千葉県の軽貨物ドライバーは本当に人手不足なのか、軽貨物業界だけでなくトラック業界の全体が抱えるドライバー高齢化。

軽貨物開業ドライバー 軽自動車
千葉県の軽貨物
広告

軽貨物ドライバーとは。物を運んでくれる運送関係の仕事は、「運送業」と「運送取扱業」があります。

どちらも似たような仕事内容ですが、「運送取扱業」は、貨物運送取扱事業、貨物利用運送事業などとも呼ばれますが、運送業との違いが少しあります。

  1. 「運送業」といえば、トラックを利用して貨物を配送するのが仕事です。
  2. 「運送取扱業」といえば、自分で荷物を運ばずに他の運送会社に配送を依頼する仕事です。

平たく言えば、運送の営業マン、運送のドライバーみたいな感じです。

巷の大きなトラックで仕事する運送会社に多くは、自車トラックで貨物を配送するのに必要な一般貨物自動車運送事業の許可だけでなく、運送取扱業の許可も取っています。

荷主から荷物の配送依頼を受けて荷物を配送するわけですが、出荷する荷物の量が増えたり、ドライバーが欠員したりで自車対応が難しい場合がある。

配送を自社でなく、他の運送会社に依頼することになるため、厳密には、運送するのでなく、運送を取り扱う、という表現となります。

荷主→自社→協力会社 という具合に荷物の配送を依頼する流れですが、ネット宅配などは慢性的なドライバー不足のため、例えば、ヤマト運輸のクロネコヤマト宅急便で荷物が届くとはいっても、ヤマト運輸の社員ドライバーが届けてくれるのではなく、別会社である下請けの業務請負ドライバーが届けてくれることもあるわけです。

大手運送会社にとって個人事業主で軽貨物車の配送を取り扱う協力会社は、応援部隊です。 荷主から運賃を頂いて、マージンをとり、その運賃の範囲内で収まるように協力会社に金銭を払うことによって差益を得ます。

これが「運送取扱業」のビジネスモデルとなります。 極端な言い方ですとピンハネですが、この運送取扱業だけを行いう会社もあり、業界では専業水屋と呼ばれたりします。

ピンハネでしてるだけにも見えますが、この運送取扱業はハブの役割があります。立派に人脈や営業経験を活かしたものですが、ブローカーとも呼ばれます。

ただ、利用運送会社について私は多くの疑問を感じています。

荷主に配送の営業をしていくと、自社の配車では対応できない荷物を他の運送会社にお願いすることも多々あるわけですが、いわゆる水屋がそこに入ることによって、荷主から仕事を聞く範囲を拡大できるようになるわけです。

  1. 荷主や運送会社側で配送車両が見つかる。
  2. 傭車(実走する運送会社)も荷物が見つかる。
  3. その運送取扱業の会社も利益が出る。

トラック輸送を陰で支えているのが「運送取扱業」と言えますが、コスト面をお客様ファーストで見たときは不要論もあります。

第一種運送取扱業

主にトラックでの配送取扱いをして運送業を行っていていながら、第一種運送取扱業を行っている会社は「サードパーティーロジスティクス(3PL)」と呼ばれます。3PLを行っているとは、第一種運送取扱業を行っているという解釈です。

一般貨物自動車運送事業を行う運送会社が第一種運送取扱業を行っているところは数多くあります。

なお、一般貨物自動車運送事業を行わずに第一種運送取扱業のみを行うのが専業水屋になります。

第二種運送取扱業

第二種運送取扱業は、船舶・鉄道など一貫輸送の取り扱い。

主に海運業や通関業者などが取得していることが多いです。

第一種運送取扱業の中身。

運送取扱業は他の運送会社や荷主から荷物の配送依頼を請け負い、実際に配送する車両は別の運送会社に依頼するというもの。

荷物を配送するにあたって自社のトラックは必要ありません。

利用運送会社は仲介屋なので自社のトラックを持っていなくても事業を始められるため、人脈重視、初期費用が運送会社やほかの会社と比べても格段に抑えられます。

電話一本で仕事自体が完結するのが特徴です。

良くも悪くもブローカーです。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送の専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者が軽貨物車のハンドルを握り、多彩な荷物や条件の配送経験を積み上げ、マルチ対応型の軽貨物運送セールスドライバーとして事業を展開するために奮闘した記録と成功術の備忘録で書いている軽貨物ブログです。

誰かへ参考にして欲しい軽貨物ブログの記事ではなく、自由に勝手気ままに備忘録で書いている軽貨物ブログなので、ご覧になって内容不備がある点についてはご容赦ください。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

私は若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や海外輸入貿易から国内販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、BtoBやBtoCやネット販売の統轄、倉庫在庫管理、商品販売をする上で競争力を高める流通経路の開拓と物流の仕組み作りを25年間ほど注力して経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りや物流に興味を持ち続けている1人の軽貨物運送ドライバー業者として、お世話になっている荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に軽配送仕事の魅力を覚えることに楽しみを感じ、千葉県と近郊で個々の配送業務を一つ一つ熟しながら、自身が思い描く事業性の価値を検証しています。

巷の軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット通販の普及によるものだと勘違いしている軽配送業者を見受けます。

今日の軽配送重要増は、2000年はじめ、我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、大手企業だけでなく、地方の中小企業や零細企業にもSCM(サプライチェーンマネジメント)の構築が仕上がりつつあることがきっかけであると捉えています。

それにより、配送デリバリー業界の末端に位置する個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の配送ニーズは細分化され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であると考えます。

配送ニーズの細分化は、従来の軽貨物運送会社のようなドライバー数を頼っただけのネットワーク組織や組合の仮想規模の営業力では通用しない配送時代に突入することを意味するでしょう。

物を届けて、はい、おしまい、では通用しません。末端のドライバーで茶髪や髭やピアスや眉剃りやタバコ喫煙のドライバーなど質の悪いドライバー人材は、時代の流れと共に、荷主様や荷受人様から淘汰され始めています。

そういう質の悪いドライバーやドライバーファーストを語るレベルの事業者や事業主は確実に先細りするでしょう。

個人事業主の業務請負ドライバーはドライバーファーストというような社会人として甘い考えを持たず、お客様や荷主様ファーストで実直に配送業務を継続し、プロとして働く心構えをきちんと持ち、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や柔軟な納品対応の能力も求められ、結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバー業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素は配送ドライバーは量より質という点です。

どんなに配送能力があろうとも、1日フルに頑張っても、人一人では一人分しか稼ぐことができません。

仕事で稼げるのは配送ドライバーであり、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

個人事業主の配送ドライバーという職は、稼稼ぐことはできても儲からない仕事であり、仕事をした分だけ稼げるという現実をきちんと理解しなくてはなりません。

ストレスに勝ち、軽配送ドライバーとして仕事で稼げるようになるには、不平不満を語ることなく、積極的に新しい形態の配送やいりいろな荷物の配送を覚え、ドライバーとして瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分のスキルと才覚で難しい配送案件を熟して打破する継続と心意気が必要です。

そして、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者をフォローする
軽貨物ブログ | 千葉県版 | 軽貨物ドライバー開業
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロが語る!軽貨物運送の検証blog。
error:Content is protected !!