千葉県での軽貨物車の配送業界で嘘くさい利用運送会社、フランチャイズや組合などの嘘くさい車輌台数とネットワーク。

軽配送の営業時間 千葉県内の業者
広告

軽貨物配送の業界は、他社との差別化が難しいので、何故か「嘘くさい規模」で自分たちをアピールして、大きく見せようとします。

例えば、 車輌3500台以上…とか、4000台以上のドライバーネットワークを活用…とか。

こういった誇大なアピールをする中小企業や零細企業の軽貨物運送会社が何故か何社か見受けられます。

パッと見ると「車輌3500台も保有して持っているの?すごいね。」と誤解しますよね。

利用運送の会社が誇大に嘘くさくアピールする車両台数。そう、3500台も車を持ってる訳ではありません。社員を3500人も抱えている訳でもない。3500台も軽貨物車輌を毎日稼働させることができるわけでもない。

中小零細企業がそんな規模を抱えているなどあり得ませんよね。

なら、私だって宅配便でお金だせば宅急便のネットワークを使えますから、相応規模のネットワークを抱えていると語れます。

軽貨物に特化することは、折角、良いビジネスなのに、マクロ経済学とミクロ経済を学んでもいない人たちがネットワークなどの言葉で規模を語ろうとするので、言葉が一人歩きし、根拠があやふやになるのでしょう。

日本経済の全体から見たとき、オリンピック特需など様々に暫くは社会全体の動きがある中、経済で物やお金も動き安く、暫くは、軽貨物ドライバーにとっても追い風でしょう。

もちろん、忙しいと儲かるは意味が全く違います。

工夫や取り組み方次第で軽貨物配送ドライバーも成長のチャンスがあると思いますが、いつの時代も、一握りの人が儲け、大半は摂取される側です。

唯一ですが、軽貨物ネットワークを語るなら、赤帽さんの本部は規模を語っても良いビジネスなのかなと個人的に感じます。ただ、所詮は業務請負ドライバー全部「寄せ集め」です。なかなか日々苦労されていると思います。

日本全国どこでも走っている〇〇運輸など日本最大手の運送会社で、ようやく、貨物用軽自動車の保有は数字上で4000台前後です。

軽貨物の利用運送会社が誇大にアピールする車輌台数の内容は、異業種からも嘘くさいと捉えられています。

恐らく、信用を台数で表したいだけなのでしょう。

軽貨物の配送は、全国にいる一人一人の黒ナンバー個人事業主こそ主役です。

社員ドライバーでなければ、皆、独立したドライバーです。

一人一人が頑張っているわけです。

自分の裁量で働くことができます。

自分のペースで働けます。

そして自分のペースで学べます。

無印の軽貨物ドライバーはみんな頑張っています。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物運送業界の検証 | 実態
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!