荷主様の営業手法まで理解できる業務委託の軽貨物ドライバーの安定感と信頼感がドライバー自身の稼ぎを伸ばす。

軽貨物事業のイメージカー 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

千葉県で稼働している本職の業務委託軽貨物ドライバーは自分の仕事案件をどのように決めたのか。自分が配属する軽貨物会社をどのように決めているのか。

そもそも、千葉県で業務委託の軽貨物ドライバーをやっている人は軽貨物ドライバーとなった動機やきっかけは如何なものだったのだろうか。

まず、言えることは、そこそこの稼ぎや企業での地位があるにも関わらず、転職までして軽貨物ドライバーの職を選んだとは思えない。

営業や商談が有能にできるならば企業での営業マンの職を志望するでしょうし、有能な営業マンならではの隠れざる魅力を持つ営業センスはノルマの世界や実力の世界が最高の場です。

何かしら長年特化してきた技能や知識があるならば更に望みを高めた企業での研究員や技術屋を志望するでしょう。特化できることは才能であり、その底力ある集中力で開発を開花させる夢を追いかけ続けることもできるでしょう。

やはり、既に軽貨物ドライバーをやっているような熟練ドライバーは営業ができないような人、特化した技能や才覚がない人、と考えられます。

もちろん、良くも悪くもです。

至極当然、日本経済や社会全体から見ると業務委託の軽貨物ドライバーは社会人としてエリートではなかった人が大半だと認めざるを得ません。

現実的に個人事業主の軽貨物ドライバーは自由や自営を履き違え、茶髪だったり、髭だったり、タバコを吸って運転しながら配送の仕事をしたり、ピアスだったり、眉剃りだったり、私服のような格好で仕事したりなど、一般の社会人と見比べてもイマイチです。

とても人様の大事な荷物を責任持って預かるスタイルではありません。荷主様の企業理念など全く意識したこともないような軽貨物ドライバーでしょう。

やはり、考えるべきは、軽貨物ドライバーとしてどうやって仕事で生き抜くか、身体一つ、ハンドルを握って沢山の荷主様や取引先から高評価を受けることができるのか、です。

高単価の仕事など二の次です。ブレずに行動すれば後から自然に付いてくることです。

また、軽配送がビジネスならば事業スタンスをどう捉えるべきか、軽配送を単に自分の稼ぎの為でするならば仕事の在り方をどう捉えるべきか、自分流できちんと中長期を睨んで整理したいところです。

また、荷主様との接し方、取引先との接し方、仲間ドライバーとの接し方、は同じではいけません。接し方も各々工夫しなくてはいけません。

また、ビジネスで大事としたいのはお客様目線ですが、軽貨物ドライバーにありがちなドライバーファーストでは絶対に駄目です。絶対にです。

軽貨物ドライバーの一人として如何にしてお客様の役に立てるのか、荷主様の裏方役として役立つ能力やそれ相応の知見経験があるのか、自分が学んだり鍛えてきたことをお客様ために全力で尽くせるのか、です。

もちろん、事業と仕事は別物です。事業では儲けが必要です、仕事では稼ぎが必要です。共通なのは営利のためです。

ビジネスや事業の話を荷主様と共に対等に会話ができるのか。軽運送屋レベルの話しかできないのか。単なるドライバーレベルの話しかできないのか。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!