千葉県で優秀な配送会社、頼もしい軽貨物ドライバーでも営業心得のない軽貨物ドライバーが多い。

軽貨物チャーター便の千葉エリア 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物運送業、個人事業主ドライバーとして仕事をしながらどの様に立ち回るべきか、目標ではなく、行動指針について自分なりの絵を描いてみることが大切です。

どんな仕事であれ、仕事を続けていく上でお金の計算ではなく、自分のポジションをどうしたいのか、きちんと絵を描いておくと、いざという時にブレません。

営業系や事務系のサラリーマンでも同じことです。会社ならば事業性(継続した利益)になる絵を描くことで、展開するまでの創造ができるようになります。

同時に、自分が活躍したいターゲットが地域密着なのか全国視野なのか、自分に適す土俵、頑張る近道も見えてきます。

とは言え、多くの業務請負ドライバーは営業という活動をせず、雛鳥状態で口を開けて仕事を待っている、または、固定案件という枠組みで毎日機械的な労働をされていることでしょう。

本来、個人事業主の良さは、自分で自由に営業できることなんですが、なぜか、それを苦手とする軽ドライバーが多いものです。勿体ないですね。

利用運送やFCや組合といった業者から与えられる案件に、毎日、毎日、機械的に同じ場所へ行き、同じような仕分けをし、車に荷物を載せて、同じようなルートで配送する。

社員ドライバーならこれが仕事です。しかしながら、個人事業主の軽ドライバーは、社員ドライバーではないので自由に営業するべきです。

営業は簡単ではありません。フランクに「仕事くださーい」と語り歩くのが営業ではありません。言葉や姿勢を勘違いすると、どんどん淘汰されます。

尚、世の中には強い営業マンと弱い営業マンがいますが、営業マンと呼ばれている人員の8割前後は弱い営業マンと言われています。

営業の世界は、有能な営業マンだけで利益の8割前後を叩き出しているのが実態と言われており、仮に、10人の営業マンが居るならば、有能なのは2人しかいないというのが現実という見方。

こういった背景からも、単独営業の自営業者がダイナミックに強い営業を開始するには、大きく理解しなければならないことがあります。

先駆者の立ち位置と苦労と功績をまずは評価することです。営業は需要と供給、ニーズには根拠があります。

ピンハネで悪評ある利用運送屋やフランチャイズや組合の期待と役割は、もはや効果は微妙になりつつありますが、FC本部や組合本部が「営業や配車をやってもらって当たり前」と思っているのは本当にダメです。

配達ドライバーの言葉ニュアンス、行動態度は、元請けや荷主や納品のお客様などの相手に伝わります。

多くの無印軽貨物ドライバーから悪評ある利用運送屋であろうとも、フランチャイズや組合であろうとも、そこの営業の人たちが、暑い日も、寒い日も、外を歩きまわって、ドライバーの仕事、軽配送案件の営業で売り上げを伸ばしています。

何もないところから仕事を生む営業開発に携わっている人の苦労上にも、皆が活動している軽ドライバーの仕事案件があります。

業務請負の軽貨物ドライバーがよく口にする、割に合わないとか儲からない案件という愚痴は、その営業の心得無くして言ってはならぬことかも知れません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!