ムダに反応せず、心をクリアに保ち、不平不満など微塵もなく軽貨物の配送仕事に挑む業務請負のプロ軽貨物運送ドライバーの上手な稼ぎ方をブログで語る。

配送ドライバーの靴を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

想像より納品時間がキツかったり、思ったより配送件数が多かったり、思ったより面倒なエリアの配送だったり、思ったより距離を走ったり、思ったより荷量があったり、そんなことは百も承知なのが軽貨物配送の仕事。

軽貨物配送シフタープロの配送業務が忙しく、なかなか休む日が作れない状況が相変わらず続いていますが、言い換えれば幸いにして、配送仕事の受注が切れないことや私の場合はいくつかの業種や荷物の種別が異なる荷主様の配送案件を固定的に定期請負しているので、仕事の安定と同時に配送スキルアップも安定的に続けることができている現実に満足感と感謝があり、それはかなり嬉しい悲鳴です。

毎日の仕事を楽しんで過ごし、どう疲れを癒すかも軽貨物ドライバーの仕事スキルの一つですが、配送の仕事はお金を稼ぐだけでは疲れが直ぐに見えてきます。

腰が痛い、足が痛い、腕が痛い、肩が痛い。そして眠い、怠い。

業務請負ドライバーのような自営業者は頑張れば頑張った分だけ稼げるなどと当たり前のことを軽貨物の配属会社にカモネギで煽られているドライバーさんもいますが、仕事がキツイ云々もですが、職場や人間関係の悪口や陰口、仕事内容の不平不満や文句を言っても一円にもなりません。

むしろ、文句や不平不満を口に出し続けるのはかなりネガティブです。

配送現場ではプラスになる会話をせず、誰がどうとか、他の仕事がどうとか、現行のネガティブな話ばかりしている業務委託の軽貨物ドライバーが多いことでしょう。

志を持って1日1日、実直に仕事をできるだけ楽しんでおかないと損です。良いとき、悪いとき、あって当然です。

業務請負の仕事ですから条件に合うならやる、条件に合わないなら最初からやらない、だけの話です。

そもそも、軽配送の仕事はドライバーのためにあるのではなく、荷主企業様やお客様のためにあるものですから、業務委託に過度な見返りは禁物であり、ドライバーは業務の対価で報酬を得る仕事っぷりをきちんとするだけです。

error:Content is protected !!