千葉県の軽貨物ドライバーは本当に人手不足なのか、軽貨物業界だけでなくトラック業界の全体が抱えるドライバー高齢化をブログで語る。

軽貨物開業ドライバーの軽自動車 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業の実態

軽貨物ドライバーとは。物を運んでくれる運送関係の仕事は、「運送業」と「運送取扱業」があります。

どちらも似たような仕事内容ですが、「運送取扱業」は、貨物運送取扱事業、貨物利用運送事業などとも呼ばれますが、運送業との違いが少しあります。

  1. 「運送業」といえば、トラックを利用して貨物を配送するのが仕事です。
  2. 「運送取扱業」といえば、自分で荷物を運ばずに他の運送会社に配送を依頼する仕事です。

平たく言えば、運送の営業マン、運送のドライバーみたいな感じです。

巷の大きなトラックで仕事する運送会社に多くは、自車トラックで貨物を配送するのに必要な一般貨物自動車運送事業の許可だけでなく、運送取扱業の許可も取っています。

荷主から荷物の配送依頼を受けて荷物を配送するわけですが、出荷する荷物の量が増えたり、ドライバーが欠員したりで自車対応が難しい場合がある。

配送を自社でなく、他の運送会社に依頼することになるため、厳密には、運送するのでなく、運送を取り扱う、という表現となります。

荷主→自社→協力会社 という具合に荷物の配送を依頼する流れですが、ネット宅配などは慢性的なドライバー不足のため、例えば、ヤマト運輸のクロネコヤマト宅急便で荷物が届くとはいっても、ヤマト運輸の社員ドライバーが届けてくれるのではなく、別会社である下請けの業務請負ドライバーが届けてくれることもあるわけです。

大手運送会社にとって個人事業主で軽貨物車の配送を取り扱う協力会社は、応援部隊です。 荷主から運賃を頂いて、マージンをとり、その運賃の範囲内で収まるように協力会社に金銭を払うことによって差益を得ます。

これが「運送取扱業」のビジネスモデルとなります。 極端な言い方ですとピンハネですが、この運送取扱業だけを行いう会社もあり、業界では専業水屋と呼ばれたりします。

error:Content is protected !!