絶対にやってはいけない軽貨物配送ドライバーの稼ぎ方テクニック。

目薬を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

軽貨物配送の開業ドライバーのような効率良く働くことで他人よりも多く稼げる職種の成功者には真似しにくいノウハウがある。

私がシフタープロ軽貨物のブログで何度かテーマにしている軽貨物運送ドライバーの稼ぎ方。社員ドライバーやバイトの配送ドライバーではない個人事業主の業務請負型ドライバーが上手に稼ぐ方法のノウハウを考えてみます。

軽貨物ドライバーの仕事をし始めた人の中には「単価の高い案件を請ければ高収入のお金を稼げる」と安易に思っているビギナーが多いと思われます。

特に業務請負での軽貨物ドライバーの現実は、もちろん、そんな甘い条件や甘い気持ちで安定して稼ぎ続けられるはずはありません。

フリーランスや副業ではないプロ本業の個人事業主軽貨物ドライバーは、自身が請けるべき配送案件の選択を単価だけの良し悪しで判断することをしません。

時と場合、スポット案件や定期案件を問わずに高単価を意識して配送仕事を選ぶこともありますが、マッチングサイトや掲示板などで誰かの食い残し案件の中から懸命に日銭を稼ぐ運賃や仕事が無いか睨めっこし、請負運賃の額面の浮き沈みで一喜一憂してるフリーランス風の軽貨物ドライバーさんも見かけます。

正直、一つの高収入よりも日銭は1000円や2000円などと運賃が安かろうと、月単位や年単位を考え、安定的に売上収入の金額を稼ぐことのできる案件受注を優先する方が、結果的に、賢い選択となるでしょう。

勘違いしてはいけませんが、毎月の売上確保の保証、収入の安定、これらを最優先したいならば業務委託で仕事を探さずに、社員ドライバーやバイトドライバーなど、どこかの運送会社で勤める方がよいと言えます。

しかし、現実な話、運送会社や軽貨物配送会社の社員雇用は俗に言うブラック企業が配送業界で少なくないので、新入りや新人ドライバーはかなり都合よくこき使われてしまいます。

このことからも軽貨物運送の実態や評判ばかりを気にしてしまい、軽配送ドライバーの仕事を開始することに躊躇する人も多いです。

error:Content is protected !!