あの人は凄いなと思える業務委託の軽貨物ドライバー。

千葉県の軽貨物|独立開業

人間性に裏表がある軽貨物の個人ドライバーのように人の秘密は聞くが自分は秘密主義といった臆病な営業弱者の典型と言えるアンテナの張り過ぎて知り合いが多い人をこの業界では信頼をしてはいけない。

知り合いは増やさないこと。

軽貨物ドライバーや軽配送業者には情報交換だとかでやたらと知り合いを増やそうとしているような魅力に欠けた営業弱者の人や業者がポツポツといます。

類は友を呼び、そういった営業弱者同士は群れる傾向がありますが仕事や事業では実力の弱い者同士が群れてしまったら個人事業や零細企業の勝算はどんどん低くなることでしょう。

情報交換という言葉が出てきたら完全にアウトです。そういうワードを口にする軽貨物配送業者はごく普通に信頼できません。

軽貨物配送の仕事のように経済の末端に位置している仕事では典型かも知れませんが同族嫌悪こそ大切なことだと感じています。

この軽貨物業界では妙につながりだとか情報交換だとか協力だとかいうワードを軽々しく口にするドライバーや業者を見かけますが、そういうことを口にする軽貨物ドライバーや業者の本心は自分と同じ境遇にいるはずなのに稼ぎが周囲より自分のほうが劣っていることが許せないという見え見えのライバル心ありきなのです。それが100円や200円でもです。

やはり、知り合いが多いような裏表のある軽貨物ドライバー業者は人の秘密は聞くが自分は秘密主義といった信頼するに値しないパターンの人でしょう。

この仕事は根本的にお客様ファーストでなければなりません。ドライバーファーストを語るような業者は落ち目です。

ニッチに同じ業界で働く軽貨物ドライバー同士であろうと、自分とは違う世界の人だと思うようにしたり、あの人はすごいなと思うようにしたり、素直さのある関係で協業関係者を築いていくことはかなり大切なことであり個人事業や零細企業における事業計画の勝算を高いものにしていく一歩にもあると私は考えます。

余計なドライバーや同業者などの知り合いを増やさず、余計な関係者は整理すべきでもあり、極論、不要なものを処分するかのように余計な知り合いは削除する意識も重要なのです。余計な情報やノイズは個人事業や零細企業に無用です。

ブレずに事業計画の通りに邁進し、自分は特別な存在ではないと意識し、自らハンドルを握って実直に仕事をしていけば必ず、お金や信頼の稼ぎは後からついてくるのです。

error:Content is protected !!