受注ルートを持つ個人事業主軽貨物ドライバーと営業能力が発展途上の個人事業主軽貨物ドライバーの違いをブログで語る。

ドライバーの働き方を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

個人事業主の軽貨物運送開業ドライバーは、年単位で最も勝算がある仕事案件で収益源を得ることを計画しなくてはならない。

業務請負で仕事をする個人事業主軽貨物ドライバーには勘案タイプの人が多いと言えます。

勘案タイプの軽貨物ドライバーとは、いろいろと自分に都合が良い案件を考えて仕事をする方法を探る割に、自分の我儘を優先し、億劫、ビジネスモラル不足、瞬発力と行動力が伴わずに勘案を最終的に考察することができず、現状維持や保身が邪魔をして脱皮できない業務委託ドライバーと定義します。文句を言いながら仕事をしているドライバーです。かなりいます。

  • 仕事案件を探す人
  • 仕事案件が寄ってくる人

はっきりと言えることは、業務委託での軽配送仕事案件の検索はドライバー加盟台数の規模が多い軽配送会社には個人事業主ドライバー側にとっての良質な案件は明らかに少ないでしょう。

いろいろな意見があるとは思いますが、そういう軽配送会社では仕事があるあると誇大に言いつつドライバー募集を繰り返しますが、蓋を開けてみると配送ドライバー経験者が敬遠している大手宅配の下請け配達員やネット通販商品の配達員の宅配仕事、または、先輩ドライバーの食い残し案件や曰く付きエリアや曜日の歯抜け案件、という内容だったりします。

ドライバー求人ばかりするそういう軽貨物会社では、頑張れば稼げるとか当たり前のことを誇大に語り、実態は、一個いくらのノルマみたいな感じで大手宅配会社へ二重派遣されるかのように仕事を斡旋されてしまうのが現実です。

頑張れば頑張った分だけ燃料代もかかる、頑張れば頑張った分だけ駐車禁止のリスクも多くなる、頑張れば頑張った分だけ配送件数のノルマが増やされる、などという感じの説明すら受けぬまま、頑張れば1日でいくら稼げるかな、頑張れば1ヶ月でいくら稼げるかな」と計算し、業務委託で仕事を開始してしまう人もいます。

そうした裏側で、宅配便の下請け仕事を末端ドライバーさんにさせる軽貨物配送会社ではドライバーさんが頑張ったら頑張った分だけ一個いくらという運賃からピンハネできる金額も増えてくる仕組みなわけです。

error:Content is protected !!