自営で稼ぐ軽貨物ドライバーはロジカルシンキングを鍛え、自分の仕事経験を体系的に整理し、筋道を立て、矛盾なく自分の価値をアピールして営業展開をするべき。

冷凍車の夜間修理 【軽貨物運送の検証ブログ】業務委託

個人事業主の軽配送ドライバーが同業者よりも「高効率に」お金を稼ぎたいならば、街の軽貨物運送会社の手のひらで踊っている業務請負の軽貨物ドライバーのようになってはいけない。

仕入れ入荷、売り上げ出荷、配送に関わる仕事をしている軽貨物ドライバーは荷主様のビジネスや仕入れから納品までの業務プロセスをきちんと理解できているのか。

年齢を問わず、これから軽貨物ドライバーになろうとしている人は、あなたの性格や資質や心得は個人事業主の軽貨物ドライバーに向いているのか、荷主様や取引先の仕事ニーズに寄せて働けるのか、まずはそれらを冷静に自己認識することからスタートするべきでしょう。

ここ最近、シフタープロのドライバー面談に来られる方にはそれを問うようにしています。

どんな職であれ、ヒトやモノやカネを他の人より少しであろうと大きく動かすことができない人は性格や資質や心得のマッチングがその職にあろうとも、その実力だけで事業を安定的に軌道に乗せてお金を高効率に稼ぎ続けることは簡単にできることではありません。

配送の仕事とはドライバーの稼ぎの為にあるのではなく、荷主様と元請け会社とドライバーが配属する会社における売上のためにあります。

それを理解し、私たち軽貨物ドライバーは荷主様を代行して荷主様の商品をお客様に運ぶわけですから、様々に報告、連絡、相談、が仕事上で必須となります。

もう一度言います、軽貨物配送の仕事はドライバーが自分1人でやっているものではありません。

物を届けて、はい、おしまい、という気持ちを無意識で持っているような無責任で品質の悪いドライバーの大半が配送の仕事が自分の稼ぎのためにあると勘違いしているため、仕事上での報告と連絡と相談の義務を度々怠るという例が多いと聞きます。

私はメーカー荷主の立場で日本全国の取引先に対する売上出荷納品をデイリーに20年間ほど業務管理をしていたため、軽貨物配送ドライバーは配送実務テクニックの度合いよりも、配送ドライバーからの納品完了報告や仕事完了報告が重要である点を理解しています。

報告そのものが、我々、軽貨物配送ドライバーが運んでいる荷物の所有権移転に関する大切な情報になるからです。

ドライバーの報告は荷主様の商売に直結する大切な情報です。

荷主様と荷受人様の間で物品の購入契約で所有権移転の時期が個別に定められているわけですが、我々が当たり前のように運んでいる荷物の所有権移転は明確な法令自体が存在せず、民法、会計法令、これらにも所有権移転の時期を定めたような条文はありません。

物品販売などの商売を経験したことのある軽貨物ドライバーなら敏感に感じ取れることですが、俗に言う特定物(不動産や中古品など同じものが存在しない物)の売買では発注など契約締結時に所有権が移転し、その商品の引き渡し完了によって占有権が買主に移転する流れです。

これに対し、同じ物が多数存在するような商品など不特定物の場合は、ドライバーが納品時に買主が物品を確認する納品検査によって荷物が特定され、その際、納品検査が完了して所有権が買主に移転すると言われています。

自分が運んでいる荷物が特定物なのか不特定物なのかだけでもドライバーは理解をしなくてはなりません。

自分が運ぶことになる荷物の所有権や占有権がどのタイミングでお客様に移転するのかを大凡を理解し、納品報告や作業報告を直ちに行い、ようやく、業務遂行となるわけです。

仕事を請負する過程で、会社や取引先に報告や連絡や相談を怠ると業務を無事に遂行できたと見なされず、減給があったり、ペナルティがあっても当然となります。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!