業務委託の軽貨物配送ドライバーは質の良い忙しさをキープすることが基本でありノウハウでもある。

運送業 | 軽貨物

間抜けだなと違和感を覚えるのが「最近忙しい」と話すような街中の軽貨物ドライバー業者と、忙しいと軽々しく話してしまう1人の軽貨物ドライバーとしての自分。売上向上や利益向上は計画通りの忙しさなのか、貧乏暇なしでは無いだろうか。

やりたいこと、やらねばならないこと。

軽貨物ドライバー業者には宅配業の軽貨物ドライバーと運送業の軽貨物ドライバーがいます。

軽バンの軽貨物車に乗るドライバーだったり、冷蔵車の軽貨物車に乗るドライバーだったり、軽トラック幌車の軽貨物車に乗るドライバーだったり、軽トラック平ボディの軽貨物車に乗るドライバーだったり、が街中にはゴロゴロといますが、皆同じ軽貨物ドライバーではあるものの同じではない仕事環境です。

私の勝手なイメージとしては宅配業の軽貨物ドライバーは「質の悪い暇なし」の人が多いかなと感じます。これに対して運送業の軽貨物ドライバーは「質の悪い暇」な人が多いかなと感じます。

軽貨物運送業の忙しさ

要するに、自分自身の忙しさの質をどう考えて、どのように良い方向へ向けていけるか、が時より気になります。忙しくお金は稼げてもその質をきちんと理解できていなければ事業や経営はやがて伸び悩むことでしょう。

忙しさの質は個人の軽貨物ドライバー業者や零細企業の軽貨物運送の会社法人としては大変重要なことだと私は考えており、こういったことをきちんと事業計画しておかないと1年間などあっという間に過ぎてしまって勿体ないです。

やらねばならないことのある忙しさは微妙な気分ですが、やりたいことのある忙しさは大胆な気分である、と自分自身のことを復習します。

軽貨物配送の事業主や経営者は忙しさの質そのものが利益の差を生み出しているのも現実です。

私の場合、お金の利益がたくさん見込めようとも意味のない人や意味のない業者とは取引を一切しません。

お金の利益が少なかろうと意味のある人や意味のある業者との取引だけを行います。余分な知り合いや取引関係を増やさないという行動の徹底です。

  • りえき、りやく、の違い。

軽貨物ドライバー業者として得る「りえき」はお金ですし、もちろん、3,000円の仕事受注も30,000円の仕事受注も配送仕事は慈善事業やボランティアではない業務の対価です。

軽貨物運送業の利益

では、軽貨物ドライバー業者として得る「りやく」は何なのかです。幸せであったり、何かで救われたり、軽貨物配送の仕事や事業や経営における「りやく」はあるのかどうかです。

街中で遭遇する同業者で委託であろう軽貨物ドライバーと遭遇して雑談をしていると、仕事に恵まれて今の仕事を満喫して収入安定できている感じの人はとても数少なく、忙しいなどとああだこうだと山あり谷ありの脆さを自分都合で良いふうに解釈して現実は仕事を足して引いてをしているばかりの近況を語っているだけという人が多いです。

恐らく、足跡の残し方を失敗し、事業計画ビジョンの甘さ故にうだつがあがらない近況で足踏みして実力のなさ故に伸び悩んでいる個人事業主軽貨物ドライバーや業者が多いのでしょう。

軽貨物ドライバーの職とは限らずですが社会人としてやりたいことをできる仕事環境はおそらく大変幸せな環境です。

私自身の場合、忙しい仕事環境が極端に好きではありません。暇なくらいが丁度よいです。

しかしながら、やると決めたことは軌道を変えずに断固としてやるべきとしており、稼働や営業行動でブレのある業者やふらふらと案件を変えているような軽貨物ドライバーや業者の話を聞くと私には関係のない話ですが虫唾が走ります。

忙しさの質を整え、個人事業や会社経営はブレのない稼働実績や営業行動の徹底が事業基盤や経営基盤となっていくのでしょう。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!