千葉県での軽貨物車の配送業界で嘘くさい利用運送会社、フランチャイズや組合などの嘘くさい車輌台数とネットワーク。

軽配送の営業時間 千葉県内の業者
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

軽貨物配送の業界は、他社との差別化が難しいので、何故か「嘘くさい規模」で自分たちをアピールして、大きく見せようとします。

例えば、 車輌3500台以上…とか、4000台以上のドライバーネットワークを活用…とか。

こういった誇大なアピールをする中小企業や零細企業の軽貨物運送会社が何故か何社か見受けられます。

パッと見ると「車輌3500台も保有して持っているの?すごいね。」と誤解しますよね。

利用運送の会社が誇大に嘘くさくアピールする車両台数。そう、3500台も車を持ってる訳ではありません。社員を3500人も抱えている訳でもない。3500台も軽貨物車輌を毎日稼働させることができるわけでもない。

中小零細企業がそんな規模を抱えているなどあり得ませんよね。

なら、私だって宅配便でお金だせば宅急便のネットワークを使えますから、相応規模のネットワークを抱えていると語れます。

軽貨物に特化することは、折角、良いビジネスなのに、マクロ経済学とミクロ経済を学んでもいない人たちがネットワークなどの言葉で規模を語ろうとするので、言葉が一人歩きし、根拠があやふやになるのでしょう。

日本経済の全体から見たとき、オリンピック特需など様々に暫くは社会全体の動きがある中、経済で物やお金も動き安く、暫くは、軽貨物ドライバーにとっても追い風でしょう。

error:Content is protected !!