千葉県で軽貨物配送の仕事をする個人事業主ドライバー、スポット便をマルチに熟す配送ドライバーはレベルが格段に高い。

千葉の軽貨物チャーター企業専属便とスポット便 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業者の実態

軽配送の仕事は大分類すると「企業専属便」と「スポット便」に分かれます。軽配送ドライバーの熟練プロ度は、色々な配送パターンを熟してきたスポット便の専門ドライバーは流石に技能レベルが高い。

実運送する軽貨物ドライバーの仕事はもちろんろ荷物を運ぶのがメインですが、毎日同じコースで配送している軽ドライバーもいれば、コースではなく毎日異なる場所へ集荷して荷物を色々なところへ納品しているドライバーがいます。

毎日同じコースで走るならば社員のドライバーと変わりない仕事内容と言えますが、社員ではなく、社員風で下請けの個人事業主の業務請負で仕事をしている軽配送ドライバーも多くいます。

企業専属便=定期便

毎日同じ物流倉庫などの職場に着車し、ほぼ決まった配達先を回って荷物を納品します。ダンボール荷物など種類や大きさや荷姿は少し異なりますが、納品するエリアは同じコースなので、コースさえ学べばあとは数を熟すだけです。いわゆる、宅配便です。

スポット便

固定的な配送ルートで集荷配達するのではなく、不定期な場所で集荷し、不定期に突発的な時間帯、不定期な客先へ納品するような仕事です。長距離が多いわけでもなく、短距離も中距離も長距離も全て、柔軟な応対が求められる仕事内容です。

スポット便ドライバーは毎日違う場所を走るので、運転や配送技術の神経を結構使います。

スポットとは、その案件自体に緊急要素があり、積み忘れの荷物運んだり、積みきれなかった荷物を運んだり、繁忙期などで社員ドライバーが足りない時に出動要請があったりと、軽配送スポット専門ドライバーは相応に「配送のプロ」でないと務まりません。

反面、企業専属便などの定期便は、運ぶ荷物の荷姿は異なるものの、基本は同じ場所、同じコースを走るだけなので、軽配送ドライバーの最大の課題とも言える「納品時の停車場所探し」に困らない。このため非常にスムーズな仕事ができます。

もちろん、スムーズである意味と件数を熟すノウハウは別物ですから、宅配便など定期便で稼げる業務請負ドライバーは、経験を積み上げ、地域性の渋滞ルート回避などの癖をマスターしていることでしょう。

  • 体力に自信あるドライバーは宅配便など勢い任せでスピードありきの定期便。
  • 図太い神経を持ってるドライバーは接客応対できるマルチ型でスピードではなく的確な仕事重視思考のスポット便。

なお、体力も消費し、神経も消費し、時間も非効率で消費する案件は、「割に合わない案件」であることが多いです。このことも更に慣れと不慣れなが関係してきます。

error:Content is protected !!