個人の軽貨物運送業ドライバーが配属して付き合ってはいけない法人の軽貨物配送会社とは。

軽貨物運送会社への配属 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業の実態

フリーランス軽貨物ドライバーのように一生下請けの仕事人生みたいな感じで働いて、ああでもない、こうでもない、と一喜一憂している個人事業主が軽貨物運送業界に多いのは何故なのか。

いきなりですが、他人がやっていることをしても自分が他人より優位に稼げるはずはありません。

軽貨物配送の仕事を個人でしている人は、寝る時間を切り売りしてでも仕事を頑張ろうとします。

もちろん、私もその1人ですが、寝る時間を切り売りするにはちょっとした理由があります。

お金を稼ぐというよりも、日頃からそうすることで荷主企業様や元請け企業様や中間業者様と構築してきた信頼関係を強固に築ける土俵を守れる「かも知れない」からなのです。

もちろん、法人格の軽貨物配送会社の大半が「その場凌ぎ」「ご都合主義」であるのは言うまでもなく、末端の軽貨物ドライバーが業務委託で努力して頑張ろうと、恩を売ろうと、何だろうと明日には頑張りはリセットされます。

口八丁で乗せられつつ、それに対して見返りを求めるような弱さを持っていると思い通りに稼ぐことは到底できません。配送ドライバーとして頑張りが評価されずに騙されたと感じたく無いならば、信頼できる人間関係のある業者に対してのみ、共に汗をかくべきべなのです。

そう、仕事ではなく事業ですからお金だけではないのです。

軽貨物ドライバー募集の求人で嵌められて法人格のピンハネ軽貨物配送会社と配属契約をしても、結局は単なる下請け配送会社ですから、大元である○川急便、ヤ○ト運輸、ア○ゾン、楽○、ロ○コ、アス○ル、○塚商会、といった大手企業さんの配送ドライバーとして車付きで丸投げされ、一個いくらのお駄賃で街中を朝から夜遅くまで走り回って運賃を配送会社にピンハネされるだけですから、宅配の仕事をするならば、大手運送会社に就職したり直接取引する方が無難です。

これから新たに軽貨物ドライバーを目指す人は、信用ではなく、他力本願でもなく、自分の信頼こそが強みなんだと自負できるように努力していくべきでしょう。

  • 軽配送で頑張る自分が、より頑張れる環境作りを自分ですることによって自分や周囲で個々の請負案件が好循環に回りだし、個人事業主として稼ぎの生産性が向上し、全体の業績が上がる。

自営の軽貨物ドライバーはこういったことを理解できていないと業績は必ず足踏みとなり、マッチングサイトや掲示板を四六時中で睨めっこしないと仕事が得られないような成り下がった下請け仕事人生の軽貨物ドライバーと化してしまいます。

error:Content is protected !!