自分が業務請負できる配送仕事の標準化を見直すことができずに仕事を待っているような軽貨物ドライバーに営業利益の倍増も稼ぎの維持もあり得ない。

軽トラックの軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業の実態

千葉県で軽貨物チャーター便の依頼を受けながら荷主様や取引先からの要望を今以上に応えて結果を出すために、シフタープロ便で私が理想とするべき協業いただきたい軽貨物配送会社、協業いただきたい軽貨物ドライバーの質を考えた稼働体制を整える。

軽貨物チャーター配送を千葉県で実運送するために重要なことは荷主様が要望するタイミング、利便性、値ごろ感、にフィットすることだと考えます。

と、その前に、軽貨物ドライバーは荷主様の大事な商品など人様の荷物を一時的に預かる仕事であり、荷主様を代行して荷物をお客様にお届けする業務をすることからも、軽貨物ドライバーには接客能力が配送能力と同じくらい重要視されます。

タバコを吸わない、茶髪、髭を伸ばしたりピアスをしていない、という一般企業と同様に働く社会人として最低限のルールを守っていることはドライバーの質として当然のことですが、明るく挨拶や愛想の良さを人並みにできれば、あとは、配送業務を実直に遂行するだけです。

配送の仕事を請負する業者側やドライバー側は、タイミングよく、利便性よく、値ごろ感のある受注、この3つに対応さえできればあとは深いことを考えなくても新しい仕事の受注は可能性です。

しかし、

簡単なことのように感じますが、タイミングよく、利便性よく、値ごろ感のある受注、この3つの条件を整わせた仕事っぷりは非常に難しいのが身体一つで仕事を昼夜している個人事業主軽貨物ドライバーの現実です。

お金のために非効率に稼働して貧乏暇なしで働いているといつまで経っても事業ができず仕事しかできません。

今は難しい、今はできない、そんな自分都合でいろいろなことを決めていたり、他人の経験で仕事の難しさを判断したり、才力もないのに保身のノーリスクを優先していたり、そういう状態でヒト、モノ、カネ、そして情報を潤沢に持たない個人事業主ドライバーや零細の軽貨物配送会社に新しい仕事請負を有意義に進捗できるなど到底あり得ません。

私は兼ねてから唱えていますが、個人事業主による軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代へと現実的になっています。

起業家のスタンスを持つ者にとっては貧乏暇なしほど時間の無駄はありません。

先見の明を意識する起業家肌でやるべき仕事案件を選ぶならば、千円高いとか安いとか目先のお金で請負基準を考えず、「現在進行形で有意義な稼ぎになる案件なのか」「意味のある地区での取引先なのか」「意味のある取引実績になるのか」「仕事と事業のノウハウを蓄積できるのか」をポイントとする働き方もあるわけです。

error:Content is protected !!