損して徳とれ。お金の損得ではない軽貨物ドライバー業者の実直な仕事っぷりの格好良さを考える。

チャーター便

個人営業の軽貨物ドライバー業者は何かしら大手企業ではできないような軽配送サービスの提供に取り組んでいるのか。個性を活かし、得ではない徳を獲る稼働ができているのか。

ストーリーのない人などいない。

本当なら今頃、軽貨物車の椅子なんかに座ってはいなかったという個人事業の軽貨物ドライバーさんが意外と多いような気がしています。

やっと掴んだ仕事が軽貨物ドライバーの職だという人、軽貨物ドライバーの仕事が天職だと感じている人、前向きな気持ちを維持したいと自問自答している人、いろいろなドライバーさんがいることでしょう。

私自身も同様、軽貨物ドライバーとしてのポジショニングは信頼の積み重ねでしか立ち位置やスペースは確保できません。

それは個人事業主であるならば尚更ですが、自身と周囲の覚醒や成長がないような事業主に居場所の安定などありません。事業領域に居心地の良さを求め過ぎてはならない訳です。

腰を据えつつ、地に足つけ、今見えている使命もどんどん進化や変化をさせていく計画が個人営業型の軽貨物ドライバーには求められます。

非計画的なタイプの営業弱者でありがちな「考えたつもり」の個人事業主軽貨物ドライバーはすぐ先の結果ですら時代に直ぐ取り残されます。

自営の軽貨物配送ドライバーは取引先や荷主企業や関係者の要望を聞き入れて仕事を熟していく立場ですので、信頼を得るには中長期での地道な頑張りや踏ん張りが求められます。

目先のカネ勘定ばかりしているようでは業務委託で売り上げを獲る軽貨物ドライバー事業の生命線とは何かが見えなくなり、それをスパッと答えられなくなってきます。それによって自身の考えがニーズとのズレを生じさせることになります。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!