論理的な問題となる業務請負の軽貨物ドライバー業者による中間業者の鞍替えや中抜き行為の御法度は、知らなかった、分からなかった、では済まされない。

御法度を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

御法度である中間業者の抜き行為と中間業者の鞍替え行為。バイトや社員ではない業務委託契約で働く軽貨物ドライバー業者が、稼働実績のある取引ルートの飛ばしや中間業者の鞍替えをし、従来の取引先が関与する案件に入り込むと「悪質な行為をするドライバー業者」として周囲の関係各社に触れが回り、仕事を失う。

軽貨物配送の仕事をしていると、時より配送現場で耳にするのが中間業者の鞍替えや飛ばしと言われる抜き行為をする御法度ドライバー業者の話です。

御法度である中間業者を中抜きする行為や中間業者を鞍替えするというビジネスモラルの違反をして周囲関係者を裏切り、下手を打って仕事案件のキャパを失い続けている間抜けな軽貨物ドライバー業者の与太話をいろいろな配送現場でチラホラと聞きます。

  • ビジネスの上手い人
  • ビジネスの下手な人

やはり、どの業種であろうと自営や経営は自己流でビジネスセンスを鍛える必要があります。個人事業主の軽貨物ドライバーもこれは例外ではありません。

まず第一、根本的に、軽貨物配送の仕事はドライバーのためにあるものではなく、荷主様と荷受人様のためにあるものです。発注は荷主様と元請け会社の都合で行われ、ドライバー都合で行われることはありません。

個人事業主の軽貨物ドライバーがドライバーファーストという内弁慶な考えを仕事面と事業面で持つことは大変危険な考えでもあり、言うまでもなく、事業主としてナンセンスとなります。

労を無駄にせず、剛に従え。

お金は稼げても事業展開がマイナス成長では意味がありません。まして、業務委託での稼ぎは終身雇用ではなく期間があるものです。仕事で稼ぐと事業で稼ぐのは有形無形の部分も異なりますので、事業として労が無駄になる仕事請負も多々あります。

error:Content is protected !!