独立系の軽貨物ドライバーが強みを最大限に発揮するために自営する不死身力をブログで語る。

個人事業

独立系の軽貨物ドライバーさんの中でも上手に稼いでいる人と苦戦している人がいます。苦戦している人の原因はまさにそのドライバーさんの人間性である。

安定した収入をとるか、リスクをとって高収入を得るか。

経験者ドライバーに人気が薄い宅配便の下請け仕事。自営業、本業の軽貨物ドライバーさんの大半が口を揃えて大手ネット通販の宅配やネットスーパーの宅配は2度とやりたくないと語ります。

もちろん、私も大手インターネット通販商品の宅配仕事は興味が薄いですが、稼働効率的にもやる暇はなかなかありません。

多くの荷物を、一個一個、全て時間内に届ける大手のインターネット通販商品を宅配する案件のように、毎日毎日、時間に追われながら一個運んでお駄賃いくらみたいな仕事は「精神的にもキツイのでやらない」という業務委託の軽貨物ドライバーさんも多いです。

正直、宅配便の案件をやっている初心者ドライバーさんの多くが「頑張れば稼げる」みたいな子供騙しのように半分騙される感じで大手宅配会社の下請け業者であるピンハネ軸の軽貨物配送会社に勧められてしまい、仕事内容でキツい思いをしているパターンかと思われます。

もちろん、そういう宅配仕事が好きなドライバーさんもいるとは思いますが、業務委託で長続きをしている人は稼ぎやすいエリアを担当できていたり、俗に言う効率の良いコースで配達業務をできているドライバーさんくらいではないでしょうか。

さて、大手インターネット通販商品の宅配便の下請けや孫請けの仕事は論外として、業務委託の軽貨物ドライバーに人気のある配送案件についてです。

そう、安定した収入をとるか、リスクをとって高収入を得るか、のテーマとなります。

そもそも、自営業ドライバーでこれを選ぶのが難しいようでは話になりません。選択肢で大切なのは貴方を大切に想ってくれる仕事案件にハマることです。

配送の仕事案件に対して割に合うとか合わないと言っているレベル止まりの巷の業務委託軽貨物ドライバーさんは、請負仕事ではお金を稼ぐのが下手な人です。

要するにニーズの少ない人ということになります。

ニーズに配送の仕事ができるできないはあまり関係ありません。仕事ができる人でもニーズが無ければ発注はありません。

そもそも、業務委託という軽貨物ドライバーの立場は弱く脆く「仕事ニーズに自分を寄せていかない限り」思う存分に稼ぐことはまずできません。

業務請負の仕事案件に、希望、期待、そういうことを努力の先に求めるべきでもありません。それ以上それ以下ではない、業務の対価で何を得るかです。

もちろん、物流は日本全国365日ずっと止まらないものですから、仕事案件の受注はまさに待ったなし、自分本位で検討する時間などもありません。

仕事請負を即断即決できるレベルの才覚がモノを言います。

ハッキリと言えることですが軽貨物配送で稼ぐのが下手な人は、仕事請負している案件の取捨選択とスケジュール管理と仕事案件への飛び付き方が下手です。

営業の才覚がないのに仕事案件のやるやらないを頭でっかちで検討してしまい、仕事受注や自営が発展するチャンスを遠ざけている個人事業主ドライバーさんも多そうです。

個人事業主として必要不可欠なハングリーさの欠如が稼ぎに悪さをしているわけです。稼げていないのは周りが悪いのではなく、自分が悪いのでしょう。

  • 初心忘るべからず

常日頃、自分に見合う仕事案件を模索する中で希望や条件を付けてから仕事を検索してしまうと、結果的に、いい仕事があるとか無いとか、そういう自営ビジネス状態に陥ってしまいます。

上手に稼いでいる自営の軽貨物ドライバーさんは、積極的に動き、且つ、結構ドライに仕事を取捨選択しています。

取捨選択を実行する前に、配送案件を請負するしないの条件を付けるならば、希望条件は2つまでと言えます。そう、2つだけです。

例えば、金額がまず1つ目、冷蔵案件が2つ目、これで2つの条件です。これを選べば稼働時間も休む曜日も稼働する場所も1日走行距離も荷物の数も荷物の重さも条件にはできません。

そう思うべきです。

例えば、○○円以下の仕事はしない、日曜日は休みたい、夜間は働けない、深夜は働けない、思い荷物は運ばない、常温車で運べるもの、冷蔵車で運べるもの、1日走行が100km以内がいい、都内がいい、宅配は嫌だ、という希望だと、10個もの条件を付けていることになります。

いやいやそれは、と思うかも知れませんが、仕事ニーズとはそう言う世界です。正確にいうと営業能力がない人がやる「仕事を探してしまう」というレベルの人はそういうことになります。

これに対して、営業才覚のある人は仕事を探すのではなく、仕事を組み立てたり仕事を自分流で創っていきます。

なので、高効率になるわけです。

売上収入の安定性を優先して求める人はもちろん妥協点はいくつも増やさなくてはなりません。妥協を増やせば売上の安定性と引き換えに軽貨物ドライバーさんにストレス負荷が多くかかっています。

これとは逆に、安定性よりも多くの稼ぎを求めている軽貨物ドライバーさんは意外にストレスを上手に逃しながら仕事をしています。

どの道、所詮は軽貨物配送ドライバーの仕事です。営業案件はベルトコンベアに流れてくるものではありません。

保身ではなく創造するということはかなり大事です。

error:Content is protected !!