送セールスドライバーとして事業を展開するために奮闘した記録と成功術の備忘録で書いている軽貨物ブログです。

誰かへ参考にして欲しい軽貨物ブログの記事ではなく、自由に勝手気ままに備忘録で書いている軽貨物ブログなので、ご覧になって内容不備がある点についてはご容赦ください。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

私は若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や海外輸入貿易から国内販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、BtoBやBtoCやネット販売の統轄、倉庫在庫管理、商品販売をする上で競争力を高める流通経路の開拓と物流の仕組み作りを25年間ほど注力して経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りや物流に興味を持ち続けている1人の軽貨物運送ドライバー業者として、お世話になっている荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に軽配送仕事の魅力を覚えることに楽しみを感じ、千葉県と近郊で個々の配送業務を一つ一つ熟しながら、自身が思い描く事業性の価値を検証しています。

巷の軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット通販の普及によるものだと勘違いしている軽配送業者を見受けます。

今日の軽配送重要増は、2000年はじめ、我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、大手企業だけでなく、地方の中小企業や零細企業にもSCM(サプライチェーンマネジメント)の構築が仕上がりつつあることがきっかけであると捉えています。

それにより、配送デリバリー業界の末端に位置する個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の配送ニーズは細分化され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であると考えます。

配送ニーズの細分化は、従来の軽貨物運送会社のようなドライバー数を頼っただけのネットワーク組織や組合の仮想規模の営業力では通用しない配送時代に突入することを意味するでしょう。

物を届けて、はい、おしまい、では通用しません。末端のドライバーで茶髪や髭やピアスや眉剃りやタバコ喫煙のドライバーなど質の悪いドライバー人材は、時代の流れと共に、荷主様や荷受人様から淘汰され始めています。

そういう質の悪いドライバーやドライバーファーストを語るレベルの事業者や事業主は確実に先細りするでしょう。

個人事業主の業務請負ドライバーはドライバーファーストというような社会人として甘い考えを持たず、お客様や荷主様ファーストで実直に配送業務を継続し、プロとして働く心構えをきちんと持ち、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や柔軟な納品対応の能力も求められ、結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバー業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素は配送ドライバーは量より質という点です。

どんなに配送能力があろうとも、1日フルに頑張っても、人一人では一人分しか稼ぐことができません。

仕事で稼げるのは配送ドライバーであり、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

個人事業主の配送ドライバーという職は、稼稼ぐことはできても儲からない仕事であり、仕事をした分だけ稼げるという現実をきちんと理解しなくてはなりません。

ストレスに勝ち、軽配送ドライバーとして仕事で稼げるようになるには、不平不満を語ることなく、積極的に新しい形態の配送やいりいろな荷物の配送を覚え、ドライバーとして瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分のスキルと才覚で難しい配送案件を熟して打破する継続と心意気が必要です。

そして、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者をフォローする
軽貨物ブログ | 千葉県版 | 軽貨物ドライバー開業
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロが語る!軽貨物運送の検証blog。
error:Content is protected !!