宅配便やネットスーパーの運び屋はやらないプロ本業の軽貨物ドライバー。

千葉県の軽貨物 タイヤホイール 千葉県のチャーター便ならシフタープロ

「軽貨物ドライバーは任されたことだけすればいい」これに尽きます。当たり前のことを当たり前に業務遂行するだけです。しかし。

黒ナンバーに乗る個人事業主の軽貨物ドライバーは、民間のネクタイ族とは働く姿勢が大きく違います。

サラリーマンが軽貨物ドライバーのように「自分の仕事だけやりこなして、はい、帰ります!」などといったら完全にオコです。

しかし、軽貨物ドライバーは、それが罷り通っています。稼ぎ方ですから、自分の仕事さえ忠実に業務すれば良いのも事実ですが、履き違えてはいけません。

  1. 茶髪も論外。
  2. ピアスも論外。
  3. 髭も論外。
  4. 友達言葉も論外。
  5. 私達ではタバコも禁止です。

軽貨物の請負ドライバーは自己責任の世界ですが、だからといって服装自由でもなく、身嗜み自由でもなく、軽貨物ドライバーだからといっても平然と認められることではないと当社は考えています。

この業界は…こうだから…みたいなことは良くありません。ダメなものはダメ。良くするのも自己責任です。

自営業の軽ドライバーでも、勿論、チームワークを重要視できる人物もいます。がしかし、そういうできた人はなかなか見かけません。

正直、仕事でもプライベートでも、「自分のことだけやれば良い」なら楽なことですが、この言葉の真意をきちんと理解しておかないと、「どっち向いて仕事しているのかわからない軽貨物ドライバー」になってしまいます。

お客様は誰ですか? お客様は荷主だと思いますか? お客様は元請けですか? 日本シフター産業にとってお客様は荷物を受け取って頂く方です。

荷主や取引先の会社様はあくまで取引先であり大切なパートナーです。

軽貨物事業とは、荷主様あってのビジネスですが、我々ドライバーはその荷主様に代わって荷物を「お客様」にお届けするわけです。

商売上、黒ナンバーの配送ドライバーが仕事でお金を貰うのは元請けや2次や3次店だと言えますが、お金を貰うからお客様ではなく、荷主様が指す「お客様」と同じ思想で荷物を運び、丁寧接して、お届け完了する。

これができて初めてSDになれます。

軽貨物ドライバーに必要なのはスピードでも安全でも安心でもありません。

それが必要なのは「建前やメンツを求める運送会社の経営陣が思うこと」の話です。 求めるべきは経験値でもないわけです。

異業種の営業で働いていた方こそ軽ドライバー向きだと思います。

もう既に、経験知識ではなく思考の時代です。

error:Content is protected !!