軽貨物車の整備日記、エンジンオイル交換とプラグ交換の頻度を考える。

千葉県での軽貨物車プラグ交換 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

休む間もなく働く忙しい個人事業の軽貨物ドライバーほど軽貨物車のエンジンオイルやプラグ交換などの整備メンテナンスを怠ってはいけない。

フリーランス風ではなくプロ本業で頑張っている個人事業主の軽貨物ドライバーは自前の軽貨物車を持ち込んで軽配送の仕事を請負しているドライバーさんも数多くいます。

軽貨物車をリースやレンタルしているドライバーさんもいますが、軽貨物ドライバーは、軽バン、冷蔵車、冷凍車、幌車、自分の働き方に合わせて使用する車を選ぶわけですが、配属する軽貨物会社で軽貨物車をリースやレンタルをするドライバーと自前で軽貨物車を購入して仕事をしているドライバーとでは、だいぶ、車両管理の意識と愛車への愛着も差があります。

毎日100km以上走行することも珍しくない軽貨物配送の仕事ですが、荷物満載で走ったり、ストップアンドゴーで走ったり、請け負う仕事案件によって車の労わり方は異なります。

エンジンオイル、タイヤ、この2点はかなり意識して毎日とは言いませんが数週間や月ごとにチェックする必要もあります。全ては請負仕事で信頼を失わないためです。

プロ意識をもつ軽貨物ドライバーは車両が壊れてから異常や故障を発見するのではなく、日頃の定期チェックで故障を未然に防くためのメンテナンスが必要です。

業務請負で働く軽貨物ドライバーにとって軽貨物車は自分自身が仕事で使うメインの商売道具とも言えます。

身体の健康と同様、整備業者任せや人任せでは通用しません。もちろん、どんなに整備をしていても故障はするものです。欠車は業務請負ドライバーにとって許されないことなので、仕事への支障を考えてもいち早く軽貨物車の異変に気付くことが大切です。

ただし、軽貨物ドライバーのみんながみんなメカに詳しいわけではなく、車の状態コンディションは最寄りの整備業者任せにしている軽貨物ドライバーも多いですが、異臭や異音しかり、軽貨物車の運転時に違和感は敏感に感じ取るよう心がけたいものです。

特にエンジンオイルの状態チェックはサボらず、時間がないからまだ大丈夫とは思わずきちんとした頻度で定期的にオイル交換しなくてはなりません。

高級なエンジンオイルだから交換をサボってよいということではなく、軽貨物車の場合はハイグレードなオイルを使うことより、安価なオイルであろうとも距離や季節で交換頻度を高めていく方が無難と言えます。

また、疎かにしがちですが、同時に点火プラグの状態の定期的にチェックする意識をもつべきで、仕事で使う車ですから乗用車のような車検のときに整備して貰えばいいという考えは危険です。

軽貨物車は、時と場合、軽貨物配送の業務で高速道路を使用したり、猛ダッシュでエンジンに負荷を掛けることも多いため、エンジンオイル、点火プラグ、タイヤ、ウインカーやストップランプやバックランプのチェックなど自分でもできるメンテナンスは勉強しながらチャレンジするべきです。

身体を休ませることが難しいほど頑張っている個人事業主の軽貨物ドライバーが乗る軽貨物車ほどエンジンや足回りが想像している以上に負荷がかかっていると考えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!