千葉県の個人事業主軽配送ドライバー。手を組むべき軽貨物配送会社とビジネスパートナーとしての共存。

軽貨物配送ブログで千葉のビジネスパートナー 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽配送ドライバーの多くは個人事業主です。社長ではありませんが自分の実力で勝負する事業主。千葉県で軽貨物運送の仕事をするならビジネスパートナーはどの会社がいいのか。

個人事業主ドライバーは人間性やフランクさが武器となったり、真面目さが重要な武器(個人事業の強み)となったりします。

軽配送の開業と自営は大変ニッチなものですので、軽貨物の組合やFCに加盟するといった下駄を履くだけでは、自営業の営業という勝負の世界で通用しません。所詮は人のフンドシです。

千葉県内にも良き営業指針で切磋琢磨して運営されている運送会社もあります。規模や人数とかではなく、密度のある中身で勝負し続けるドライバー集団は天下一品。

大手という大手がほぼ存在しない軽配送の業界。利用運送会社はドライバーの数ばかり多く見せようと業務委託ドライバーのことを社員のように従業員と語ったり誤魔化します。

軽貨物車にデカデカと社名などを貼らせていたりなどと、ビジネスモデルが後付けで嘘くさいピンハネ利用運送の会社が殆どです。

社員でもないのに寄せ集めでピンハネしてる個人事業主ドライバーの集合写真を載せたりなど、同窓会じゃあるまいしの世界。

中小や零細企業が背伸びしている営業スタンスがやはり目立ちます。

軽貨物配送を末端で支えているのは言うまでもなく「無印軽貨物ドライバー」です。

組合やFCなどにも加盟せず、地方や地域で地場密着の独自活動をする軽ドライバー。

所謂、マルチに様々な案件を熟せるプロ軽ドライバーです。

固定案件で何年間ドライバーをやろうとも案件変われば所詮はビギナーです。

軽貨物のドライバーが実力を発揮できることと、慣れてきたことをこなせるのは別個の話です。

だからドライバー歴がいくら長くても頼りない人が多いわけです。

また、どこかの組合やFCなどに加盟して大きくなった気分になってるような軽貨物会社も見受けられます。

そういう会社はすぐにネットワークと言う言葉を使いたがります。フランチャイザーとフランチャイジーを一緒くたにし、見栄を張って大きく魅せたい会社があるのは、どの業界でも同じですね。

五大の大手総合商社の人材でも「看板ありきの下では一等星の仕事が熟せるが」、い独立して自分の看板になった途端に力量が発揮できないというエリートもゴロゴロいます。

看板も人脈も大切ですが、他人の人脈を利用しようとする小判鮫のような人間もゴロゴロいます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!