加盟金が必要ない軽貨物運送会社でも毎月15や20パーセントも多額な仲介手数料をピンハネされる軽貨物運送会社に配属する業務請負ドライバーには過酷な労働が続く。

軽のチルド配送 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

営業のノウハウを持たない個人事業主の軽貨物ドライバーは軽貨物の運送会社から仕事を紹介してもらうことになりますが、軽貨物運送の会社によって「加盟金」と「仲介手数料」の仕組みが異なるので、配属契約する際には騙されないよう注意すべきか。

千葉県内では少し名のある軽貨物運送会社はどこもかしこも真似事ばかりの雰囲気なので、営業手法に独自性のある面白そうな会社だと感じるところはありません。

そもそも営業センスは感性で左右されるので、覚えようと努力しても簡単に覚えられるノウハウではありません。

できない理由を言うような人はダメです。どうやったらできるのかを考えることが営業の基礎にあります。

千葉で独自性のある営業展開をする軽貨物運送会社がないのは、どの軽貨物運送会社も社長や経営陣の感性が似たり寄ったりなのが理由だと考えます。

ただ、そういう営業レベルでも「ある程度まで」は稼いだり儲けたりができる職種なのかも知れません。

しかし、感性のない経営では企業成長が直ぐに足踏みするため、必ずと言えるくらい売り上げが「踊り場」状態になると容易に想像ができます。

感性(営業センス)のない会社の足踏みは衰退の始まりです。

これは零細企業ではよくある話ですが、感性のない会社が調子に乗って事業を多角化したり営業地盤の規模を拡大して失敗し、健康経営から遠ざかってしまうケースもあるあるです。

他力本願でもチャンスはありますし、運不運でもチャンスはありますが、窮地では感性(営業センス)が腕の見せ所となります。

私は前職では他業種にて日本全国の大手中小零細企業の経営者や営業責任者の方や技術責任者の方などと仕事上で長年の付き合いがあったため、今でも、仕事上では相手の感性(営業センス)を意識して接しています。

  • 何かを見たり聞いたりした際に深く心に感じ取ることができる個人事業主ドライバーや軽貨物運送会社の経営者。
  • 感覚的に物事に対して感じていることを表現することができる個人事業主ドライバーや軽貨物運送会社の経営者。

この2点が備わっている人物は営業センス、即ち、感性のある人物だと高評価するようにしています。

error:Content is protected !!