スポット便も定期便もマルチに経験のあるドライバーは評判がいい。

千葉の軽貨物チャーター企業専属便とスポット便 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業者

軽配送の仕事は大分類すると企業専属便とスポット便に分かれるが、軽配送ドライバーの能力は定期便とスポット便を両立できる専門ドライバーは責任配送と技能レベルが高い。

専属車の軽貨物配送やスポットのチャーター軽貨物配送も荷物を運び届けることがメインの業務だが、毎日同じコースで同じような荷物の配送をしている軽ドライバーもいれば、同じコースではなく毎日異なる場所へ集荷と配送をしながら荷物の種類も様々に扱っているドライバー業者もいる。

経験年数は熟練度では大して当てにならない。内容内容が大事である。

毎日同じコースで走るならば社員雇用のドライバーと変わりない仕事内容と言えるが、社員雇用ではないのに同じ制服を着せられて社員風で下請けでの業務請負をしている個人事業主の軽配送ドライバーも多くいる。

企業専属便=定期便

毎日同じ物流倉庫などの職場に着車し、ほぼ決まった配達先を回って荷物を納品。運ぶものはダンボール荷物など種類や大きさや荷姿は少し異なるが納品するエリアは同じコースなのでコースさえ学べばあとは数を熟すだけ。

スポット便

固定的な配送ルートで集荷配達するのではなく不定期な場所で集荷し不定期に突発的な時間帯、不定期な客先へ納品するような仕事。長距離が多いわけでもなく短距離も中距離も長距離も全て柔軟に臨機応変さが求められる仕事内容。

スポット便ドライバーは毎日違う場所を走るので運転や配送技術の神経を結構使う。

スポット便とはその案件に緊急要素があるので他のドライバーが積み忘れた荷物を運んだり、積みきれなかった荷物を運んだり、繁忙期などで社員ドライバーが足りない時だけ稼働要請があったりと、軽配送スポット専門ドライバーは相応に配送のプロでないと務まらない。

反面、企業専属便などの定期便は運ぶ荷物の荷姿は異なるケースもあるが基本は同じ場所や同じコースを走るだけなので軽配送ドライバーのノウハウとも言える納品時の停車場所探しも困らない。慣れると非常にスムーズな仕事ができる。

スムーズの意味と納品件数を素早く熟すノウハウは別物だが、宅配便など数で稼ぐ業務請負ドライバーは経験を積み上げ、地域性の渋滞ルート回避などの癖をマスターしている。

  • 体力に自信あるドライバーは宅配便など勢い任せでスピードありきの定期便。
  • 図太い神経を持ってるドライバーは接客応対できるマルチ型でスピードではなく的確な仕事重視思考のスポット便。

体力も消費し、神経も消費し、時間も非効率で消費する案件は、「割に合わない案件」であることが多い。

慣れと不慣れが関係してくる。

全部ひっくるめてが経験値なので企業専属のスポット便や定期便を何年間やろうとも軽配送ではマルチなプロになれない。

どんな配送内容であろうとも仕事。

費用など料金交渉と理解はきちんとしておかないと都合良くコキ使われている被害妄想のような気持ちになるので、プロであろうともビギナーであろうともキツい環境で仕事を続けると嫌気がさすのも事実。

配送の仕事は毎日の繰り返し。多くの無印の軽配送ドライバーはみんな頑張っている。

error:Content is protected !!