信頼され評価できる軽貨物ドライバーはどんなタイプか。

千葉県の軽貨物|千葉の独立開業

業務請負で働く軽貨物ドライバーは自営業であることからも収入は安定せずに仕事受注の好不調に波があるなかで働いている。

無謀な焦り。

街中で軽貨物ドライバーとして働く個人事業主には、物流業界や荷主企業に知り合いとかではないきちんとした実績による人脈やコネがない人や、個人事業の戦略や戦術は頭にない人や、仕事上の会話が下手な人や、営業は苦手だと口にするような人も思った以上に多い。

それができるくらいなら軽貨物ドライバーの仕事なんてやってないと言わんばかりの人もいるし、継続はチカラなりという仕事上での実績作りの大切さを理解せずにコロコロと仕事案件を変えてしまって努力や我慢や貢献の実績を無駄にする負のスパイラルな人もいる。

仕事や職を失って軽貨物ドライバーや物流関係の仕事をしている人もいるだろうし、起業や事業や会社で失敗した人もいることだろう。

立ち位置はみんな一緒ではなく、役割も役目も能力もみんな一緒ではない。才能や努力が開花する時期もみんな違う。

そういった実態や社会全体の構図で見てわかるとおり軽貨物ドライバーの職は経済の底辺にある仕事とも言えるが、法人化された軽貨物配送会社が下請け仕事を回してもらっている中堅や大手のトラック運送会社も社会的な構図では組織階層の下に位置する。

お客様第一、最上層には荷主企業が位置するわけだが多くの個人事業主の軽貨物ドライバーが業務請負のために配属して仕事をもらっている法人の軽貨物配送会社は多重下請け構造の底辺にいるため利益も仕事も押し付けられやすい立場である。

だが、そういう多重下請けの軽貨物配送会社の経営陣は自分では配送の仕事を一切せず、訳あり案件であろうとなかろうとSNSや仕事マッチングでドライバーを掻き集めて個人事業主の軽貨物ドライバーに業務委託のかたちで仕事を右から左に流して運賃ピンハネを目論むという構図である。

軽貨物運送業という仕事として成立している以上は立派な仕事であることに間違いはないが、前に述べたように軽貨物配送の現場で働くドライバーは良くも悪くも底辺の仕事だという意味と意義をきちんと理解しておかないと探してもありもしない割の良い仕事を探し彷徨い、働くことへの満足度を得られない結果となる。

仕事に貴賤はないと言うがそれはあくまで建前だ。

現実は如何にして仕事があることに感謝できる能力をブレずにきちんと持てるかどうかである。人として、働く社会人として、である。

error: Content is protected !!