絶対にやってはいけない軽貨物ドライバーの稼ぎ方テクニック。

仕分け業務 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物の開業ドライバーのように効率良く時間のある限り働き尽くすことで他人よりお金を多く稼ぐことのできる職種での個人事業主の成功者には真似しにくい絶妙なノウハウがあり、真似してやってはいけないこともある。

私が千葉県のシフタープロ軽貨物便の公式ブログで何度かテーマにもしている軽貨物運送業の個人事業主ドライバーによるお金とスキルと信頼の稼ぎ方について考えをこの軽貨物ブログ記事で書いていきます。

社員ドライバーやアルバイトドライバーではない新規開業ドライバーで個人事業主となって働く人が最初に注意するべきこと、業務請負型のドライバーがお金と経験値と信頼を安定的に稼ぐ方法、直請けや下請けでの仕事受注ノウハウ、個人事業主の軽貨物ドライバー業者が絶対にやってはいけない業者飛ばしの御法度を考えてみます。

脱サラ、副業レベルで軽貨物ドライバーの仕事を始めようとする人の中に「荷物の数を沢山配達すればお金を沢山稼げる」「単価の高い配送案件を請ければ高収入なお金を稼げる」と安易に思ってしまって失敗している人が結構います。

  • 今日は30,000円を1日で稼げた。
  • で、明日は?
  • で、明後日は?

軽貨物配送と言っても、初心者ドライバーが多い出前みたいな日雇いドライバーの配送案件や大手宅配便の社員ドライバーではやり手の付かない配送案件、大手ネット通販の配達員みたいな若者向きの配送案件もあれば、企業配送や緊急チャーター便などミドル層を中心として活躍できる本業ドライバー向きの仕事などもあり、軽配送の仕事でお金をうまく稼ぐ方法は一括りにできません。

ただ、はっきり言って配送能力しかないような軽貨物ドライバー経験者に限って割のよい仕事を一丁前に探そうとしてますが、クライアント側のニーズに適さない人物像のままでは、配送スピードが早いとか、仕事がうまいとか、道に詳しいとか、配送経験が長いとか、所詮そんなものは個人的な特技レベルの能力に過ぎず、腐るほどいる軽貨物ドライバー業者の中から選び抜かれる採用価値は未無に等しいわけです。

業務委託で働いている軽貨物ドライバーの現実や実態は、誰もが思い描いているであろう甘い考えの自己都合で仕事を求めていても思うように「安定して」お金はまず稼げません。

当然のことですが、好きな時だけ働きたい、土日は休みたい、重いものは嫌だ、そういう自分ニーズ優先の堕落した気持ちがあるならば、中長期で安定してお金を稼ぎ続けることすら危ないでしょう。

プロ意識の低さがあると、今日稼げても、明日稼げない、個人事業主であるにも関わらず所詮は日雇いレベルでの仕事の取り合いにハマり、マッチングサイトなどスマホを見ながら配送案件探しを一喜一憂するようになって、落ちぶれます。

最終的には働く姿勢がひねくれて、上っ面だけ格好つけ、現状の仕事があることへの感謝を忘れ、荷主企業や中間業者の不平不満を言ったり、仕舞いには幼稚な子供のようにSNSで自分の仕事をつぶやき始めて「ぼく、きょうもしごとをがんばれたよ〜だれかほめて〜」の世界に突入です。

さて本題ですが、フリーランス軽貨物ドライバーや副業のドライバーではないプロ本業で自営の個人事業主軽貨物ドライバーは、自分自身が請けるべき配送案件の選択を単価だけの良し悪しとか、割りに合うとか割りに合わないでは判断をしません。

色々、わかっているからです。

もちろん、大手インターネット通販商品の宅配便や弁当の出前みたいな配送などのように、軽貨物配送会社などの中間業者に鴨ネギ状態で働かされる案件は、個人事業として時間効率が非常に良くない配送案件なので請負をしません。

時と場合、スポット案件や定期案件を問わずに高単価を意識して配送仕事を選ぶことも勿論ありますが、マッチングサイトや掲示板やSNSなどで公開されている誰かの食い残し案件の中から懸命に日銭を稼ぐ仕事が無いか睨めっこして、請負する運賃の額面の浮き沈みで一喜一憂してるフリーランス風の軽貨物ドライバーさんも見かけます。

結局、そういう日雇いレベルの軽貨物ドライバーは企業からの信頼性が無いわけです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!