軽貨物車の持ち込み求人でドライバーの仕事を探すなら、どういう事業運営をしている配送会社に配属するのがよいのか考える。

シャリご飯の配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

求人サイトや求人広告で軽貨物ドライバー大募集などと言いながらもその仕事内容は元請け会社から丸投げピンハネされている宅配案件を更に募集して集まる下請けドライバーからピンハネして仕事を流しているような軽貨物の配送会社ばかり。仕事の出所、大元はほぼ一緒。

あるネットスーパーでの商品宅配の業務委託だったり、ある大手通販サイトでの商品宅配の業務委託だったり、ある宅配便会社のセンターで溢れかえった荷物の宅配業務委託だったりなど、経験者のドライバーが嫌がる傾向の強い仕事案件を二次や三次で下請けしている軽配送業者が形振り構わずに求人募集で初心者ドライバーに向けて業績好調だとか事業拡大などと言葉を遊ばせながら誇大に偽って、実際はピンハネする為にドライバー募集しているインターネット求人が結構目立ちます。

業務委託での募集にも関わらず教育制度がしっかりしているなどと矛盾したことを謳っている軽貨物の求人もありますが、業務委託の個人事業主が教育されるべきことは配送仕事のやり方とかではありません。それは教育ではなく業務の対価に過ぎません。

教育されるべきは納品の仕方とか集荷の仕方とかは最重要なことではなく、軽配送の個人事業主としてどうやって生き抜いていくべきかの教えがとても大切なことであり、そのノウハウを身に付ける為に根本的に働く姿勢を見直したり、ブレない自営の強さを鍛えていくことを軽配送の仕事を通じて稼ぎながら教育されるべきです。

求人募集ばかりしている名のある軽貨物会社ではそういった経営論や自営論は学べないでしょう。数集めです。

そして結果的に、名の通った軽貨物会社に配属してしまうと、良くも悪くも、鴨葱の軽貨物ドライバーと化してしまうわけです。もちろん、それでもそれが好みの人も居ますし、頑張って働いている軽貨物ドライバーも沢山います。

ただ、求人サイトで軽貨物ドライバー募集内容がどこの業者も似たり寄ったりなのは理由があり、また、そういった軽配送業者に案件を丸投げで出している仕事の出所でもある最大手の運送会社や商社の立ち位置である利用運送会社の配下業者によって求人募集がなされているのが現実でしょう。

そう、ネットスーパーとかインターネット通販の商品宅配ばかりです。

また、求人といっても社員ではなく、業務委託の求人です。業績好調だとか事業拡大だとか謳っていても、社員募集ではなく業務委託の募集なのです。業務好調だとか事業拡大という言葉だけが遊んでいます。

独自で営業宣伝することが苦手な個人事業主軽貨物ドライバーが大半であるという現実の業界構図とも言えますが、マージンやピンハネの意味や良し悪しは別としても、新しく開業する新人さんは軽貨物ドライバーとして強く生き抜くために、ある程度のことまでは偽りなく学んでおくべきことです。

名のある軽配送会社の研修に行ってもその会社で都合のいいことしか教えてくれません。ピンハネ率がバレるのを恐れるからです。5パーセントから10パーセントの手数料なら無難ですが、良心的なフリをしてそれ以上の手数料をピンハネしている軽会社会社もあると聞きます。

中には、仕事の収入保証が無いのに、高額な軽貨物車をリースしたり販売したりする業者もあります。

さて、そもそも配送案件の元請けである大手運送会社の社員ドライバーさんが日々の作業効率的に嫌うような曰く付きの案件、納品作業や搬出が面倒な配送エリアを業務委託するわけですから、新人の業務委託ドライバーは仕事が長続きせずに、担当の入れ替わりが頻繁なわけです。募集は繰り返されます。

それはさておき、軽貨物配送業界の裏話を言うつもりは無いですが、既に強く生き抜いているプロ専業の軽貨物ドライバーは、できるだけ誰も知らないような荷主様の仕事案件を直接受注させていただき、安定した稼働を得て、無駄なマージンカットで割と高収入と言える部類の仕事案件をうまく確保しており、それを組み合わせるなどして自分自身の拠点で動きやすい最良の仕事環境を作っています。

営業せず、仕事案件を探すだけの業務委託軽貨物ドライバーも街中では多いですが、仕事を与える側がメジャーな企業を強調するような軽貨物の仕事案件はハズレ(曰く付きのエリア等)もやや多いため、これから新規で軽貨物配送の案件を探すならば、なかなか出回らないような希少性ある荷主様の仕事を探したいものです。

営業で仕事を決めるのも自分の心次第、自分の仕事を守るのも自分の仕事力量次第です。とは言っても荷主様にとっては一匹狼の軽貨物ドライバーでは欠車リスクのデメリットがあるわけで、それも見越し、取引先の仕事を安定させることで軽貨物ドライバーの仕事もwin-winで安定するという共存を前提とし、軽貨物ドライバーの仕事で強く生き抜くには周囲の協力者が必要不可欠となってきます。

沢山の協力者は不要です。共存でき、共栄ではなく共苦もでき、信頼と信用ができる協力者はあらゆる事業でも大切な宝と言えます。

私は千葉県で軽貨物仕事の検証をしているなかで、稼いでいる軽貨物ドライバーは個々の単価が1,000円高いとか2,000円高いとかの金額大小ではなく、1日の稼働で意味のある案件を組み合わせていくノウハウを持っていると肌で感じ得ました。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!