ツイッター(X)中毒な軽貨物運送業者

私はツイッター(X)で同業者の発信を読んでしまうと妙に嫌な気分を呼び起こされるので仕事では利用しないようにしている。

基本、同業者の戯言に関心ゼロのタイプではあるが、おすすめ欄に出てくるのでそれを見てしまったが故に軽貨物運送業者の底辺さと仲良し子よしの群れを妙に感じ取ってしまい気分も悪くなる。

特に、いい歳したオッさん連中の顔色悪い仲良く子よしの集合写真と自撮りは気色悪い。

もちろん意見を言える自由の場なのでうまくソーシャルメディアを活用する人はそれでよいと思う。

だが、学生やプライベートならまだしも軽貨物ドライバーという仕事上の孤独感からなのかは分からないが働く社会人が幼稚園児のように「ぼく、いまここにいるよ」「ぼく、いまこんな仕事してるよ」「ぼく、いまこんなの食べてるよ」のような感じで小さな自分の存在をアピールしたりなどは、ツイッター(X)のし過ぎで頭がおかしくなっている軽貨物運送の同業者に思えてしまう。もちろん当人にはそんな意図はないのだろうが。

私のような人間は一貫性のない情報同士が積み重なり合うオンラインの世界は妙に頭が痛くなる。リアル主義である。

自分の脳はそういったソーシャルメディア情報の過負荷は処理できないって話。時代には逆行であろうが無用である。

SNSで仕事の愚痴や不満を言葉でぶちまけている軽貨物運送の同業者もいたりするがバーチャルに同情を求めているのか独り言なのかは別としても虚しい人間に思えてしまう。

色々と大変な個人事業主ドライバーは多いだろう。誰かに愚痴を聞いてもらいたいのだろう。

そんな連中にマウントを取ろうとしている鼻息の荒い軽貨物会社や組合や協会なんかも見受けられるが、組織系での金儲けもいろいろ皆んな大変なんだろうなと客観的に感じはする。

とは言え、ビジネスモラルや情報保護の観点からSNSで情報発信を禁止にしているきちんとした軽貨物運送会社もある。

軽貨物ドライバーの仕事はお客様の個人情報を扱うので仕事案件の情報管理は細心の注意が必要なのも事実。

掲示板やSNSで不特定多数に仕事案件情報を公開して委託ドライバーを募るような軽貨物会社など論外である。モラル的に名前や住所を晒さなければいいってもんでもない。

やはりトラック運送会社のような規律みたいなものは軽貨物運送業界には無である。

軽貨物ドライバーの待遇改善やら、苦境を同情しますやら、業界を良くしますやら、同情票みたいにドライバーを数集めして胡散臭い情報共有を口外すること自体が胡散臭い。そういう群れにより安心する人間がこの業界には多そうだが。

error: Content is protected !!