軽貨物運送の分野で成立するビジネス思考を個人事業で持続化させるために軽貨物ドライバーが犠牲にするものとは。

業務委託

ビジネス思考の持続化を個人の軽貨物ドライバーはどう考えるべきか。

「個人営業はそこ大事だぞ」と教えることをしない法人格の軽貨物配送会社が目立ちます。

軽配送でお金を稼ぐ営業ノウハウを契約している個人営業ドライバーに教えていたら商売あがったりですから、本当の意味でお金を稼ぐノウハウなど個人事業主ドライバーに教えることはしません。

個人事業主にとって肝心なことは、教えてくれない、教えない、わけです。

私が千葉県で軽貨物運送業シフタープロ軽貨物便の事業運営に着手してから心底で思っていることですが、軽貨物配送の仕事で働いている個人の業務請負ドライバーさんは個人事業主としての戦い方が弱すぎると感じます。

もちろん、自分を客観視すれば私自分も同じ境遇に近いです。

それは言い換えれば、業務請負ドライバーの仕事案件などそもそも吹けば飛ぶものであり、キャンセルされるがキャンセルはできない、繁忙期が過ぎればもちろんドライバーは使い捨て、というのが現実だからです。

定期案件しかり、スポット案件しかり、業務請負配送の案件を請負するかしないかを検討する際に見積りが甘いと荷主顧客の質を見抜くことができず、仕事順応力の低いドライバーさんの場合は自分で決めた仕事を自分中心で案件が存在しているかのように錯覚をし、数ヶ月後など慣れてきた頃合いに割りに合う合わないなど難癖をつけ始めたり、自分自身が営業弱者である虚しさに嫌な思いもすることでしょう。

この世は弱肉強食資本主義です。軽貨物業界も例外ではありません。

仕事があることに感謝をできずに仕事で嫌な思いをしているレベルの業務委託軽貨物ドライバーさんの多くは、仕事環境を自分に都合よく期待してしまい、思ったとおりに事が進まなくなると裏切られ続けていると感じてマイナス思考になっているだけの話でしょう。

それはビジネス思考が甘く、学びが浅くて実力がないだけです。保身だったり、依存だったり、ビジネス思考の甘えでしかありません。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!