チャーター便を千葉県の軽貨物運送業者が料金比較、千葉県八千代市のシフタープロ軽貨物チャーターならパワーゲート車での精密機器輸送や冷蔵車でのお弁当や食品配送、家具配送、単身での引っ越し、チャーター配送の運賃が安い。

千葉県の軽貨物 配送チャーター
広告

チャーター便の軽貨物パワーゲート車による重量物や家具輸送や精密機器輸送、単身引越し、チャーター便で冷蔵車でのお弁当配送や惣菜配送や食品ルート配送の冷蔵チルド輸送、加温輸送や常温輸送まで対応する千葉県の軽配送チャーター運送業者の日本シフター産業のシフタープロ便。千葉発着の荷物を定期チャーターやスポットチャーター輸送の緊急依頼、24時間稼働体制の軽貨物配送専門シフタープロは運賃料金が安い。

低価格のチャーター便の配送を千葉県で緊急で即日依頼できる日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便。軽の貨物車を使った緊急便でのチャーター輸送、軽トラックで平ボディのパワーゲート車を使った機器輸送や家具家電など重量物の輸送、特殊な加温車両による加温輸送、お弁当や惣菜の冷蔵輸送や食品チルド冷蔵配送や、軽バンでの常温輸送、法人や個人を問わずに配送ニーズに合わせた専用車両を自己所有配備し、千葉県内で低価格な運賃のチャーター便を依頼できる軽貨物の運送専門シフタープロ。

千葉県内で緊急便チャーターや定期便チャーターやスポット便チャーターを依頼しようとした際、軽貨物運送ドライバー業者が宅配用の軽バンしか所有していないドライバー業者だったり、冷蔵車ではないのに傷みやすい弁当配送や野菜配送や惣菜配送など食品輸送を常温の軽バン車両で配送したり、家具や家電や機器などの重量物を無理な手積みで積み込みをされたり、配送ドライバーがタバコ臭かったり、軽貨物のチャーター業者は頼りないド業者が多いという声を聞きます。

特に、お弁当や惣菜や食品の輸送は配送中の温度変化による傷みや食中毒から守って安全に商品を納品するには冷蔵チルド車両が必要です。気休めの小さな保冷材だけでお弁当配送や食材配送を常温車両で業務依頼するのは危険です。

横に寝かすことができない重量物や機器輸送や家具家電の輸送は安全に荷物を積み下ろしするために昇降機能パワーリフト付きの平ボディ車両が必要となります。

千葉県の軽貨物配送専門シフタープロは他社ドライバー業者とは異なり、確実な軽貨物輸送を優先して自己所有する専用車両の軽貨物車を使い分け、荷物の種類に合わせて丁寧に輸送対応する業務を優先しています。

単身引越し、昇降機能付きパワーゲート車での重量物やか家具家電や精密機器輸送、冷蔵車でのお弁当配送や惣菜配送や食材卸や共配のチルド配送、軽トラックでの建材配送、ヤフオク、メルカリ、ニトリさんやコストコさん、IKEAさんでの買い物の配送、乗用車で積めない家具の配送、緊急の即日便チャーター、企業配の緊急配送チャーターや宅配便まで、軽配送チャーター便で千葉県発着の荷物を運ぶなら日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便を便利にご利用いただけます。

業者間で配送仕事を横流しして回している運送会社ではなく、シフタープロは自社で荷物を運ぶ業者ですので、配送料の運賃はもちろん低価格です。

荷物を送るチャーター便は千葉県や東京都内で赤帽さんを仕事やプライベートで何度か利用したことがあります。

荷物を送る時、数社ある宅配便の宅配業者だけでなく、赤帽さんのような地元の軽貨物チャーター配送業者の存在を知っておくと、当日配送や少し大きな荷物を運べるので地元で商売をしている方も個人の方もいざという時に便利です。

シフタープロ千葉エリア担当窓口 09044382204 までご相談ください。

チャーター便は知っていると便利ですが有名な赤帽さんに輸送を依頼しても、業者比較すると料金が割高だったり、赤帽と呼ばれているのは名前だけで赤帽さんの社員ドライバーが集荷配送で来るわけではありません。

私の経験では集荷に来るのは赤帽組合に加盟されてる下請けの軽貨物ドライバー業者でやや年配のおじいさんが何度かきました。

千葉県でも色々と業者を比べると赤帽さんのチャーター配送の依頼料金は決して安くはありません。

それでも軽貨物チャーター便の魅力なのは、大きなトラックで運ぶほどのサイズではない半端に大きいものや重いものをドライバーと一緒に車に積んだり手伝って運んでくれる点です。

チャーター便の依頼者が1人では運べないような荷物の輸送には最適です。しかし、千葉県では安い運賃で軽貨物チャーター配送ができる業者はなかなか見つかりません。

送料の値段が倍まではいかないにせよ何割も値段が高い赤帽さんにチャーター便を発注しても、赤帽にペイントされた車に乗った下請業者の軽貨物ドライバーが来るだけですから、正直なところ、街の軽貨物ドライバーに直接チャーター輸送を依頼する方が確実に送料の運賃は安いです。

なお、宅配便の大手は軽貨物でのチャーター輸送は専門ではないので確実に運賃は割高です。

大手の運送会社に軽貨物車のチャーター便で集荷配送をお願いしても、結局、赤帽さんと同じように街の軽貨物運送会社の下請けドライバー業者が集荷にくるパターンが大半でしょう。

何故かわかりませんが千葉県でも赤帽加盟している下請け業者によって配送料金が何故か異なりバラツキがあります。

異様にチャーター料金が高かったり、荷物の搬出入お手伝いがチャーターでの魅力なのに赤帽さんの車に乗ったお爺さんみたいなお年寄りが来ることもあり、荷物の荷卸しで頼りないドライバーが来たり、タバコ臭いドライバーが来たり、悪く言うのも難ですが評判はイマイチかも知れません。

チャーター便はその性質上、急いでいるときに緊急依頼するチャーター配送にも関わらず、赤帽さんにチャーター配送を電話で依頼しても「予定があるから他を当たってくれ」などとたらい回しで嫌な思いをしたことが何度もあります。

大手の宅配便とは異なり、軽貨物でのチャーター配送を専門とするシフタープロ便のような軽貨物チャーター業者は、個人や会社での買い物、宅配便で送れないもの、仕事で急ぎの当日配送、ヤフオクやメルカリなどで買った家具配送などは、大手の宅配便にチャーター配送を頼むより、軽貨物チャーター配送業者を使ってみるち、意外と運賃も安くて便利な筈です。

イレギュラーなサイズの荷物などは大手の宅配便料金より、安い送料で依頼ができます。

私の経験でも、ヤフオクやメルカリ、IKEAさんやニトリさんなどで購入した家具など、買ってみたとき思ったより梱包が大きくて乗用車に入りきらないことも多々ありました。

お店の駐車場でかなり困ります。

自分1人で車への積み降ろしができても、部屋への搬入が1人では運べないような大きなものの運搬や設置はかなり大変です。

シフタープロの軽貨物チャーター便なら、前日や当日に依頼してその日に集荷し、そのまま納品先にドライバーは直行で配送できます。

独立系の軽貨物配送チャーターですので、組合やフランチャイズに加盟金や中間マージンも必要としないので、赤帽さんや大手の運送会社のチャーター運賃と比較するとシフタープロの料金は思った以上に低料金です。

夜間や深夜でもチャーター配送できます。

ご依頼の際は即日納入したい場合などを、千葉県発着のチャーター便なら軽貨物配送専門のシフタープロ便( order@shifter-japan.com )までお問い合わせください。

空車があれば夜間でも深夜でも直ぐに対応できます。料金も安く、もちろん、搬入や搬出のお手伝いも可能です。千葉県八千代市市のセンター倉庫で商品の一時保管サースも受付しておきます。

千葉県でチャーターの赤帽さんはやや高齢のドライバーが多い印象があります。

運送自体には問題がないものの、感じの悪いドライバーもいたり、ドライバーによる荷物の積み込みや荷下ろしは、流石に、手伝いレベルにもならなかったことがあります。

配送のチャーター便と言えば赤帽さんが有名ですが、その実態は赤帽さんの社員が運ぶのではなく、軽貨物車に赤帽という名前のステッカーを貼っているだけで、下請けのドライバーが集荷に来ますので、利用すると分かりますが、良くも悪くも名前だけなのかも知れません。

赤帽さんの組合にお金を出して加盟することで、その看板の名前を借りて営業している地元の軽貨物運送業ドライバーが仕事をする仕組みです。

品質が良ければ料金高くとも理解しますが、千葉の赤帽さんでも地域やエリアによってはタバコ臭いドライバーが来たりします。最悪です。

愛想も悪く、頼りないお年寄りのドライバーが来ることも多く、チャーターではメジャーな赤帽さんでも、流石に業者ドライバーの当たりハズレは我慢するしかありません。

地元の宅配業者は、配送サイズの規格にあえば、ヤマト運輸さん、佐川急便さん、ゆうパック、などの大手宅配便で運べる荷物もあります。

しかし、そういった路線便で小さな規格のサイズで一個いくらなら低料金のイメージがある宅配便ですが、混載便では安くても、お届け先に直行するチャーター便は運賃は一気に跳ね上がります。

手間のかかるような梱包なし状態では配送受付が不可だったりします。

荷物のサイズ制限が厳しく、大きなサイズの荷物は1人で運べないものと判断されると通常の宅配便では運んでもらえません。

最近ではサイズ制限が以前よりかなり厳しくなってきました。

結局、赤帽さんと一緒で大手宅配便にチャーター便を依頼しても下請けの地元業者が来ることが大半なので、イレギュラーなサイズのものを配送するなら、大手宅配会社の下請け業者でもある「地元の軽貨物チャーターの業者」に直接依頼する方が「安くて便利」ということになります。

一例ですが、車のタイヤを発送したい場合に頑張って大手宅配便の営業所に持ち込んでも「ホイール付きは無理」とか、平気で言われる始末です。タイヤは外せませんかとか横柄なことを言われます。

大きい荷物が何個もあるならば、2トン車や3トン車や4トン車など大きいトラックでチャーター集荷依頼して、荷物を運んでもらえば良いのですが、流石に引越しレベルですから料金が割高です。

千葉で軽貨物チャーター専門のシフタープロ便などの軽トラックのチャーター便を活用する理由は、配送料金を安くしたいだけでなく、付随で荷物のセッティングなどを頼みたい時にも便利です。

別料金がかかっても引越し業者よりだいぶ安い配送運搬ができます。

軽貨物のチャーター便は引越し業者とは異なり、低コストで運びたいというニーズに合わせ、梱包とかは荷主が自分でやる感じで、ドライバーが一人で持てないものはお客様も一緒に手伝うなどが大前提です。

これを納得できれば配送料金も安くて便利です。

軽貨物配送チャーター業者の多くは無名の配送業者です。それでも赤帽さんなどの軽貨物ドライバーと同様で、独立した貨物用軽自動車で仕事を専門にする運送業ドライバーですから、配送サービス内容に大差はありません。

赤帽さんの組合員やフランチャイズの加盟業者ドライバーの場合、独自営業ではないので、その本部から配送仕事を貰うために加盟金や手数料を支払っているので、自ずと、配送料金が高くなっているのは言うまでもありません。

軽貨物運送のチャーター便を扱うフランチャイズや赤帽さんも商売です。

本部組織は加盟金やマージン無くして運営できません。そういった背景からピンハネに苦しむ配下の軽貨物ドライバーも多く存在しています。

赤帽さんのような組合やフランチャイズ組織におけるスケールメリットやネームバリューを活かして軽貨物チャーター料金が安くなってるいならそれでよいのですが、逆に運賃など利用料金が高いので、そういうメリットは感じないです。

軽貨物チャーターの仕事を探すなら、所属会社の規模で選ぶのではなく、配送会社の事業主や社長の営業センスが最も重要な検討材料となるでしょう。

運送は特に成金系の社長や事業主の場合は加盟や依頼を避けるべきです。

千葉で個人的に調べた結果、千葉県や千葉県界隈でも、どこもかしこも軽貨物配送の会社は成金傾向の社長が多く、経営才覚のある者というより元ドライバーの成り上がりレベルの方が大半です。

社長業をやれる人も、軽貨物ドライバーになる人も、選択肢があって軽貨物の仕事を選んだのか、選択肢が無くて軽貨物ドライバーになるのを決めたのか。

仕事する意識が変わります。

個人事業主軽貨物ドライバーは取引先のネームバリューやフランチャイズみたいな営業看板を期待せず、荷主様、お客様ファーストで営業できる立ち位置を守りましょう。

千葉で軽貨物チャーターするドライバー業者でも、稼ぐお金だけを目当てにしている運送ドライバーもいますし、一生懸命やってる運送ドライバーもいます。

大きな荷物の運送や配送を計画するとき、どこに問い合わせるかです。

私の場合は真っ先に思うのは以下でした。でも、料金は全部高かったです。

  • 日本通運さん
  • ヤマト運輸さんのらくらく家財便
  • ハート引越センターさん
  • アリさんマークさん
  • アート引越センターさん
  • 引越しのサカイさん

大手企業は配送料金を高くしても知名度だけで営業ができますから、大手の宅配業者は料金が高いと思った方が良いでしょう。

規定サイズオーバーだとチャーター便扱いになるので、通常の路線便に乗らない場合は、宅配業者の料金が一気に跳ね上がります。

配送料金の安さで選ぶなら、軽貨物運送業者への直接発注が最強だと感じます。無名な無印軽貨物ドライバーです。

近距離で料金を安く引っ越ししたい場合にもシフタープロのような軽貨物業者を検討してみる価値はありです。

ただし、引越し先が長距離の場合は大手さんが安いこともあります。軽貨物の配送会社や赤帽さんでは料金が高くなることもあるようです。

結論、近距離(100とか200kmくらいかな)の配送や家具引越しで、運ぶボリュームが軽貨物に積載可能なら荷物なら、千葉のシフタープロ軽貨物便が安いということになります。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物運送業者の収入 | 運賃
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!