千葉で活動する軽貨物の仕事とドライバーの実態、軽貨物業界と軽貨物仕事で嫌なことと好きなことを記録する。

千葉県の軽貨物 ドライバー教育
広告

軽貨物の仕事をいつしか復習するべきときに思い出せるよう、軽貨物ドライバーの仕事内容と軽貨物会社の仕事内容で嫌な点と好きな点を常日頃からいくつか明確にしておくことの重要性。

千葉県で軽貨物配送の仕事や事業運営を考えるに至り、私は「嫌々で仕事をしない」という意識をもって自身がやるべき案件を決め、日々の仕事を進めています。

「嫌々で仕事をしない」とは「好きな仕事だけをする」という身勝手な働き方と表裏一体なわけですが、自分自身の身体で「知見経験を積み重ねてから好きなことだけをする」というプロ意識こそが、社会人として深みが増すミドル層やシニア層の個人事業主軽貨物ドライバーに求めるべき才覚だと思われます。

転職や定年後の仕事探しで懸命に開業する個人事業主ドライバーが仕事欲しさにお金を出してまで軽貨物の組合や軽貨物のフランチャイズに加盟契約してしまい、その後、荷主の委託料から2割も3割もピンハネされたりマージンの二重取りで苦しんでいる個人事業主ドライバーもいると巷で聞きます。

一部の悪徳と言われている軽貨物配送の業者では軽貨物車両を高額なリースやレンタルの名目で高いマージンを抜いて個人事業主ドライバーに車を売りつけながら専属の請負契約で縛りを付けたり、違法性のある二重派遣のような定期仕事の案件にも関わらず高い加盟金や保証金を新規開業する個人事業主ドライバーの足元を見て騙し取っているケースなど、軽配送業界の評判を落としている一部の軽貨物会社や組合や軽貨物フランチャイズのネットワークがあると軽配送ドライバーの中では今も昔も多く語られています。

転職や定年後の再就職仕事探しで軽貨物ドライバーの個人事業を開業される場合は、仕事欲しさのあまり、綺麗事ばかりの面談や説明会でピンハネ軽貨物会社の実態の裏側に騙されぬよう自覚をし、鴨葱状態に陥らず、自営業という責任範囲に足元を掬われないよう注意するべきです。

現実的に、妙に疲れた顔で汚らしい作業服の格好で覇気も無い個人事業主の軽貨物ドライバーが黒ナンバーでピンハネ軽貨物会社のステッカーを車のボディに貼られて走っている軽貨物ドライバー車両を毎日見かけますが、転職や再就職してまで嫌々になってクタクタで仕事をしても個人営業で頑張る意味はありません。

働き方は人それぞれですが、軽貨物の仕事は配属する会社さえ間違えなければ、努力し、もっと期待され楽しく仕事で稼ぐことができるはずです。

流石にフリーターのような素人フリーランスや副業のような片足を突っ込む仕事スタンスではクレームの多さから荷主からも敬遠されますが、ピンハネ軽貨物会社には専属せず、自営でプロ意識を持って謙虚な姿勢で時間を必ず守って配送仕事の要領を覚えていけば、相応に安定した稼ぎと成長と信頼を得られるはずです。それが個人事業主の軽貨物ドライバーです。

嫌々で仕事をしない働き方は売上収入の頭打ちがあるのは当然ですが、年間を通して、身体と精神と神経、この3つのストレスバランスを整えることのできる仕事案件と働き方が、目先で請負するお金の大小より、本業の軽貨物ドライバーには大事だと考えます。

仲間にするべきドライバーしかり、協力し合う軽貨物会社しかり、仕事する環境は企業規模や名声に群がることより、プロ意識で共感したり共闘できる事の方が頼もしい存在になるものです。

プロ意識の仕事は仲良しこよしのコミュニティや学校クラスではありません。志こそ有能です。

社会経験の浅い20代や30代などのヤング層はどんなに出しゃばっても社会人としては覚えたてであり、仕事云々の批評をせずに暫くは社会全体の中における1人の社会人として仕事の勉強を謙虚に続け、仕事を極める前に数年でコロコロと職を変えず、自分とは異なる幅広い年齢層の人とも接しながら学びを増やし、体力勝負であろうとも真剣に仕事を学んだ先の自分を信じて懸命に楽しく生きていくべきでしょう。

やがて培った経験を発揮するチャレンジに移行する年齢層へと進むわけですが、早咲きも遅咲きもいます。先見の明、ブレずにチャンスを待つことも大事です。

私は慈善事業ではないものの、正直、仕事が1日いくらとか、時給換算でいくら、などは実運送する配送ドライバーの立場としてあまり興味がありません。

1日いくら、時給換算でいくら、こういうことばかり気にしながら個人営業する軽貨物ドライバーの気持ちも分かりますが、サラリーマンやアルバイトではない自営で稼ぐ仕事や自営で稼ぐ事業を考えるなら、妙なお金基準の観点は直ぐにでも切り替えるべきでしょう。

1日で1万円の仕事であろうと2万円の仕事であろうと3万円の仕事であろうとも、その金額の差はたかが知れています。労働での仕事は人1人でできる範囲は限られていますから、日当あたりで稼げても相応に疲れるでしょう。

フリーランスや副業のような働きレベルならば、人を批判したり仕事案件を批評したりであろうと、お金お金で良いわけですが、プロ意識を持って本業本職で仕事をするならば「やる価値のある案件なのか」を自分流で見極めることも大切なチカラとなってきます。

他人の発言や批評を自分にインプットするのではなく、自分自身でいくつかを実践で経験することで見極めるチカラを養うわけです。近道はありません。

ここで言う「やる価値」とは「覚える価値」を指します。お金の基準ではありません。

割りに合う合わないを距離や時間や単価で単純計算してしまう軽貨物ドライバーがいますが、どんな職種であれ、そのような姿勢ではいつまで経っても才覚を発揮できる社会人レベルには到達しないと考えます。

数千円や1万円の仕事でも覚える価値がある案件が多々あります。2万円や3万円の仕事でも覚える価値が薄い案件もあるでしょう。

また、他人の儲け話や人脈ばかりをしたり、他人から聞いた案件の評価を自分の知識に置き換えてしまうレベルの人も多いでしょう。

そういったメッキの薄いタイプの人が軽貨物ドライバーには多い傾向ですが、実力派の社会人、実力派の軽貨物ドライバーはそうではありません。個人営業の軽貨物ドライバーが生き抜く知恵は他人からマスターするもの、他人からマスターできるものではありません。

異業種であろうと最低でも10年や15年は職を変えずに働いてきた人ならば時代変化の経験相応に仕事や事業の組み立て方と進め方を一通りイメージできるでしょうが、既にコロコロと職を変えてきてしまった人は仕事の覚え方や覚えてきた仕事自体が「浅知恵」です。これは「ブレる」ことに繋がります。

理由は問わず、職をコロコロと変えてきてしまった人はこの先は相応の自信と覚悟と集中力を持って「死にものぐるいで仕事する姿勢を中長期で維持」しない限り、軽配送で人よりも稼げるなど夢物語だと思うべきです。

恐らく、世の中の資本主義は本当に甘くはありません。

選り好みせず仕事を請けることにより、初めて日本における資本主義での仕事を感じ取ることができるようになるものです。事業で不可欠な着眼大局もそこから掴めるはずです。

面倒と思う案件、グループ内で他人より忙しい内容の案件、明らからに不利なやっつけ仕事、こういった「先入観で嫌な仕事」からも逃げずに意義を感じ取ることがプロとしては重要なことでしょう。

見極めも大事です。精神、神経、体力、この三点のバランス維持が個人営業する軽配送ドライバーにとって大事なことだと思いますので、嫌だと感じる修行を続けて負荷をかけ過ぎてはいけません。

しかしながら、文句を言おうとも、不満を言おうとも、逃げずに経験した仕事はかなり技能として大事となります。やる前にグチグチ言う人は論外ですし、やる前に選り好みをしているようでは仕事で通用すらしませんし期待もされませんが、逃げずに経験してマスターした仕事は自分にとってポジティブに作用します。

同じ1年間の業務でも、選り好みせずに働いた姿勢や、プロ意識を持った仕事経験の積み重ね、これの有る無しで軽貨物ドライバーとしての優秀さと技能に大きな差がでます。これから軽貨物ドライバーになる人は留意すべきと感じます。

勿論、お金としては1万円と2万円の収入を比べると2万円を選びますし、1万円と3万円を比べると3万円を選びます。しかし、商品販売する営業マンや事業のように1日で数百や1000万円などの売上達成を軽貨物ドライバーの仕事ではあげることはできません。

仕事や事業では上には上が多くいますが、過去、私でさえ忙しい日には1日で1000万円ほどの商品販売売上を自分であげ、1日で沢山の商品を日本全国に出荷発送して利益をあげる事業や仕事経験もありますが、軽貨物配送というかなりニッチな仕事分野で事業性を見出すには、自身が持っている今までの物差しだけではなく、新たな物差しを握ってビジネスモデルを作り上げることとなります。

プロ意識を高めることで「見つけるべきことを見つけて」ニッチな配送現場へ自分流の事業ビジョンを落とし込んで進んでいくわけです。

始めたからには仕事で嫌だと思ってきたことや大したことがないと思ってきた仕事まで学び返さない限り、新しい自分のビジネスモデルは完成しません。

心底思いますが個人事業主の軽貨物ドライバーは事業ではなく仕事をしているに過ぎません。

街中を走る黒ナンバーの軽貨物ドライバーの汚い格好を見たり、暇があればSNSや動画で個々の仕事内容まで呟いている守秘モラル欠如のドライバー、同じ現場で稼働している他社ドライバーを見ていても覇気が無かったり意識の無さに嫌気がさすことが多々あります。

軽貨物ドライバーの典型ですが「できたつもり」「できるつもり」これが仕事のミスを起こすわけです。

軽貨物ドライバーの仕事は正直「単純」です。単純と聞くと誰にでもできると勘違いする人もいますが、確かに、頭は使わない部類の仕事ですから勉強の得意不得意は実力の差で大きく影響はしません。

勿論、熱意がないなら教養があって高学歴であるならば他の仕事をした方が無難です。

また、結構なレベルで頑張っている個人事業主の軽貨物ドライバーでも体力バランスの考慮も影響し、稼ぎは大体60か70万くらいにしかなりません。燃料費や車輌維持管理費など経費も少なからず掛かります。

商売経験のある人から見ると軽配送ドライバーの収入は金銭的に物足りないのは事実ですが、日本の平均年収はきちんとクリアできますから、プロ意識を持って仕事すれば上手に暮らして生活に困ることはないでしょう。とても大切なことです。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物運送業界の検証 | 実態
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!