業務請負の軽配送ドライバーが儲かるわけではない、千葉県で軽貨物ドライバーの業務委託は稼げるのかブログで語る。

千葉で稼ぐ軽貨物の委託ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

千葉で軽貨物配送のドライバーになるなら、社員ドライバーか、個人事業主ドライバーか。自分で荷物を運ばない軽貨物配送会社のピンハネ業者による求人募集は社員ドライバーではなく、下請けの業務請負ドライバー。求人というより下請け探しだ。

千葉県での話ですが、既に活躍している軽貨物配送ドライバー、これから軽貨物配送のドライバーを目指そうとする人もいるなか、軽配送の仕事をする理由は、もちろん、お金のためでしょう。

ボランティアや慈善事業でもありませんが、酷いケースだと軽配送の組合みたいなところやフランチャイズ組織に加盟金のようなお金を払ってまで、軽配送の仕事を個人事業主で開始してしまうような人もいます。

お金を出せば仕事があるなどの話は論外です。普通、仕事をするからお金を貰える訳ですよ。事業主になるならば売り手市場と買い手市場くらいは理解しておくべきです。

稼げます、〇〇万円の収入、こう言った言葉が出てくるキャッチコピーでドライバー求人するような軽配送ピンハネ業者には注意。

社員ドライバーと業務請負ドライバーでは、雇用面で大きく立場が異なります。昔で言う社員とアルバイト見たいな差です。

軽ドライバーの場合、社会保険や雇用保険を希望する人も多そうですが、社員の場合には働いた分だけ稼げるというわけにはいかないので、有形でも無形でも会社に利益を残せる相応の能力が必要でしょう。

なお、社員ではなく業務委託だから労働時間において制限時間なく稼げると勘違いしている新規開業ドライバーも多そうですが、大半は「みなし社員」ですから、グレーゾーンの働き方となります。

軽貨物ドライバー100人とか200人とか業務委託のドライバーまで保有台数に入れ、台数規模をネットワークでアピールしているような軽配送会社は、近年で問題がクローズアップされている通り、違法派遣の状態が想定されます。

専属で固定案件を複数こなすような軽貨物ドライバーはまさに違法派遣と指摘されることもありそうです。

「業務委託契約や請負契約を締結しているから大丈夫」 ではありません。

請負契約とは仕事の完成に対して報酬を支払うものです。発注者が発注先の社員に指示命令を直接出すことは認められていません。

準委任という、仕事の完成を契約の目的とせず契約した業務を契約期間まで遂行することに対して対価を支払うケースもありますが、これも発注者が発注先の社員に業務の指示命令を直接出すことは認められていません。

事実上「偽装請負」と見なされると派遣契約へ切り替えが求められます。働いている軽ドライバーにとっては何のことかわからないと思いますが、多くのドライバーが事実上、その配属会社で「常勤・雇用」の働き方をしていますので注意しましょう。

結果、求人募集で「〇〇万円稼げます」で募集して、ドライバーに稼がせてピンハネしているような軽配送会社は、配車対応を適切に行なっていないことが多い。

少し規模のあるような軽配送会社など実運送をしないピンハネで儲ける利用運送会社は、今後の法改正などで企業存続の問題を発する可能性があります。

これらは雇用する側の懸念ですが、こういった会社に専属で社員のようにガツガツ働くと「みなし社員」ですから最悪のパターンは職がなくなることもあり得ます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!