軽貨物の仕事幅を楽しみながら覚えるプロドライバーと、一つの仕事しかできない軽貨物ドライバーの違い。

千葉県で軽貨物 転職と成功。軽貨物 | 千葉県版 | 軽配送業者の仕事内容
千葉県で軽貨物 転職と成功。
広告

千葉県で配送ドライバーの仕事をしていて好きな案件と嫌いな案件があります。金額面や仕事内容のキツさではなく、活き活きと仕事ができる環境こそが大切です。

千葉県で軽貨物車に乗って荷物を荷受人に運び届ける軽貨物配送ドライバーの仕事を学んであれこれ検証していると、安定性の究極は、自分の性格や希望額にマッチした案件探しより、自分が尊敬できる配送ドライバーがいる案件探しや配属会社探しが肝となるでしょう。

会社経営の観点からは自分のためだけで働けばよいという軽貨物ドライバーの仕事姿勢を正当化するのは難しいテーマといえます。

私の場合、荷主メーカーの立場で自社製品の海上輸入や航空貨物での貿易からデバンや商品在庫の倉庫保管やデイリーの出荷梱包業務や伝票作成等々を責任業務の立場で20年ほど全国への物流と納品を管理していた経験があり、ニッチな軽配送の仕事を通じて感じ取ることや、稼ぎより経験が大事である意味の理解力や、周囲のドライバーから学んで得ることの理解力は、一般的な軽配送ドライバーと異なるかも知れません。

海外や日本全国を得意とした仕事分野からニッチに千葉県の軽配送という仕事分野へ進出するに至り、私は幸いにして地元千葉県で協力して頂いている軽配送会社から仕事幅を広げることの意味を教わることができ、私自身の仕事経験の想いを共感でき、今でも個人的なスキルはいつまでも特訓を続ける意識を持ちながら案件を請負、できるだけ居心地の良さを求めず、初心忘るべからずで朝昼晩でハンドルを握るよう心掛けています。

個人事業主の軽貨物ドライバーしかり、社員ドライバーであろうとも、殆どの配送ドライバーは自分の稼ぎのことだけを考えて仕事をしています。

しかし、鶏が先か、卵が先か、ではないですが会社のために働くからこそ自分のためになるであろうという姿勢が染み付いています。

自分の会社であれば尚更ですが、自分の会社でなくとも仕事の意義を見る角度が経営者目線になってしまっているのかも知れません。良し悪しは別ですが。

一般の会社員ならば勤務する会社の営利に貢献するために働きますが、軽配送ドライバーの場合は社員であろとも委託であろうとも会社のために働いている意識の人はかなり少ないです。

私自身もハンドルを握って実運送をしている現役軽貨物ドライバーの1人ですので、勤務会社や配属会社のために働く姿勢のない配送ドライバーが多いという現実や、反面で末端の配送ドライバーが置かれている労働環境悪の現状を理解はできます。

社員雇用のドライバーは勤務会社のために働くべきでしょう。外注業者である委託の個人事業主軽貨物ドライバーは荷主ではなく、荷主への営業元である配属会社と自分がwin-winになることを考えながら働くべきでしょう。

しかしながら、仕事を続けていくと配送ドライバーが自分本位で働いてしまう感覚のズレ、多くの配送ドライバーが抱いているように働き方で違和感の理由となっているのが、委託ドライバーの出向先である「荷主」の営業姿勢と配車姿勢です。

外注業者で定期ドライバーの場合には、社員でも無いのに毎日顔を出す会社です。

千葉県 配送ドライバー募集

千葉県 配送ドライバー募集

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーが軽配送ドライバーとしての奮闘と成功術の備忘録を兼ね、事業展開に向けた準備の武者修行内容を配送ドライバードットコム事務局でBLOG公開しています。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応の時代に

宅配などのドライバー上がりではなく、私は若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験しながら「物を作る、物を売る、物を送る」といった仕組み作りの実務に興味を持ち続けている1人です。

現在、軽貨物配送の実態に興味を持ち、冷蔵チルド対応の軽貨物冷蔵車に乗りながら荷主様や協力会社様と共に、色々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じながら配送業務を一つ一つ熟して事業性の価値を検証しております。

軽貨物配送の業界では、軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット普及によるものだと勘違いする業者が見受けられますが、今日の軽配送ニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもなく、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、以前のように大手企業だけでなく地方の中小や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつあることから、運送会社の大手中小、個人事業主である業務請負ドライバーに向けた軽貨物運送の納品仕事のニーズは細分化され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現実と言えます。

配送ニーズの細分化は、末端配送業者である軽貨物の配送会社が今までのようにドライバーの数やネットワーク組織力という仮想の営業サービスが通用しない配送時代になることを意味しています。

本業ではない副業やフリーランスや、稼ぎのためだけで片足を突っ込むアルバイトスタンスのフリーランス軽貨物ドライバー、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは、時代と共に既に荷主や荷受人や元請け会社から淘汰されつつありますが、今後は更に、そういったレベルの人材寄せ集めであろうともピンハネ商売をしている組合やFCや配送組織も営業的に淘汰されることでしょう。

個人営業の配送ドライバーを抱え込もうとする軽貨物配送会社でも、これからの時代は単純な荷主ファーストではなく、荷主様と共に、その荷主様の納品先である荷受人への「お客様ファースト」の心構えを配送ドライバーと共有して持つなどして、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

軽配送の仕事種類も様々です。食品やお弁当など冷蔵チルドの配送、チャーター便、ケータリング業務フォロー、家具輸送、単身の引っ越し、深夜や夜間の配送、宅配便では運べないようなタイヤホイール、緊急の追走便や待機便や深夜便などと、軽貨物運送ドライバーの業務全般が「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。一般社会の営業マン同様で軽貨物の配送ドライバーも質が優先されるのは言うまでもありません。

▶︎捨ててならぬは義理

私は配送の事業でドライバーとは量より質だと考えます。足掻いても人一人は一人分しか仕事で稼ぐことはできないことから個人事業主軽貨物ドライバーの仕事は効率の悪いアナログな業種とも言えます。

仕事で稼げるのは配送ドライバー、儲かるのは配送ドライバーの使用人である軽配送会社です。配送ドライバーは稼げても儲からない構図ですので、多くの自営ドライバーは割に合う合わないの旨味だけを追い求めてしまうのが現実ですから、配送ドライバーとして強く稼ぐには何かしら自分の才覚で打破することも必要でしょう。

反面、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、お客様の守秘義務徹底、無駄な商流を介在させない営業モデル構築の取り組み、高効率な営業運営により、お客様への配送料金を安く設定しながら利益を確保する試み、地域と地元密着型で適正価格を守りつつ軽配送専門だからこそできること、大手の宅配便には無い付加価値ある緊急依頼や24時間対応するなどと、地域に根ざして個性あるサービスを過剰にならぬよう向上させていく運営ノウハウも求められます。

配送ドライバーは会社スタンスの安心や安全やスピードや真心を運んだりなど見栄えや格好をアピールしてモノを荷受人にお届けすることが業務ではありません。接客業でもあるというプロ意識を軽貨物ドライバーは持ち、荷主様の意向に合わせ、荷受人様に荷物を的確にお届けすることが役割と役目です。

明るく人と接し、社会人として当たり前のことをきちんとする、千葉県地域密着の軽貨物運搬配送を私たちシフタープロでは大事にしております。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーの皆様が活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする

▶︎ 千葉県の軽貨物配送シフタープロ

チャーター便の配送見積もり、シフタープロ軽貨物便のドライバー加盟は日本シフター産業シフタープロ事業部までお問い合わせください。日本シフター産業シフタープロ軽貨物便(配送ドライバードットコム事務局)所在地:千葉県八千代市吉橋1831-1、連絡先:order@shifter-japan.com、受付時間:9時から18時。

軽貨物 | 千葉県版 | 軽配送業者の仕事内容
広告
ブログで千葉県の軽貨物運送専門店シフタープロが軽貨物を語る ! 軽配送の検証BLOG。